粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

「粕本集呆の馬事放言」トップページ

このページは常にトップにあります。

f:id:KAS_P:20190422015123j:plain

カスP権兵衛GⅠ予想対決

絶惨開催中

 

 ここは荒尾競馬ファン残党兼笠松競馬ファンニコマスP(ゲーム「アイドルマスター」のファンによる二次創作動画作者)であるカスPこと粕本集呆のブログです。2009年1月よりLivedoorにてブログ「粕本集呆の辛口一献」を続けてきましたが、諸事情ありまして2016年7月より、ここ「粕本集呆の馬事放言」に活動の場を移しました(「粕本集呆の辛口一献」は近日中に閉鎖予定です)。

内容は前のブログ同様、中央競馬地方競馬(特に笠松競馬イチ推し)の話題並びに予想が中心となりますが、ニコマス紹介並びにP活動も近日再開予定です。その他ゲームのレビューや音楽、歴史ネタも折に触れて。

カスPはツイッターFACEBOOK、LINE等のSNSは一切登録しておらず、今後も登録予定はありません。従ってブログに対するご意見や質問、その他ご用件のある方はお手数ではありますが、当トップページのコメント欄もしくは以下メールアドレスにご連絡お願いします。

メールアドレス:chihaya_full_flat(アットマーク)yahoo.co.jp 

ゲーム「アイドルマスター」と笠松競馬(岐阜県地方競馬組合)は一切関係ありません。あくまで両方のファンであるカスPがブログ並びにニコマス動画でネタとして絡めているだけです。また、カスPはこのブログを通じての商業的広告活動は一切行っておりませんし、お誘いもすべて断っております。あくまでいちアイマスファン並びに競馬ファンの、個人的趣味の範囲内のブログであることをどうかご了承ください。

―ブログにコメントを書き込む方へ―

当ブログのコメントは認証制ではなく、誰でも書き込めば即反映するようにしてあります。それでも一部読者の方に、記事にコメントを書き込めないケースがあったそうです。その場合、当該記事のタイトルをクリックし、独立して記事のページだけを表示させて、そこに再度コメントを書き込めば反映されるということでしたので、もし書き込みが反映しなかった場合、記事のページを独立させて再度書き込みをお願いします。

日曜東京メイン「東京優駿(日本ダービー)」予想

f:id:KAS_P:20190526033144p:plain

日本ダービーとは

単なるギャンブルを超えた

ドラマなのです。

賭けるのはお金ではなく、

馬に対する愛、そして夢なのです。

f:id:KAS_P:20190526033502j:plain

おめえら、

最近来日したばかりの

外国人が乗る

ノーザンファーム

キャロットファーム

舌を噛みそうな名前の馬に

自分の夢を賭けて楽しいか?

f:id:KAS_P:20190526041552j:plain

もしくは、父横山典弘が騎乗停止になったことで息子・武史が乗ることになったリオンリオン。父はロジユニヴァースでダービーを制するまでかなりの年月を要しましたが、息子はあっけなく…というのも面白い。ただ、乗り替わりは勝てない、青葉賞組は勝てないというふたつのダービーのジンクスを破らなければならないのですが。そういう意味ではサートゥルナーリアも乗り替わりのジンクスに直面することに。

 

<逆神の権兵衛の予想。単勝人気とオッズは前日のもの>

競馬界最高峰のレースの1つだけあって活躍馬は相応の実力と実績のあった馬が殆ど。昨年の大波乱は例外的なものと考えると、やはり皐月賞組中心の馬券組み立てで、人気馬を中心にするのは仕方のないところ。


◎3枠6番 サートゥルナーリア(レーン/1番人気 1.5倍)
GⅠ連勝含め4戦無敗。母オークス馬で距離不安無く騎手乗り替りがどうかだけ。
○7枠13番 ヴェロックス(川田/3番人気 5.6倍)
今年に入って3戦2勝で皐月賞も接戦の2着と差は無い。末脚も確かで上位必至。
▲4枠7番 ダノンキングリー(戸崎/2番人気 5.1倍)

前走皐月賞で初の敗北も時計差なし。東京コースで鋭い末脚見せており逆転ありうる。
△6枠12番 アドマイヤジャスタ(デムーロ/4番人気 21.3倍)
皐月賞は後方待機策が裏目。先行すればしぶとく崩れないので積極策なら煩い。
×5枠10番 クラージュゲリエ(三浦/9番人気 55.3倍)

皐月賞見ると上位と差がある印象も成績安定しており、紛れれば馬券圏内もあるか?

馬券は、
6、7、10、12、13
の3連複ボックス(計10点)で参ります。

年に1度の祭典、『東京11レース』(昨年とレース番号違うので買い間違いに注意!)日本ダービーを楽しみましょう!

 

<カスPの予想>

◎7枠13番 ヴェロックス

〇4枠7番 ダノンキングリー

▲3枠6番 サートゥルナーリア

△6枠12番 アドマイヤジャスタ

△6枠11番 レッドジェニアル(酒井/11番人気 68.6倍)

△1枠1番 ロジャーバローズ(浜中/12番人気 74.4倍)

✖1枠2番 ヴィント(竹之下/16番人気 195.8倍)

今年はダービーとゴルゴ13のコラボ企画があった。ということは13番のヴェロックスがダービーを仕留める!ヴィントについては応援馬券ですが、枠は絶好。一瞬でもいいから見せ場を作って欲しい。

買い目は13を軸に三連複1、2、6、7、11、12で計15点。

 

f:id:KAS_P:20190526050415p:plain

<モリアテ教授>

調教絶好 6・12・13
調教不調 2・5
◎7枠13番 ヴェロックス

勝負馬券は3連単
1着 13
2着 4・6・7・8・9・12
3着 4・6・7・8・9・12

 

<デーリイスポルツ氏>

◎3枠6番  サートゥルナーリア
○4枠7番 ダノンキングリー
▲7枠13番 ヴェロックス
☆6枠12番 アドマイヤジャスタ
△7枠14番 ランフォザローゼズ(福永/5番人気 26.6倍)
注8枠17番 ナイママ(柴田大/18番人気 289.6倍)
 

上位3強の中でもサートゥルナーリアは抜けているような気がします。6番枠は32年間勝ち星がないのが気になるところですが、そんなジンクスを打破するところも見てみたいです。
アドマイヤジャスタはミルコ・デムーロ起用で脚質的にも東京が合いそうで軽視は出来ません。ランフォザローゼスは鞍上がハムスt…いや、去年のダービージョッキー福永祐一だし仕上がりも良好のようなので好勝負気配です。
 取捨で迷ったのはリオンリオンでした。父・典弘騎手の想いを胸に横山武史騎手に頑張ってほしいし、起用の経緯にジンと来ましたが、経験という点から武史くんにはダービーは厳しいかなと思い外しました。
最後に、ナイママはホッカイドウ競馬でデビュー勝ちする前の能力試験の時から知っていた馬なので、ダービーに出走というだけで感動してるんですが、人気薄の馬が2着、3着に食い込む激走を見せるのもダービーではよくある事なので、ナイママにはそれを期待しちゃいます。
6を軸に3連単ボックスで
7、12、13、14、17
ダービー馬連があるので、
馬連6-12、6-14、6-17
そしてナイママの複勝17。こんなところで。

 

最後にカスPの目黒記念の印と買い目。

◎7枠10番 ルックトゥワイス(レーン/3番人気 7.5倍)

〇4枠4番 ムイトオブリガード(武/2番人気 4.9倍)

▲5枠6番 ブラストワンピース(池添/1番人気 2.3倍)

△3枠3番 ソールインパクト(福永/8番人気 21.6倍)

△6枠9番 アドマイヤエイカン(岩田/11番人気 41.2倍)

✖8枠12番 パリンジェネシス(川田/4番人気 11.8倍)

買い目は10を軸に三連複3、4、6、9、12に流して10点。

笠松競馬「ぎふ清流カップ」予想

日曜日の競馬の結果

中央東京「優駿牝馬」…逆神の権兵衛 ハズレ/カスP ハズレ

1着 13番ラヴズオンリーユー(1番人気)権×

2着 10番カレンブーケドール(12番人気)

3着 2番クロノジェネシス(2番人気)権〇

 

f:id:KAS_P:20190518013649j:plain

カス:教授よぉ、おまえ「調教絶好」に

レンブーケドール入れてるじゃねえか。

1着と3着はちゃんと買ってるし、

もしかしておまえ、陰でボックスの中に

レンブーケドール入れてんじゃねえか?

以前みたいに「実は当たりました」なんて

写真送ってくるとか?

 

モリアテ:そ、そんなコトあるわけねえだろ。

f:id:KAS_P:20190523035106p:plain

権兵衛:そうだよね。

当たってたら

埋めるし。

 

見城徹ツイッターの件で、幻冬舎の本を全部捨てることにしたのですが、思ったほど冊数はなかった。とりあえずエロマンガの単行本と一緒に縛って、街角のリサイクルボックスに放り込んできたのですが、幻冬舎の本でもどうしても処分できなかったのが、小鷹信光氏「探偵物語」シリーズの単行本。ハードボイルドファンとして、これだけは手放せなかった。皮肉なことに、津原泰水氏の作品の単行本化をとりやめた幻冬舎に替わってそれを引き受けたのが、小鷹氏が育てた早川書房。それにしても、花村萬月氏には痺れた。「幻冬舎アウトロー文庫」なるものがあるけれど、本物のアウトローと、権力に媚びるまがいものの違いというものを、まざまざと見せつけられました。

 

閑話休題笠松競馬「ぎふ清流カップ」の予想を。1600メートル。第9R。16:30発走。

3歳重賞で北陸、近畿、東海交流のSPⅠなのですが、どうも位置づけが中途半端。「東海ダービー」最後の切符をかけた争い…にしては間隔が短いし距離もマイルと中途半端。メンバー的にもちょっと早い「残念ダービー」ぽいのですが、ここに意外な馬が現れた。名古屋のアンタエウス。既に重賞を2勝している身で、「駿蹄賞」は3着でしたが休養明けの調整が遅れ、良化途上だったのは明らか。それでも4着以下は大きく突き放し、ダービー馬候補の面目は保った。もうひとつ叩いて「ダービー」でピークにもっていこうという算段かと思ったら、狙いはダービーはダービーでも、「東海ダービー」の5日後の、高知の「黒潮ダービー(高知優駿)」。ちなみに「黒潮ダービー」は「東海ダービー」と異なり2017年から全国交流で、どこの地区からでも参加でき、他地区の馬も結構挑んできますが、17年、18年ともに勝ち馬は地元の馬。

高知に逃げたと言ってしまえばそれまでですが、山田にしてみれば、かつて福山の同胞だった佐原や嬉とレースで再会できるかもしれない。

 

◎5枠5番 アンタエウス(名古屋・山田)

〇8枠9番 フォアフロント(佐藤)

▲8枠10番 ユノートノベル(兵庫・永井)

△1枠1番 リードメロディー(名古屋・加藤聡)

△4枠4番 クリスマスベル(名古屋・大畑)

 

相手関係からアンタエウス本命は仕方ない。2番手が「駿蹄賞」で5着ながら勝ち馬から3.5秒離され、完全にダービー馬候補から脱落したフォアフロント。3着アンタエウスとの差も2.5秒。アンタエウスに不安があるとすれば笠松適性ですが、前走より良化しており、笠松適性で割引いてもお釣りは充分くる。

フォアフロントは「駿蹄賞」だけでなくその前の「スプリングカップ」でもアンタエウスに1.1秒つけられている。地元で迎え撃つアドバンテージはありますが、アンタエウスとは勝負付けが済んでしまった感は強い。せめて2着は確保したい。

ユノートノベルは兵庫の馬ですが、笠松とは縁がある。母が、笠松の看板娘だったトウホクビジン。アイルハヴアナザーとの間の娘で、中央でデビューしたもののさすがに中央の壁は厚く、兵庫に移籍。ただ、母が晩成だったので、地道に使っていけばいずれはどこかで花を咲かせることも。幸いというか、馬主は〇ース〇アじゃないし。アンタエウスは別格ですが、それ以外は太刀打ちできない相手ではない。母の売りものは思いがけない大駆け。ここで娘がそれを見せてくれる可能性もある。

リードメロディーは一時期結構注目したのですが、ここ3戦不振。「駿蹄賞」も6着に終わりました。笠松で一変あるかといったところですが…。

季節外れのクリスマスベルは、ここが試金石といったところか。道営認定戦勝ちのキャリアのせいか、名古屋でも恥ずかしくない実績は持っているのですが、周囲はまだ物足りない様子。母は中央3勝馬…といっても降級で500万条件を2度勝っているのですが。今年から中央は降級制度がなくなるんだったっけ?

 

買い目は三連単5→9、10→1、4、9、10で6点。それから馬単10→5、9で計8点。

日曜東京メイン「優駿牝馬(オークス)」(3歳牝馬GⅠ)予想

f:id:KAS_P:20190519030304j:plain

 

最近寝不足で疲れているので

勘弁してやってください。

 

<逆神の権兵衛の予想。単勝人気とオッズは前日のもの>

全馬「距離延長どうか?」の疑問がある中で、それを如何に見極めるか?見極めが無理となれば、人気上位、能力上位の馬が割りとよく来る傾向があるので、気性面に課題のある馬を軽視する程度で素直に馬券を組み立てていいように思います。

◎2枠3番 コントラチェック(レーン/3番人気 5.8倍)
桜花賞パスの臨戦は距離適正考慮したものと推測。本命の理由は騎手レーンだけ。
〇1枠2番 クロノジェネシス(北村友/2番人気 4.6倍)
過去20年桜花賞上位3頭のうち少なくとも1頭は馬券になっており、当然買うべき馬。
▲8枠16番 ビーチサンバ(福永/8番人気 17.5倍)

戦績的には2番クロノとの差は僅か。血統的には距離持ちそうで乗り方一つで勝機も。
△4枠7番 シャドウディーヴァ(岩田/6番人気 12.4倍)
前走フローラSのイン差しは見所あり。勝負根性ありそうで同じ競馬できれば。
×6枠12番 ヴィクトーリア(戸崎/7番人気 14.1倍)

前走差す競馬でも結果出す。自在性は大きな武器で極端な距離損無ければ好勝負。
×7枠13番ラヴズオンリーユー(デムーロ/1番人気 4.0倍)

忘れな草賞組は穴人気して飛ぶこと多いが、このメンバーなら食込みありそうで抑える。

馬券は3連複1頭軸流しで、 
軸3
相手2、7、12、13、16
の計10点で参ります。

 

<カスPの予想>

◎4枠7番 シャドウディーヴァ

〇1枠2番 クロノジェネシス

▲6枠11番 シゲルピンクダイヤ(和田/5番人気 10.7倍)

△8枠16番 ビーチサンバ

△2枠3番 コントラチェック

✖3枠5番 エールヴォア(松山/9番人気 20.8倍)

微妙な戦績が続いていますが、東京慣れしていて血統的にも距離適性ありそうなシャドウディーヴァを本命に。関東の馬だけに輸送がないのもプラス。仕上げも良さそう。

出てくる馬の殆どがノーザンファームの中で、非社台で馬券になりそうなのが桜花賞2着のシゲルピンクダイヤ。ただし、東京も左回りも未経験。関西の馬だけに輸送をこなし、平常心でレースに臨めるかが課題で、陣営もそれを気にしている。ビーチサンバ、コントラチェックは鞍上に期待。特に前者はオークス男という異名を持つ福永で、母はオークスは5着だったフサイチエアデールという良血。2200メートルのエリザベス女王杯連続2着だけに母系の血は問題ないのですが、父クロフネの血が強いと2400は少しばかり厳しいかも。後者は逃げ馬でピンクダイヤ同様東京、左回りの実績なし。蓋を開けてみないと、というところも。穴馬はエールヴォア。距離延長はプラスのはず。フラワーCではコントラチェックに0.4秒差つけられての2着でしたが、この舞台なら差は縮められる、もしくは逆転も見込める。

 

買い目は7を軸に三連複2、3、5、11、16に流して10点。

 

f:id:KAS_P:20180506033325p:plain

<影の主役・モリアテ教授の予想>

調教絶好 2・7・10
◎1枠2番 クロノジェネシス
○4枠8番 ダノンファンタジー(川田/4番人気 6.7倍)
▲2枠3番 コントラチェック

勝負馬券は、◎の屋根が心配なんで
【2・3・8】馬連BOX。
【2・3・7・8・12・13】3連複BOX。

最近ツイッターのトラブルばかり。

f:id:KAS_P:20190518013649j:plain

カス:いやぁ、

こうやって3人揃ってハズれると

何だか気持ちが落ち着くぜ。

おめえらもそう思わないか?

権兵衛モリアテ

絶対思わねえよ。

(モリアテ教授がハズレたのは、陰でカスPが彼の買い目に

丸乗りしたからだったというのは秘密である)

 

日曜日の競馬の結果

中央東京「ヴィクトリアマイル」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ

1着 4番ノームコア(5番人気)権×

2着 9番プリモシーン(9番人気)

3着 3番クロコスミア

 

今週はちょっとしたゴタゴタで、今日までブログを更新できませんでした。といっても深刻な問題ではなく、クソ親父がPCのシステムを知らないくせしていじり回してぶっ壊し、私が数日かけて直す羽目になっただけのことです。

陽が昇る頃まであーでもないこーでもないと作業を続けた後、4時間弱の睡眠を挟み、混濁した状態で、習慣的に自分のPCのブラウザーを立ち上げると、最初に出てくるのがYAHOO!のホームページで、くっだらないニュースが出てきてイライラさせてくれる。

ある映画で総理大臣役を演じる佐藤浩市の役作りに、その映画の原作者ならともかく、作品に何の関係もないネトウヨ小説家ツイッターで噛みつき、今後自分が原作者の映画には出さないと吠えた。そうすると今度は毎度お騒がせ自称「一流芸人」や、新幹線でシートを倒す前に断りを入れられるとムカつくらしいロケットマンツイッターで参戦。そのうち某美容整形外科医もしゃしゃり出てくるのでは?と思ったら、どうも別の諍いで忙しいらしい。

何がイライラさせられるかというと、そんなくだらないツイッターの応酬をいちいちスポーツ新聞がネット記事にすること。スポーツ新聞の記者の仕事というのは、著名人のツイッターを逐一チェックすることなのか?YAHOO!のHPでそれらをシャットアウトする機能はついていないのでしょうか?

ただ、幻冬舎見城徹という社長のツイッターの件については、くだらないで済まされないところがある。私は「日本国紀」を読んでもいなければ、それを批判した津原という作家も知らないので、批判の妥当性については何とも論じられませんが、これはひどすぎる。それに見城氏に激怒している作家、評論家たちの名前を見るとハンパない。高橋源一郎らレフトサイドの人たちのみならず、普段政治の話にはあまり関わらない作家たちまでこぞって見城氏に三行半を叩きつけている。まあ、私も幻冬舎の書籍の不買運動に参加しようかしらん。もっとも、買ったまま読んでいない本が溜まっていて、しばらくはそれを消化しないといけないのですが。まあ幻冬舎はいっそ開き直って、今後は青林堂と同じ路線で細々とやっていけばいいと思うのですが如何?

 

便利なものというのはやはりどこかに落とし穴があるもので、私は元からツイッターフェイスブック等のSNSには一切登録していません。以前にも述べましたが、ブログにすると自然長文になり、手直ししながら記していくので、振り返って「これはキツ過ぎる表現だな」思えば削除したりソフトな表現に変えたりするし、公開まで時間がかかることで、途中でクールダウンされ、結果として文章全体をお蔵入りにすることもあります。でもSNSスマホで「いつでもどこでも」なので、その時の感情を勢いで晒してしまう。時としてそれがネット上の言い争いになり、結果とんでもない言葉が出てくることも。はい、本題に入ります。川崎競馬の瀧川寿希也です。

瀧川のSNSでの不適切発言は度々だったようで、それ以外の場でも、予想業者とユーチューブの番組で共演する等、軽率な言動が目立った。笠松の「はっちゃけ」新人職員もそうですが、競馬というのがギャンブルで、常に八百長の疑いをかけられていることに思いが及んでいない。そうでなくても世間の風当たりは強い。ある記事によると、普段の素行も芳しくなかったようですが、腕は立つので関係者は乗せていたという。こうなると若造だけに増長するのは自明の理。レースで勝ちさえすれば傍若無人に振舞っても大目に見てもらえると思い込んでしまう。瀧川の顛末については南関4場全体にも一抹の責任はあるでしょう。

笠松競馬にも若い騎手はいるし、ツイッターもやっている。内容は微笑ましいものばかりで、問題はなさそうですが、SNSとの付き合い方をしっかり教育してもらいたい…と思ったものの、肝心の教育係が…うーん…。

もっと踏み込んで記したいのですが、もう寝なければならない時間帯。最近就寝時間を気にして中途半端な文章になってしまうと思うことしばしば。

日曜東京メイン「ヴィクトリアマイル」(牝馬GⅠ)予想

f:id:KAS_P:20190512033959j:plain

NHKマイルで10万馬券を当てた

俺の予想を見にここに来てるんだよ。

毎度毎度ハズレるかガミる予想、

誰が見に来るんだ?

このブログは、このモリアテ大先生の予想で

もってるんだよ。

 

f:id:KAS_P:20190512035939j:plain

どぅーゆー

あんだーすたん?

 

ヴィクトリアマイルの予想を。

<モリアテ教授の予想。単勝人気とオッズは前日のもの>

調教超絶好 6
調教絶好 11・17
調教不調 12
◎4枠7番 ミッキーチャーム(川田/6番人気 10.6倍)

勝負馬券は【4・5・6・7・11・17】3連複BOX。

 

f:id:KAS_P:20190512035101p:plain

どうせ俺たちへの期待度なんてこれくらい。

(半分不貞腐れ)

<逆界の権兵衛の予想>

一長一短のメンバー構成、同じ組合せで勝ったり負けたりの様相で混戦模様なのは単勝1番人気のオッズが4.5倍もある点で明らか。真面目に予想するよりそのときの気分とノリと勢いで適当に馬券買ったほうが当たるんじゃないかと…(←おい)

◎6枠11番 アエロリット(横山典/2番人気 7.0倍)
逃げそうなのはこれと7番くらいか。能力自体あるので横山典が本気出しての逃げ怖い。
〇3枠6番ラッキーライラック(石橋/1番人気 4.5倍)
前走騎乗ミス理由の負けも差は僅か。馬はレース上手で実績と2走前見直せば上位必至。
▲4枠7番 ミッキーチャーム

2走前除けば走り堅実。Bコースに変更で前有利になりそうなのも〇。輸送と折合次第。
△7枠15番 カンタービレ(デムーロ/7番人気 11.3倍)
着順兎も角前走差は僅かで評価下げ無用。休明けの上積とデムーロ怖くて押さえる。
×2枠4番 ノームコア(レーン/5番人気 10.2倍)

実績見劣るが大崩は無いタイプ。GⅠはどうか?もレーン騎手頼みで押さえる。

トリガミ覚悟で、馬券はワイドで、 
4、6、7、11、15
のボックス計10点で参ります。3点当たればトリガミは無いですが、そうなったら「3連複で買っとけば!」と悶絶するのは必至で・・・

 

<カスPの予想>

◎3枠6番 ラッキーライラック

〇1枠2番 レッドオルガ(北村友/4番人気 8.7倍)

▲6枠11番 アエロリット

△8枠18番 フロンテアクイーン(三浦/9番人気 18.9倍)

△1枠1番 アマルフィコースト(坂井/11番人気 26.2倍)

✖7枠14番 レッツゴードンキ(岩田/12番人気 27.7倍)

かつてはアーモンドアイのライヴァルと目されていたラッキーライラック。水をあけられてしまった感じですが、ここで存在感を示して少しでも差を縮めたいところ。

買い目は6を軸に三連複1、2、11、14、18に流して10点。

「東海ダービー」は上位3頭に絞られるか—「駿蹄賞」回顧

5月2日(木)の競馬の結果

名古屋競馬「駿蹄賞」…三連単760円的中(13点)

1着 3番エムエスクイーン(1番人気)◎

2着 2番サウスグラストップ(3番人気)〇

3着 4番アンタエウス(2番人気)▲

勝ちタイム 1:59:0(重)/昨年の勝ちタイム 1:58:2(サムライドライブ・重)

コースレコード 1:53:3

下馬評通りの結果。3着アンタエウスから4着まで2.3秒差あり、今更埋めようもない大きな差がある。「東海ダービー」は、順調ならこの3頭とゴールドリングの4頭による争いになるだろう。ただ、後述するが、ゴールドリングに異常が発生した可能性がある。

エムエスクイーンは休養明けでマイナス15キロの431キロ。これで天を仰いだ人は結構いたのでは。デビューが423キロだったからこれまで最も痩せていたわけではないが、明らかなマイナス材料。逆にアンタエウスはプラス11キロ。中央の毎日杯が3月23日で、それ以来だから、追い切りを見ても仕上げたという感じにはほど遠く、中央での戦いの疲れを取るため楽をさせた印象がある。一番順調な過程を辿った笠松サウスグラストップだが、エムエスクイーンに2馬身つけられている。アンタエウスには3馬身つけたが、前述したようにアンタエウスは急仕上げだったので、次回は上積みも大きいだろう。1800メートルは充分もったが、更に100メートル延長の本番は、今回より厳しい戦いになると予想される。やはり無敗の女王エムエスクイーンがひとつ抜けている。本番では2015年のハナノパレードのように、確勝と思われて突然大崩れすることもあれば、昨年「ダービー」まで無敗だったサムライドライブがビップレイジングに敗れた例もあり、何ともいえないが、いつぞやのように兵庫から突然何か移籍して来ない限りは、ゴールドリングを含めた4頭のうちどれかが勝つのはほぼ間違いない。

ただ、今回「駿蹄賞」に出なかったゴールドリングだが、出走予定だった「のじぎく賞」を回避。南関や佐賀から何頭か出走はあるが、避けるほどの特段強い相手は見当たらない。「グランダム・ジャパン」のトップだったが浦和のトーセンガーネットが「浦和桜花賞」に続き、「東京プリンセス賞」を勝利し3ポイント差に迫ったが、ゴールドリングが「のじぎく賞」で上位入線すれば、残るのは交流重賞の「関東オークス」だけなので、同馬が「関東オークス」ではなく「東海ダービー」を選んでも逃げ切る可能性は充分ある。しかし回避により、トーセンガーネットが「関東オークス」に出走すれば、逆転される可能性も出てきた。そう考えると、何事もないのに「のじぎく賞」を回避する理由は考えられず、馬体に何かしら異常が現れたと想像するのが自然だろう。「東海ダービー」出走も危ぶまれるかもしれない。

 

ちなみに木曜日、笠松の準重賞「東海クラウン」で昨年のダービー馬・ビップレイジングが昨年夏の南関遠征以来の出走。また2着馬サムライドライブも出てきた。昨年「東海ダービー」以来の対決だが、サムライドライブが中団から捲って昨年9月「秋の鞍」以来の勝利。中団から捲っての勝利は初めてで、相手がそれほど強力でなかったにせよ、この勝利パターンが定着すればかつての輝きの一端でも取り戻せるかもしれない。一方ビップレイジングはブービー9着。とはいえ8番人気だったことから長期休養明けの初戦、期待はされていなかったようだ。叩き2走目の次回、着順をどこまで上げられるかだろう。