粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

「粕本集呆の馬事放言」トップページ

このページは常にトップにあります。

 

f:id:KAS_P:20180323012354p:plain

 かなり真剣に迷っております。

 

ここは荒尾競馬ファン残党兼笠松競馬ファンニコマスP(ゲーム「アイドルマスター」のファンによる二次創作動画作者)であるカスPこと粕本集呆のブログです。2009年1月よりLivedoorにてブログ「粕本集呆の辛口一献」を続けてきましたが、諸事情ありまして2016年7月より、ここ「粕本集呆の馬事放言」に活動の場を移しました(「粕本集呆の辛口一献」は近日中に閉鎖予定です)。

内容は前のブログ同様、中央競馬地方競馬(特に笠松競馬イチ推し)の話題並びに予想が中心となりますが、ニコマス紹介並びにP活動も近日再開予定です。その他ゲームのレビューや音楽、歴史ネタも折に触れて。

カスPはツイッターFACEBOOK、LINE等のSNSは一切登録しておらず、今後も登録予定はありません。従ってブログに対するご意見や質問、その他ご用件のある方はお手数ではありますが、当トップページのコメント欄もしくは以下メールアドレスにご連絡お願いします。

メールアドレス:chihaya_full_flat(アットマーク)yahoo.co.jp 

ゲーム「アイドルマスター」と笠松競馬(岐阜県地方競馬組合)は一切関係ありません。あくまで両方のファンであるカスPがブログ並びにニコマス動画でネタとして絡めているだけです。また、カスPはこのブログを通じての商業的広告活動は一切行っておりませんし、お誘いもすべて断っております。あくまでいちアイマスファン並びに競馬ファンの、個人的趣味の範囲内のブログであることをどうかご了承ください。

―ブログにコメントを書き込む方へ―

当ブログのコメントは認証制ではなく、誰でも書き込めば即反映するようにしてあります。それでも一部読者の方に、記事にコメントを書き込めないケースがあったそうです。その場合、当該記事のタイトルをクリックし、独立して記事のページだけを表示させて、そこに再度コメントを書き込めば反映されるということでしたので、もし書き込みが反映しなかった場合、記事のページを独立させて再度書き込みをお願いします。

笠松競馬「オグリキャップ記念」予想

f:id:KAS_P:20180426015107p:plain

サトノワルキューレ、いかにも「私、東京向きよ」みたいな勝ち方でしたがどうだろう?メンバーのレベルもレベルだっただけに。

ここ数日、ちょっとコメントの返信が出来ず義理を欠いた状態になっていますが、更新で精一杯の状況。GWに少し余裕が見込め、返信は必ず致しますのでどうかご寛恕を。

 

オグリキャップ記念」の予想を。2500メートル。第10R。16:10発走。

◎8枠9番 ハタノリヴィール(佐藤)

〇2枠2番 グルームアイランド(大井・吉原)

▲6枠6番 エンパイヤペガサス(浦和・岡部)

△3枠3番 ヤマニンデシリュー(吉井)

△4枠4番 アサクサポイント(名古屋・大畑)

 

全馬紹介の欄でも述べましたが、実績はあるが近走安定していない馬が多い。ハタノリヴィールは元大井所属で、当時の実績からすればグルームアイランドやエンパイヤペガサス、ベルゼブブの方が上。ただ、それは昔の話。笠松に来て以降、私も重賞の度に半信半疑で見てきたのですが、だんだんと勝負強さが感じられるようになってきました。そして今回は遠征に来た南関勢をホームで迎え撃つ立場。ハタノリヴィールには地の利があります。無論総合力は南関勢の方が上ですが、現在の充実度でハタノリヴィールを本命に推します。

〇▲は成績が不安定というだけで、調子落ちが続いているわけではない。あっさりハタノリヴィールを降すことも充分あり得ます。ただこの「オグリキャップ記念」、他地区勢が上位を占めることが多いのですが、高知や金沢、兵庫と北陸・西日本が多く、東日本勢は苦戦傾向にある。もっとも「これは!?」という馬があまり来ないのもあるのですが、2015年はユーロビートが惨敗を喫しています。とはいえ今年はリワードレブロンもジャングルスマイルもいない。最低でもどちらかは上位入線すると思います。

穴馬にヤマニンデシリューとアサクサポイント。どちらも〇▲が崩れて出番あり。アサクサポイントはまだ良かった頃の状態に立て直されたとは言い難いけれど、前走よりは動けそう。展開としてはメイジンとベルゼブブが逃げる形になり、序盤は先行争いになるかもしれませんが、長引くことはないでしょう。ただ、メイジンは休み明けとはいえ前走は以前なら普通に勝っていたはずのレースで勝ち馬から3.0秒差の殿負け。ここから一変というのはどうか。ベルゼブブは癖が強い(気難しい?)だけに、遠征がどう出るか?岩手の「ダービーグランプリ」で4着でしたが、2番人気。相手関係からしても健闘しての4着とは言い難い。2015年のモズ(岩手)と同じような負け方をするのでは?

 

買い目は三連単9→2、6→2、3、4、6で6点。

9を軸に三連複2、3、4、6に流して6点。計12点

笠松競馬「オグリキャップ記念」全出走馬紹介

 26日木曜日に行われる「オグリキャップ記念」の全出走馬紹介を。メンバー的に、実績はあるけれど最近どうも調子が…という馬が多い。裏を返せば調子さえ取り戻せばハタノリヴィールを捻り潰せるだけの能力を持った馬が集まっているということ。各馬の調子の良しあしを見定めることが今年の「オグリキャップ記念」攻略の鍵になると思います。ちなみに今日明日岐阜県は雨で、当日は天気が回復するとのことですが、おそらく不良馬場でしょう。

 

1枠1番 メイジン(金沢・金田一昌厩舎/平沢城久)

アドマイヤドン/母父マーベラスサンデー

金沢の馬らしく1900~2100メートルでの好績が目立つ。1500メートルでの勝ち鞍もあり、重賞「スプリントカップ」3着の実績もあるが、同レースは7頭立てで勝ち馬のレベルから見ても、本質的に長いところが合った馬だと思っていいだろう。ただ、3走前の「中日杯」を地元の強豪たち相手に圧勝しながらも、2走前の川崎遠征で大きく馬体重を落とした挙句大敗、前走の地元戦でも、体重が戻らず殿負け。遠征競馬がからっきしダメな馬なのかもしれない。金沢→笠松は大した距離ではないが、体重が戻っているかどうか、中間しっかり調整されているかが鍵になる。体重を戻すために強い調教を控えているようだと、馬体重が増えていてもあまり歓迎できない。

2枠2番 グルームアイランド(大井・渡邉和雄厩舎/吉原寛人)

ヤマニンセラフィム/母父サクラチヨノオー

大井所属だが、3走前までは金沢所属。一昨年の「オグリキャップ記念」に、南関重賞「報知オールスターカップ」勝ちという鳴り物入りで出走、一番人気に応えた。当時私は同競馬場所属で「オグリキャップ記念」常連だったジャングルスマイル(現在は引退)の後を継ぐ大物が現れたと思ったが、昨年は不出走。9月に「イヌワシ賞」11月に「北國王冠」と、それぞれ地元の重賞を勝っているが、一度は勝った「報知オールスターカップ」は8着。一昨年笠松に現れたときのような勢いはない。ただ鞍上は吉原で昨年秋は地元で結果を出しているだけに、当然軽視は禁物。

3枠3番 ヤマニンデシリュー(笠松・森山英雄厩舎/吉井友彦)

ヤマニンセラフィム/母父ティンバーカントリー

今年復活した重賞「ウインター争覇」2着、「マーチカップ」5着。「ウインター争覇」ではハタノリヴィールに0.3秒差。距離はこなせなくはないと思うので、中間の調子次第では、展開の助けも要するだろうが上位は狙えないこともない。「ウインター争覇」は6番人気、「マーチカップ」は8番人気とあまり期待されていなかったようで、レースで高配が出るとしたら、今回もあまり人気しなさそうなこの馬絡みの可能性が一番高いと思う。

4枠4番 アサクサポイント(名古屋・今津博之厩舎/大畑雅章)

キングカメハメハ/母父サンデーサイレンス

昨年2着馬。名古屋の馬の中でもトップクラスなのだが、今年に入って完全に調子を崩してしまった。前走「マーチカップ」も臨戦過程から良化の遅れが露わで、結果も7着と大敗。一変あれば、遠征馬に抜きん出た存在のいないメンバーの顔触れからも上位評価でき、見直せるが、中間の動き次第といったところか。

 5枠5番 ヘイローフォンテン(笠松法理勝弘厩舎/筒井勇介)

ゴールドヘイロー/母父ティンバーカントリー

中央3勝、1000万条件から昨年暮れ転入(500万条件を2度勝っている)。ただ、「ウインター争覇」5着、「マーチカップ」6着と重賞ではいまひとつで、転入して間もない頃の勢いにも衰えが見られる。中央では長い距離を中心に使われてきたので距離適性に問題はないと思うが、今回も恵まれて入着止まりだろう。

6枠6番 エンパイヤペガサス(浦和・平山真希厩舎/岡部誠)

父エンパイヤメーカー/母父ディスターテッドユーモア

岩手ダービー馬だが、岩手の佐藤祐司厩舎と浦和の平山厩舎の間を行ったり来たりしている。岩手、南関どちらでも重賞を制しているが、昨年勝った「報知グランプリカップ」は今年は10着。その後大井の重賞「金盃」では4着、かと思えば川崎のA1クラスのレースで1番人気に推されながら6着に敗れている。どちらかといえば堅実に走る馬だが、ここ数戦は成績にムラが出てきている。このレースに挑んできたのは、「金盃」が2600メートルだったことから、長丁場はいけると踏んだからだろう。そのときの鞍上が岡部誠だったこともあり、今回も岡部に手綱を託す。要注意の一頭。

7枠7番 ベルゼブブ(浦和・小久保智厩舎/東川公則)

アグネスデジタル/母父サンデーサイレンス

一昨年川崎の重賞「戸塚記念」を勝っているが成績にムラがあり、しばしばとんでもない大差負けをする。「戸塚記念」が2100メートルだったことから、それをアテにして今回「オグリキャップ記念」に挑んできたのだろうが、典型的逃げ馬で、時折ひどい負け方をするのは、気性に難があるからではなかろうか?気分よく逃げられれば、といったところなのだろうが、「蠅の王」、「糞山の王」という異名を持つ魔王の名を取っただけあって相当癖が強そうで、最内に南関でもスピード負けしない同型のメイジンがいる。テン乗りの東川が上手く導けるかどうかは些か疑問。

7枠8番 カトラス(兵庫・渡瀬寛彰厩舎/青柳正義)

アドマイヤメイン/母父ダイナガリバー

中央1000万条件から転入。重賞では実績なく、佐賀の「はがくれ大賞典」でも勝ち馬から4.0秒差のブービー負けだった。名古屋、笠松の重賞で兵庫の馬は要注意だが、今回ばかりはノーマークでもいいだろう。

8枠9番 ハタノリヴィール(笠松・井上孝彦厩舎/佐藤友則)

フレンチデピュティ/母父セプティームシエル

目下笠松の大将格。トライアルの「マーチカップ」を制してここに挑む。血統的には距離延長は必ずしも歓迎ではないが、1900メートルで結果を出している。笠松の中とはいえメンバー中最も成績が安定していて、圧勝がない分、スピード能力よりも競馬の巧さで実績を築いてきた感があり、3ハロン延長の長丁場はむしろこの馬にとっては有利に働くのではなかろうか。敵は南関から来たグルームアイランドとエンパイヤペガサスぐらいになるだろう。

8枠10番 アンカーマン(名古屋・今津勝之厩舎/山田祥雄)

ステイゴールド/母父ドバイミレニアム

血統は派手だがAクラスに上って間がない。距離も1800メートル以上は経験がなく、重賞初挑戦で腕試しにしても家賃が高すぎる。

モリアテ次官の「フローラS」予想

f:id:KAS_P:20180421232745j:plain

4月20日に発売されたニンテンドーラボ、買ってきました。

勿論私はこんな面倒臭そうなもの作りません。愚弟の息子たち、つまりは甥っ子に「こどもの日」のプレゼントとしてあげるつもりです。

今から餌付けして手懐けておいて、

老後養ってもらう

算段です。

私は26日の「オグリキャップ」記念のために運気を溜めておくので、

f:id:KAS_P:20180422001234p:plain

モリアテ次官のフローラS予想

今日は、Jリーグ大阪ダービーが盛り上がっております。

フローラS
調教絶好 2・4・11
調教不調 5
◎2枠4番 サトノワルキューレ(デムーロ/1番人気 3.0倍)

勝負馬券は【4・12・13・16】の馬連BOX。

ディープとハービンジャーのBOXであります。

「笠松オークション」出品物紹介・トロフィーその他編

笠松オークション」の続きを。この辺りは殆ど在庫一掃という何というか、余程の笠松マニアかリアルタイムの関係者でなければわからないような、ディープな代物ばかり。

 

f:id:KAS_P:20180418081416j:plain

⑥トロフィー・第1回マイルカップ

1996年11月24日に行われた、おそらく重賞と思われるレースだが詳細不明。NARのデータベースも最古が1998年なので調べられないのだが、同年には重賞としてこのレースが施行された記録がなく、1回か2回で終わってしまった可能性がある。まったくもって謎のレース。

 

f:id:KAS_P:20180418085812j:plain

⑦トロフィー・桃花賞

1995年2月24日に行われたレースのトロフィーで、これも詳細不明。21回と長く続いたレースのようだが、これも1998年には施行された記録がない。

 

f:id:KAS_P:20180418090346j:plain

⑧トロフィー・スプリング争覇

こちらは2010年まで施行されていた1400メートルの重賞で、同年の勝ち馬は名古屋のヒシウォーシィ。同じ時期に名古屋で同じ1400メートルの「東海桜花賞」が行われていて、同レースが1999年から1400メートルになってからも(それ以前は1900メートル)、不思議にも併存していた。ちなみに2010年の「東海桜花賞」勝ち馬は笠松マルヨフェニックスで、主催競馬場と勝ち馬の所属があべこべになっているのが面白い。ただ、第17回は1994年なので、ネット上では記録がなく、勝ち馬、勝利騎手は不明。トロフィーには4月29日とあり、晩年よりはやや遅く行われていたようだ。

 

f:id:KAS_P:20180418091724j:plain

⑨トロフィー・白銀ハンデ

「白銀争覇」の前身かと思ったらそうではないらしい。これも1998年には施行された記録がなく、詳細不明。

 

f:id:KAS_P:20180419012443j:plain

⑪ゴーグル・柴山雄一騎手(JRA)

⑫ゴーグル・池田敏樹騎手

⑬ゴーグル・藤原幹生騎手

柴山は元笠松所属のJRA騎手。2009年の札幌記念ヤマニンキングリーブエナビスタを破り、同馬の凱旋門賞行きのプランを打ち砕いた。ちなみに当時のブエナビスタ主戦は、同じく笠松出身の安藤勝己。昨年ルミナスウォリアーで函館記念を制覇。2015年、NHKマイルカップアルビアーノに乗り2着だったが、GⅠ制覇にはまだ至っていない。

池田は元福山の騎手。同競馬場廃止に伴い笠松に移籍。4月18日現在、リーディング15人中9位と、渡邊より下だが、一日に固め勝ちする傾向がある騎手で、6位水野から12位島崎までは殆ど差がないため、すぐに上位にのぼることも。

藤原は今年の「新緑賞」、本来は弟弟子の渡邊が乗るはずだったドリームスイーブン(鞍上丸野)を、ビップレイジングで破った。ちなみに名古屋に藤原良一騎手がいるが、向こうは「ふじはら」で、笠松の方は「ふじわら」。4月18日現在、リーディング4位。

⑭ペナント・マックル賞

今では月に1、2度施行され、特にクラスも決まっていないが特選レースである場合が多い。優勝ペナントがあるということは、昔はもっと特別なレースだったのかもしれない。「マックル」というのは笠松競馬のマスコットキャラクター。大井や名古屋、兵庫等がゆるキャラに走る中、頑なに昭和のキャラクターを貫いているが、そのせいか露出度はあまり高くない。

 

そして今回の目玉出品物?

f:id:KAS_P:20180419015603j:plain

⑩写真・アラブギフ大賞典

とにかく大きい。レース名の通り、アラブ馬のレース。そして、2代前の電光掲示板。昭和63年12月31日とある。

f:id:KAS_P:20180419015829j:plain

f:id:KAS_P:20180419020559j:plain

ネットでの入札は行っておらず、開催日の現地での入札になります。入札条件は後日競馬場に取りに来ることができること。郵送は行っていません。締切は訊くのを忘れてしまいましたが、「オグリキャップ記念」が行われる開催週の最終日である4月27日?もしかしたら「オグリキャップ記念」開催日の26日かもしれないので、興味ある方はその日までに現地に足を運んでもらえれば。

キタノコマンドールはダービーは自重して欲しい。

 

f:id:KAS_P:20180417102256p:plain

残念だったなぁ、クリストフ。

ヒィーッヒッヒ。

両者本命のステルヴィオ

無念のクビ差4着

 

f:id:KAS_P:20180417103045p:plain

そのくせちゃっかり

エポカドーロ、サンリヴァルの

ワイドを獲っている外道。

 

日曜日の競馬の結果

中央中山「皐月賞」…カスP ワイド3,250円的中(13点)/逆神の権兵衛 ハズレ

1着 7番エポカドーロ(7番人気)カス▲

2着 14番サンリヴァル(9番人気)カス✖

3着 10番ジェネラーレウーノ(8番人気)

 

オルフェーヴル産駒から早くもクラシックホースが誕生。父はともかく、フォーティナイナーダイワパッションの母親の血が邪魔をしないかなと懸念したのですが、ここは完勝。むしろ馬場が渋ったことで母親の血が逆に助けになったのかも。2ハロン延長のダービーではまた母系の血統で悩まされるところですが、キタサンブラックの例もあり、神経質にならなくてもいいか。

本来番手抜け出し型のサンリヴァルは道中前3頭が突出してしまいましたが、エポカドーロ同様藤岡佑がうまいところに控えた。この馬の競馬はできたでしょう。

私の本命ステルヴィオは、まあ、東スポのT石が本命に挙げて「一強」などと吹かしていた時点で、あらかた覚悟はしておりました。とはいえ実質的スロー(飛ばした前3頭を除いてのペース)であの位置取りは何とかできなかったか?大阪杯のスワーヴリチャード(鞍上デムーロ)とは対照的。中山芝2000で外枠は厳しいのはわかっていましたが、それを差し引いてもあの位置取りというのは、ルメールがコメントしていたように出脚が遅い馬なのかも。とはいえ4角までほぼ同じ位置取りというのはいただけない。相当ズブい馬なのか、それともこれがデムーロルメールの「差」なのか?脚質からダービーなら、と思わせるかもしれませんが、そうなると今度は血統が引っ掛かる。ロードカナロア産駒は思いのほか距離に融通はきくのですが、2400となるとどうか?あと誤算というか、大逃げした3頭は潰れると思ったら、1頭渋太く残ってしまった。ジェネラーレウーノ。

ケイティクレバーはそういえば管理していた目野調教師の引退で安田翔伍厩舎に転厩して、それもあって小林徹から浜中に替わったのかもしれませんが…番手どころか何がやりたいかわからない競馬。これまで見せてきた渋太さと、渋った馬場を苦にしないハービンジャー産駒の持ち味を何も活かせなかった。これで「控える競馬もできる」みたいなコメントされた日には開いた口が塞がらず、私の中で浜中俊は1.5流から2流に降格。調教師の指示だとすれば、父親の安田隆行師からから何を学んだのだろうか?

逆に見直したのはキタノコマンドール。話題先行馬だと高を括っていましたが、新馬戦→OP戦→皐月賞で3着馬と同タイムの5着入線は立派。ステルヴィオと同じく位置取りで損をした。ダービーの出走権を得て、陣営も行くつもりのようですが、個人的にはとりあえず一旦休ませてから自己条件を地道にこなして、来年の年明け辺りでAJCC日経新春杯といった重賞、そして春の大阪杯辺りを目標にしてもらいたいところ。話題馬で新興クラブ馬主だけにダービー出走を宣伝したいでしょうが、デビュー3戦しかしていない馬。しかも今回の皐月賞も含め、スローペースのレースしか経験していない。ダービーで大負けするだけならともかく、それで走りのリズムを崩してそのまま立ち直らなくなったり、最悪故障でこのまま消えていくようなケースは有り得ないことではない。

日曜中山メイン「皐月賞」(3歳GⅠ)予想

f:id:KAS_P:20180415025837p:plain

両者ともに

中山グランドジャンプ的中!

 

 

 

 

 

 

 

 

カスP…三連複290円(8点買いで半分も回収できず)

逆神の権兵衛…1点買い的中もワイド1.1倍

 

f:id:KAS_P:20180204004833p:plain

 

1億円賭ければ

1000万円儲けたのですよ。

手を広げて思い切りトリガミ喰らった阿呆と

一緒にしないでください。

 

1着 6番オジュウチョウサン(1番人気)カス◎ 権◎

2着 9番アップトゥデイト(2番人気)カス〇 権〇

3着 3番ニホンピロバロン(3番人気)カス✖

 

皐月賞の予想を。

ダノンプレミアムが回避してもしなくても難解であることには変わらない皐月賞。おまけに雨が降ってきた。明日の南関東は雨のち曇りで降水確率70%。中山は近年路盤工事で水はけが良くなっていて、当日の雨がそれほど長引かないようなら、それほど重い馬場にはならないかも。ただ、JRAのHPによると、低温の日が続いたこともあって、オーバーシード(生育が早い洋芝で傷んだ部分を補う)がなかなかはかどっていないらしく、オーバーシードが基本見栄えを良くするためのものに過ぎなくても、やはり幾分時計はかかりそう。ハーツクライディープインパクト産駒は少し割り引いて考えないといけないかも。

<カスPの予想。単勝人気とオッズは前日のもの>

◎8枠15番 ステルヴィオ(ルメール/2番人気 4.2倍)

〇2枠3番 ジャンダルム(武豊/4番人気 9.3倍)

▲4枠7番 エポカドーロ(戸崎/6番人気 11.4倍)

△1枠2番 ワグネリアン(福永/1番人気 3.7倍)

△6枠11番 マイネルファンロン(柴田大/13番人気 112.7倍)

✖7枠14番 サンリヴァル(藤岡佑/9番人気 23.5倍)

 

力を要する馬場になることを前提にすれば、血統だけならマイネルファンロンとサンリヴァルに惹かれるのですが、実績も加味すると実績馬に厚い印を打たざるを得ない。ステルヴィオは馬場が多少渋っても苦にはしないでしょうが、血統とスプリングSのレースぶりから距離はギリギリっぽい。本来ならホープフルS2着のジャンダルムを本命にしたいところですが、武豊とは相性が悪いので対抗に。スプリングSでステルヴィオにハナ差だったエポカドーロは、父オルフェーヴルはいいけれど母親のダイワパッションが短いところまでしか走れなかった。2000メートルのあすなろ賞(500万条件)を、2着馬に0.6秒差と大差勝ちしていますが、レースのレベルがどうか…。

他に気になる馬にケイティクレバーがいて、馬場状態を問わないパワー型。朝日FSは11着でしたが、2000メートル前後のミドルディスタンスでは安定した成績。ただ、やたら直線平坦の京都に好績が目立つのは気になるし、鞍上がこれまで8戦乗ってきた小林徹ではなく浜中。テンで上手く飛び出しても抑えてサンリヴァル辺りに先を譲り、番手抜け出しを図ろうと企てたものの、リズムに乗れず直線失速という下手な小細工が目に浮かぶ。思い切ってレースを引っ張るようなら面白い存在なのですが…。

 

買い目は15を軸に三連複2、3、7、11、14に流して10点。

それからワイド7-8(ケイティクレバー)、11、14で計13点。

 

<逆神の権兵衛の予想>

ダノンプレミアムの回避で混戦ムードの中、天気も微妙で馬場状態もどこまで渋るか不確定。穴狙いをするにしても変に穴人気を集めている感ある馬も居て、敢えて有力馬だけに狙いを絞る手もありそう。


◎8枠15番 ステルヴィオ
5戦してダノンプレミアム以外に負けてない実績は1枚上。重馬場経験あるのも〇。
○5枠9番 オウケンムーン(北村宏/5番人気 10.3倍)
3連勝で共同通信杯制してここへ。勢い買えるし近年好走例多い臨戦過程だけに要注目。
▲1枠2番 ワグネリアン

4戦して負けたのはダノン相手の弥生賞だけ。好位からの安定した脚質良く軸で買える。
△2枠3番 ジャンダルム
弥生賞で▲に0.1秒差等と能力認めるも2着だったG1ホープフルSのレベルどうか?

×3枠5番 キタノコマンドール(デムーロ/3番人気 5.9倍)

2戦2勝も一挙の相手強化の中単勝3番人気は買われ過ぎもデムーロでは無視出来ず。

馬券は、
2、3、5、9、15
の3連複ボックス(計10点)で参ります。穴狙い云々言っておきながら絞り込んでいくと人気馬ばかりになっているというのは、我ながらどうかと思いますが・・・

 

f:id:KAS_P:20171029025303p:plain

 3勝9敗1分で5位のオリックスファン・モリアテ教授の予想。

 

ハービンジャー党に一票を

 

調教絶好 3・7・8
調教不調 4・16
◎1枠2番 ワグネリアン 
△4枠8番 ケイティクレバー(浜中/12番人気 64.8倍)

勝負馬券は【2・3・8・10・15】馬連BOX