粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

「粕本集呆の馬事放言」トップページ

このページは常にトップにあります。

 

f:id:KAS_P:20180703015245j:plain

今更になって

自分の人生「すりこぎ」だと

悟ったカスP 

 

ここは荒尾競馬ファン残党兼笠松競馬ファンニコマスP(ゲーム「アイドルマスター」のファンによる二次創作動画作者)であるカスPこと粕本集呆のブログです。2009年1月よりLivedoorにてブログ「粕本集呆の辛口一献」を続けてきましたが、諸事情ありまして2016年7月より、ここ「粕本集呆の馬事放言」に活動の場を移しました(「粕本集呆の辛口一献」は近日中に閉鎖予定です)。

内容は前のブログ同様、中央競馬地方競馬(特に笠松競馬イチ推し)の話題並びに予想が中心となりますが、ニコマス紹介並びにP活動も近日再開予定です。その他ゲームのレビューや音楽、歴史ネタも折に触れて。

カスPはツイッターFACEBOOK、LINE等のSNSは一切登録しておらず、今後も登録予定はありません。従ってブログに対するご意見や質問、その他ご用件のある方はお手数ではありますが、当トップページのコメント欄もしくは以下メールアドレスにご連絡お願いします。

メールアドレス:chihaya_full_flat(アットマーク)yahoo.co.jp 

ゲーム「アイドルマスター」と笠松競馬(岐阜県地方競馬組合)は一切関係ありません。あくまで両方のファンであるカスPがブログ並びにニコマス動画でネタとして絡めているだけです。また、カスPはこのブログを通じての商業的広告活動は一切行っておりませんし、お誘いもすべて断っております。あくまでいちアイマスファン並びに競馬ファンの、個人的趣味の範囲内のブログであることをどうかご了承ください。

―ブログにコメントを書き込む方へ―

当ブログのコメントは認証制ではなく、誰でも書き込めば即反映するようにしてあります。それでも一部読者の方に、記事にコメントを書き込めないケースがあったそうです。その場合、当該記事のタイトルをクリックし、独立して記事のページだけを表示させて、そこに再度コメントを書き込めば反映されるということでしたので、もし書き込みが反映しなかった場合、記事のページを独立させて再度書き込みをお願いします。

園田競馬「兵庫クイーンカップ」予想

巷では「防弾少年団」なる韓国の男性アイドルグループが、色々と騒ぎになっていますが…

f:id:KAS_P:20181115032448p:plain

このグループの「原爆Tシャツ」騒動について、最初は色々と思うところもあったのですが、あまりに日韓両マスコミがギャアギャア喚き散らしてうるさいから、もうどうでもよくなった。

 

日曜日の競馬の結果

中央京都「エリザベス女王杯」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ

1着 12番リスグラシュー(3番人気)

2着 9番 クロコスミア(9番人気)

3着 7番 モズカッチャン(1番人気)

昨年2着ながらも人気薄だったモズカッチャンが2着…何かデジャヴを感じる。夏の笠松の重賞……。

レース回顧は次回にして、園田の重賞「兵庫クイーンカップ」の予想を。1700メートル。第11R。16:05発走。

同日名古屋で「東海菊花賞」があり、兵庫の有力馬たちがこぞって名古屋に押し寄せるのですが、一方でここは地元勢が手薄。名古屋サムライドライブら5頭が遠征。でも2016年の「ラブミーチャン記念」を勝った金沢ヤマミダンスや、同年「ライデンリーダー記念」を勝った笠松イスタナと、一時は輝きながら色褪せてしまった馬も。ちょっと寂しい。サムライドライブもそうなってしまうのか、それとも同じ名古屋のピッチシフターのように中央馬相手でも活躍するような馬になるのか?初のアウェーだった笠松「岐阜金賞」では兵庫のクリノヒビキに僅差ながら敗れた。再度アウェーの園田で、古馬相手とはいえ牝馬限定。同型馬も複数おり、ここが正念場でしょう。

 

◎5枠6番 プリモガナドール(金沢・佐藤友)

〇3枠3番 サムライドライブ(名古屋・丸野)

▲7枠10番 スターレーン(吉原)

△5枠5番 ナナヨンハーバー(吉村)

△4枠4番 ヌーディストビーチ(鴨宮)

✖2枠2番 デルグレネ(笠松・森島)

 

おそらく逃げるのはサムライドライブ。プリモガナドールも逃げ馬ですが、番手だった地元「読売レディス杯」で勝ち馬から0.4秒差3着だったのだから、ハナでないと自分のレースができないような馬ではなさそう。道中ずっと番手でマークし、勝負どころでかわす算段でしょうが、1700メートルという距離が未知数。1ハロン堪えることができるか。

実績的にはスターレーンが一番なのですが、昨年同レースは2番人気で6着。これまで重賞で2着6回(うち牝馬重賞5回)。ここ2戦も善戦しているのですが、逃げ一辺倒の脚質がいけないのか、最後は後ろの馬にやられてしまう。鞍上は吉原。本来なら歓迎すべき鞍上なのですが、ここ最近の吉原はどうもスランプ気味のような…。「岐阜金賞」でも先頭を走るサムライドライブを消耗させるという役割を演じて自らは沈んだ。スターレーンでも同じことにならなければいいのですが…。

ナナヨンハーバーは重賞で馬券で絡めないまでも善戦。牝馬限定ならといいたいところですが、短い距離のレースが中心。同じ距離の「兵庫サマークイーン賞」は3着でしたが、1700メートル戦での好績はそれぐらい。同レースと同じ走りを再現できれば。

ヌーディストビーチは名前で買い。先行力は魅力ですが、これも激しい先行争いに巻き込まれて道中消耗しなければ。

穴馬指名は笠松デルグレネ。「岐阜金賞」は6着でしたが、森島の攻めの騎乗が光った。これまでも重賞では大負けせず、5着前後が多い…ただ、勝ち馬には離されているのですが。勝ち負けは期待できませんが、展開がもつれれば3着に食い込んでくるだけの力は持っていると思います。

 

買い目は6を軸に三連複2、3、4、5、10に流して10点。

日曜京都メイン「エリザベス女王杯」(牝馬GⅠ)予想

f:id:KAS_P:20181111010702p:plain

幾分時事ネタで賞味期限があるので、使うことなくそのままお蔵入りになることが理想なのですが、果たして…?

 

エリザベス女王杯の予想を。

…ていうか、モレイラって天皇賞秋を最後に帰ったんじゃないの?調べたところ、JRAのHPに11月7日付で、10日から12月9日までの短期騎乗免許が交付された旨掲載されていました。

JRAのHPにある「データ分析」で、

—過去10年の出走馬について、直近の芝GⅠ・GⅡでの着順別に成績を調べると、好走率で「1着」組が「2着以下」組を大きく上回っている。直近の芝GⅠ・GⅡで勝利している馬は、大いに注目すべきだろう。

と記されているのですが、17頭中、該当する馬が1頭しかいない。その1頭が、現在1番人気のノームコア。勝った重賞は、一昨年にOP特別から昇格した3歳牝馬重賞の紫苑S(GⅢ)。昨年はディアドラがこのレースをステップに秋華賞を制しました。ノームコアは秋華賞トライアルを勝ったにもかかわらず、秋華賞をパスしてここに。春のクラシックは、桜花賞の前哨戦フラワーC(優先出走権は与えられない)、オークストライアルのフローラSともに3着で本番への出走に至らなかったのですが、それぞれの勝ち馬カンタービレ、サトノワルキューレとの差は小さい。そして紫苑S桜花賞オークスを連続して5着だったマウレアを0.5秒差つけて破ったのは評価に値しますが、1番人気は多分に目下絶好調の鞍上にあるのでは?個人的には評価は微妙なのですが、ここでこの馬が勝ち負けを演じれば、アーモンドアイのみならず今年の3歳牝馬全体のレベルが一気に上がる。

 

<カスPの予想。単勝人気とオッズは前日のもの>

◎4枠7番 モズカッチャン(デムーロ兄/2番人気 4.2倍)

〇3枠5番 レッドジェノヴァ(池添/3番人気 5.6倍)

▲4枠8番 カンタービレ(デムーロ弟/5番人気 7.7倍)

△7枠13番 ノームコア(ルメール/1番人気 3.7倍)

△6枠12番 リスグラシュー(モレイラ/4番人気 5.6倍)

△1枠2番 フロンテアクイーン(蛯名/7番人気 19.3倍)

✖5枠10番 ヴァフラーム(川又/14番人気 134.1倍)

 

昨年覇者で、札幌記念では後に天皇賞秋で2着になるサングレーザーと僅差の3着だったモズカッチャンの連覇に賭けます。府中牝馬Sを熱発で回避しましたが、それ自体はあまり気にしなくていいでしょう。むしろそれによって実戦の間隔が空いたことが気掛かりではありますが、札幌記念の好走が3月末のドバイシーマクラシック以来だったことを考えれば、レース間隔が空いていることへの懸念も終わってみれば杞憂かも。

レッドジェノヴァは本命にすら考えたのですが、父シンボリクリスエスというのが些か引っ掛かる。京都大賞典(GⅡ)での好走が人気の理由でしょうが、スピードよりパワーがまさるイメージがあり、京都コースはあまり合わないような気がします(数字のデータではそれほど苦にしていはいないのですが)。ただ使い詰めの割に中間の動きは抜群。

本当はカンタービレ武豊が継続して乗って欲しかった。秋華賞で武が追い込んで3着に入線し、陣営は脚質に幅が出来たと評価していましたが、今回の鞍上はテン乗りデムーロ弟。スローな展開が予想される中、この馬をどこに位置取らせるか迷うかもしれない。元々このレース、テン乗りの騎手はあまり振るわない傾向にあります。武豊が自分から8歳馬のスマートレイアーを選ぶとは考えづらい。陣営がデムーロ弟に替えたのでしょうが、凡走に終わるとしたらこの乗り替わりが原因でしょう。

去年は8着だったリスグラシューも元は武が主戦。前走府中牝馬S(牝馬GⅡ・2着)はデムーロ兄で、今回はモレイラ。彼の力量で勝ちきれない面を克服して欲しいというところなのでしょうが…。

フロンテアクイーンは実は1600万条件すらクリアしていない。ただ、よくぞここまでというくらい牝馬重賞で善戦を繰り返している。前走はディアドラに0.1秒差3着。どんなレースも相手なり?何よりメイショウサムソン産駒というのが応援したくなる。ここ暫くは1600~1800メートルばかり使われていますが一昨年オークスで勝ち馬から0.4秒差6着、血統的にも問題ないはず。ただ、メイショウサムソン産駒らしく切れる末脚がない。直線ヨーイドンの場合、分が悪いかも。早め抜け出してどこまで粘れるか?

穴馬指名にヴァフラーム。夏にマーメイドS(牝馬GⅢ)4着という実績はありますが、50キロという超軽量。勝った前走の1600万条件も52キロ。そしてGⅠのここで定量56キロ。正直厳しい。それを承知で何故指名するかといえば、鞍上川又を応援しているから。最近の中央の若手はあまり知らないし、大舞台にも出てこない。でも久し振りにコイツ応援してやろうかと思った若手が川又。切れる末脚は持っているので、直線で一回くらいは実況アナに馬名を呼ばれて欲しい。

買い目は7を軸に三連複2、5、8、10、12、13に流して15点。

 

<逆神の権兵衛の予想>

これといった逃げ馬がおらず、展開が微妙。アーモンドアイ不在で上位勢の実力差少なく、100回やったら結果が100通りになりそうな難解な一戦。とはいえ、誰でも当てられそうな簡単なレースというのはそうあるわけも無く、あったとしても儲かるわけも無い訳で・・・

◎4枠7番 モズカッチャン
昨年勝ち馬で牡馬相手に善戦続きと実力最上位。前哨戦使えない誤算も3着内なら。
○3枠5番 レッドジェノヴァ
初重賞挑戦の前走牡馬相手に2着と立派。同じ京都コースで再現あっても。
▲4枠8番 カンタービレ
秋2戦の好走評価でき、前走秋華賞の差し強烈。1F延長どうかも直線平坦なら持つか?
△6枠12番 リスグラシュー
今年5戦して安田記念以外馬券圏内の手堅さ買える。秋華賞2着あるがこの距離どうか?
×1枠2番 フロンテアクイーン
条件問わず昨夏以降7戦3着内と堅い点良いが…紛れたときの押えなら。
×7枠13番 ノームコア
紫苑S勝ち時計良いがそれでも1番人気というのは…ルメール怖いから一応押さえで。

馬券は、
軸  7
相手2、5、8、12、13
の3連複1頭軸流し計10点で参ります。
追加で、逃げそうな4番プリメラアスール、9番クロコスミアの前残り警戒で
ワイド4-9
も一応買ってみます(←テイエムプリキュアの二番煎じ)。来たら洒落にならない気も…

 

 某スポーツ新聞の予想大会で優勝したモリアテ教授…

f:id:KAS_P:20181111030552j:plain

予想大会の賞品は巨大エロフィギュア(全長40センチ以上)でした。

 

 

 

 

 

…ウソぴょん。

f:id:KAS_P:20181111030845j:plain

予想大会の賞品はワグネリアンのパネルとクオカード5000円でした。

調教絶好 5、8、12

◎7枠13番 ノームコア

勝負馬券は7、12、13馬連ボックス

岩手競馬の薬物事件について。

木曜日の競馬の結果

笠松競馬「ラブミーチャン記念」…三連複860円&馬単360円的中(11点)

1着 3番ボルドープラージュ(1番人気)◎

2着 6番アヴニールレーヴ(2番人気)〇

3着 8番ボルドーシエル(6番人気)✖

勝ちタイム 1:41:6(良)/昨年の勝ちタイム 1:43:9(チェゴ・良)

コースレコード 1:38:4

 

獲ったことは獲ったのですが、当初はボルドープラージュ1着、アヴニールレーヴ2着固定での三連単流しを考えていたのです。アヴニールレーヴは園田からの輸送やスタミナの課題もあったので馬券圏外もないとはいえず、保険としてボルドープラージュからの馬単流しも買っていたのに、本線が三連複流しというのはあまりに弱気でした。三連単なら2,120円だった。

岡部らしく、逃げた馬を番手でマークし、3コーナー辺りで並びかけてかわすという、笠松での勝ち方の見本。スタートも良く、勝ちタイムも2歳戦で良馬場としては優秀。今後が楽しみな逸材です。2着アヴニールレーヴも距離不安が囁かれながらも頑張った。ただ、最後、いったんは大きく突き放した3着馬に詰め寄られているところからも、距離は1400メートルがベストか。3着ボルドーシエルは渡邊が他地区の馬のテン乗りでありながら積極的な騎乗で3着。出脚は良かったのですが、勝負どころで鈍いのか、先着2頭に置いていかれたのが痛かった。最後はかなり詰めてきただけに。ちなみに今開催から渡邊の兄弟子(?)水野翔が復帰。「ラブミーチャン記念」当日も2勝。金曜日は勝ち星なしでしたが通算5勝と存在感を示しました。

 

最近またコメントへの返信が滞りがちなのですが、どうかご容赦を。この程度の記事でも、記しているとそれだけで時間を費やしてしまい、コメントの返信まで時間が回らない。コメントへの返信も、結構時間をかけるのです。昔は睡眠時間3、4時間でもノープロブレムだったのですが、今はある程度確保しておかないと翌日の仕事に支障をきたしてしまう。「齢だなァ…」と溜息をついてしまうのですが、自分より10歳年上の岡村靖幸のキレッキレのダンスをPVで見ると、心の持ちようなのかなとも思ってしまう。

 

さて、今回の「ラブミーチャン記念」で3着だったボルドーシエルが所属する岩手(盛岡・水沢)競馬で深刻な問題が起こりました。短期間のうちに薬物事件が3件。さすがに岩手競馬は自主的に無期限開催中止の措置を取りました。

凱旋門賞のときにディープインパクトから検出され、失格処分となったのは、気管支拡張剤のイプラトロピウムで、これは治療用の薬物。絶対に使ってはいけないものではなく、レース前後の特定の期間に薬物が残っていなければ問題ない。ディープインパクト陣営は薬物が馬体内から完全に消える時期の計算を間違えたか、もしくは過失で薬物を、例えば寝藁の上等にこぼしてしまい、それを馬が後日摂取したため、陣営が意図的に投与してしていない―従って馬体内に残っているなどとは露思わない―薬物が検査時期まで残ってしまったようです。

今回のボルデノンは筋肉増強剤。治療用の薬物ではなく、通販で普通に買える代物です。2016年には笠松で藤田正治厩舎の管理馬から検出されています。今回の岩手は9月のときと同じ高橋純厩舎。私は岩手競馬についてはそれほど詳しくなく、高橋純師や同厩舎のスタッフがどういう人たちなのかわかりませんが、故意とは到底考えられない。

7月の三野宮厩舎、9月、そして今回の高橋厩舎の管理馬から検出されたボルデノンはディープインパクトのときのような治療薬ではなく筋肉増強剤なので、明らかなドーピング。ただ体内の残留期間が長期なので、一部の大事に扱われている有力馬を除けば、短い間隔で出走する地方競馬では、絶対バレるに決まっている。そして得られる賞金額と発覚したときのペナルティを秤にかければ、割に合わないことも明白。それでもたまに厩舎が成績不振に陥り、焦燥の挙句「魔が差して」やってしまう関係者がいたりするのですが、厩舎の誰かが筋肉体操に憧れてボディビルやっていて、自分が摂取するつもりで思わずこぼしてしまった筋肉増強剤を馬が摂取するなんてケースは到底考えられない。おそらく最初の7月のケースについては、関係者の薬物への無知による「軽い気持ち」が引き起こしてしまったものか。

高橋厩舎の関係者が三野宮厩舎の管理馬から薬物が検出され、ペナルティを課された件を見ていながら、2か月後に同じことをするというのは常識的では考えづらい。高橋厩舎の1度目のときは、同年で2度目の薬物事件ということで大騒ぎになり、開催自体が1日中止された。そこから2か月後に同じことが繰り返されるとなると、これまでの薬物事件とは、まったく別種のものと考えざるを得ない。

考えられるのは「怨恨」。競馬場や厩舎関係者に恨みを抱く何者かが、陥れようと薬物を馬に投与した。しかし外部者が侵入して競走馬に薬物を投与するのはかなり困難らしく、内部犯行説もある。でもまったくの外部者は難しくても「元」内部の者なら……ただここから先は憶測でも勝手なことを記していいものではない。

言えるのは、原因や経緯がわからない、うやむやのまま再開しても同じことが繰り返される可能性を孕みつつということになり、またいつ仕掛けられるかわからない爆弾に怯えながら開催を続ける羽目になる。そして次爆発したらもう終わりです。今度こそ真相を明らかにし、それが岩手競馬の評判を一時的に落とすものであっても隠すことなく公表するべきでしょう。

笠松競馬「ラブミーチャン記念」予想

f:id:KAS_P:20181108024836j:plain

日曜日の競馬の結果

中央京都「JBCスプリント」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 三連複3,520円的中(10点)

1着 6番グレイスフルリープ(4番人気)カス△/権△

2着 5番マテラスカイ(1番人気)カス◎/権◎

3着 4番キタサンミカヅキ(5番人気)権▲

 

中央京都「JBCクラシック」…カスP 三連複910円的中(13点)/逆神の権兵衛 三連複910円的中(10点)

1着 8番ケイティブレイブ(3番人気)カス▲/権◎

2着 14番オメガパフューム(2番人気)カス〇/権〇

3着 4番サンライズソア(1番人気)カス◎/権▲

 

中央京都「JBCレディスクラシック」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ

1着 16番アンジュデジール(6番人気)権×

2着 4番ラビットラン(1番人気)カス〇/権〇

3着 15番ファッショニスタ(5番人気)カス△

 

中央東京「アルゼンチン共和国杯」…ハズレ

1着 6番パフォーマプロミス(3番人気)◎

2着 7番ムイトオブリガード(1番人気)▲

3着 5番マコトガラハッド(11番人気)

 

地方競馬の祭典を

中央でやるんじゃねえよ!

 

と大負けした腹立ちまぎれに悪態つきますが、京都で開催されたのは、表向きは

「今般、JBC競走の魅力をより広く、多くのお客様に伝えることが何よりも重要との(NARとJRAの)共通認識」

なのですが、実際のところは開催に積極的な競馬場がなく、NARがJRAに協力を仰いだのでしょう。昨年のJBCは、大井しか手を挙げなかった…というより、他がどこも手を挙げないので大井が仕方なく手を挙げたような恰好。私は最初の名古屋JBC開催(過去2度開催している)に行ったことがあるのですが、場内大混乱で、投票締め切り直後あちこちから怒声があがった。金沢のときは、ギリギリになって来る奴が悪いと言わんばかりに締め切り時刻に即シャットアウト。私の面前で非常にもオバチャンが窓口を閉めた。とはいえそうでもしないとキリがないのも事実。JBC開催はよほど競馬場に体力が要るらしく、勿論名古屋、園田、金沢、岩手どこも盛況だったのですが、持ち回りで開催できる体力がないということか。結果大井ばかりになってしまう。意外にも船橋は過去1度しか開催されていない。そして来年は初の浦和開催。

ちなみにこれまで開催されていないのはホッカイドウ、笠松、高知、佐賀。笠松はフルゲート10頭以前に、競馬場全体のキャパシティからして無理。何より笠松岐南町の道路交通が完全にマヒしてしまう。名古屋は弥冨になってからはどうなのかわかりませんが、そもそも客はネットだけでいいという腹積もりで弥冨に移転するのだから、わざわざ大掛かりな準備をしてJBCを開催しようなどという気はさらさらないはずで、弥富でのJBC開催の可能性はかなり低い。

 

ホッカイドウ競馬交流重賞「北海道2歳優駿」で1着、2着の判定を誤審する問題が発生したとか。実際に勝ったのは6番人気のホッカイドウ所属の馬で、2着に1番人気の馬。馬単三連単になると結構額が大きく変わってしまう。主催者としては、最初の着順の払い戻しは当然撤回できず、おそらく同着のような形にするのでしょうが、ネットで購入した人はともかく、紙の馬券で購入した人がハズレ馬券を残している可能性は極めて低い。それに例えば馬単三連単で2頭を表裏で買っていた場合、当日精算機に入れていたらもう戻ってこない。主催者は「お手元に勝ち馬投票券がない場合は、購入状況の記録を残していただきますよう」と述べていますが、SNSで写真をアップしているような人でなければ、そんなもの残っているはずがない。ネット購入した人以外はどうしようもない。

主催者は、馬券を持っていない人にも何かしら救済措置を考えているそうですが、そこで思い出すのが、同じ北海道で起こった西友の牛肉偽装事件。何をとち狂ったか、店側がレシートなしでも返金すると言った結果、当該店舗の前に怪しい行列ができた。テレビのニュースでは並んでいる、絶対コイツ買ってねえだろ的な所謂「DQN」な兄ちゃんにインタビューしたら「いえ、バーベキューとか」と白々しい答え。案の定買ってもいないのに買ったと偽った未成年が逮捕され、携帯電話で友人から、西友行けばお金が貰えると聞いたと供述。当時北海道は北海道拓殖銀行の破綻もあり、不況のどん底に喘いでいました。西友の前の行列を見て「貧すれば鈍する」とはまさにこのことだと思いました。まさか同じことが繰り返されないだろうな?

確かに主催者のミスは大きいですが、6番人気の馬をアタマにして紙の馬券を買った人は、これもギャンブルだと諦めるしかないでしょう。元々ギャンブルなんて運。今回の件は極めつけのアンラッキーで、それだけレアな悲運を味わったのだから、どこか別のレースで十倍返しがあると思うしかない。

 

笠松競馬「ラブミーチャン記念」の予想を。1600メートル。第9R。15:35出走。

今年は浦和、岩手、兵庫から1頭づつ参戦。名古屋はなし。名前が「ラブミーチャン記念」になってから4年、昨年を除いてホッカイドウ2頭、金沢1頭。昨年は地元のチェゴが勝ったとはいえ、地元とは名ばかり。前走までホッカイドウ在籍で、その後しばらくしてまたホッカイドウに帰って行った。勝った他地区の馬はジュエルクイーン、ヤマミダンスと鳴り物入りの馬で、4番人気だったミスミランダーも後に「関東オークス」2着、「ロジータ記念」勝利と結果を出している。チェゴもホッカイドウで活躍していて、笠松勢が弱いというより、勝った馬が強かったということ。今年はホッカイドウからの参戦はなく、他地区3頭も抜きん出た馬はおらず、地元笠松勢にチャンス大と言いたいところなれど、それでも他地区の馬にコロリとやられてしまうのが笠松クオリティ。

予想のポイントは、認定勝ちの馬を狙えということ。3着まで入線した馬の大半が認定勝ちの実績あり。もしくは惜敗しているとかそれ以前の2歳重賞で結果を出しているとか。ちなみに認定勝ちの該当はボルドープラージュ、アヴニールレーヴ、エリアント。あと、1番人気は毎年しっかり馬券に絡んでいるのですが、意外にガチガチの鉄板も近年少ない。さりとて大波乱もなし。

 

◎3枠3番 ボルドープラージュ(岡部)

〇6枠6番 アヴニールレーヴ(兵庫・佐藤)

▲1枠1番 ドリームバーリオ(向山)

△8枠9番 エリアント(筒井)

✖7枠8番 ボルドーシエル(岩手・渡邊)

 

◎、〇は良いとして、問題はそれ以外の陣営が揃って弱気なこと。いい経験になればとか今後に繋がればとか、欲があるのかないのか微妙な言い回し。中間も、どの馬もそれなりに調整できていて、3番手は正直何が来ても驚けない。3-6軸の三連複残り全頭流しもいいかもしれません。

ボルドープラージュはおそらくハナには固執せず、アヴニールレーヴが逃げ、それをマークする形になるでしょう。ただ、鞍上佐藤は逃げれば結構しぶとい。岡部と佐藤、騎手の駆け引きの勝負になると思います。

買い目は三連複3-6-1、2、5、8、9

それから馬単3→1、2、5、6、8、9

計11点。

ボルドーシエルは岩手の馬ですが、鞍上にまさかの渡邊を抜擢。ただその岩手競馬、大変な事態になっている。

日曜京都「JBC3連戦」予想

f:id:KAS_P:20181104021323j:plain

地方競馬のお祭りJBC

渋谷(凛)も困り果てた

変態予想行列

 

今年はJRA京都競馬場で行われるJBC三連戦。JRA開催ということで、出走馬も多くがJRA所属馬で占められています。地方勢の有力馬も、JBCスプリントのキタサンミカヅキくらいで、実質的にはJRAのレースと言って差し支えない。その分例年より難しくなっている…といっても昨年までも、私も権兵衛氏もあまりまともに当てた記憶がないのですが。

JBCスプリント

<カスPの予想。ここからすべて、単勝人気とオッズは前日のもの>

問題はマテラスカイ。「東京盃」では圧倒的人気を背負いながら4着に敗れる大失態。落鉄もあったそうですが、プラス18キロという陣営の調整失敗が主因。地方よりスピード能力が重視される中央のダートでマテラスカイのスピード能力は圧倒的で、立て直しが成功したと信じていいのか?これまでハナに立って押し切っているのですが、今回レース前から陣営がハナを主張している馬がいる。ウインムート。マテラスカイに喧嘩を売ってでもハナを奪いにかかるか、ただ、プロキオンS(3着)では結局マテラスカイに終始ハナを奪われた形。元々逃げてなんぼという馬でないだけに、実際は番手狙いかも。

◎3枠5番 マテラスカイ(武/1番人気 2.4倍)

〇4枠7番 ウインムート(内田博/12番人気 66.8倍)

▲7枠13番 レッツゴードンキ(岩田/2番人気 5.7倍)

△3枠6番 グレイスフルリープ(ルメール/4番人気 7.9倍)

△1枠1番 ネロ(戸崎/9番人気 18.5倍)

✖6枠12番 ラブバレット(岩手・山本聡/14番人気 121.4倍)

ここはマテラスカイの復調を信じます。ウインムートは無理に競りかけず、番手を確保すると思います。ネロ、グレイスフルリープ、ラブバレットがその後で一団を形成。マテラスカイの速さについていけず先行勢が崩れ、レッツゴードンキやモーニンが台頭してくる可能性もありますが、直線が短く平坦な京都、先行勢が道中の位置そのままに雪崩れ込むと思います。ラブバレットは地方馬だけに余裕のないローテで上積み面でどうかですが、中央のダートで先行できるスピード能力はある。直線が短い分東京よりは歓迎できるコースのはず。

買い目は5を軸に三連複1、6、7、12、13に流して10点。

 

<逆神の権兵衛の予想>

元々地方コースより2秒程度時計が速い中央の馬場でマテラスカイら強力な逃げ馬居て高速決着必至の様相。かといって前が止まらない傾向の京都コースだけに取捨選択が難しい。

◎7枠13番 レッツゴードンキ
スプリント戦は芝のみも安定。ダートのスプリント戦初も却って向くかも。
○3枠5番 マテラスカイ
前走意外な敗戦も地方コース不向きと言い訳は立つ。プロキオンSの勝ちぶり見直す。 
▲2枠4番 キタサンミカヅキ(船橋・森泰/5番人気 12.7倍)
地の利あったにしても前走東京盃勝ちは評価できる。序盤ついて行ければ。
△3枠6番 グレイスフルリープ
前走東京盃不覚を取るもスプリント性能自体はある。休み明け2戦目の変わり身次第。
×7枠14番 モーニン(デムーロ弟/3番人気 7.0倍)
前走韓国のレースとはいえ時計自体は速い。素質は確かで真価を問われる一戦。

馬券は、
4、5、6、13、14
の3連複ボックス計10点で参ります。

 

<特殊生命体競馬ファンの予想>
◎マテラスカイ、○レッツゴードンキ、▲キタサンミカヅキ、△モーニン、☆ネロ、注ニシケンモノノフ(元道営なので応援の意味も込めて)

 

JBCクラシック

<カスPの予想>

 前が残るか崩れるか、それによって全然違ってくる。サンライズソアとケイティブレイブテイエムジンソクと3頭の逃げ馬がいますが、ケイティブレイブは番手に控えて結果を出せるようになった。となると残り2頭の争いか。先行争いが激しくなれば差し馬のオメガパフューム、サウンドトゥルーが有利に。

◎2枠4番 サンライズソア(ルメール/1番人気 3.6倍)

〇7枠14番 オメガパフューム(和田/2番人気 4.3倍)

▲4枠8番 ケイティブレイブ(福永/3番人気 4.5倍)

△6枠12番 アポロケンタッキー(デムーロ兄/5番人気 8.9倍)

△4枠7番 サウンドトゥルー(大野/7番人気 17.4倍)

✖5枠10番 テイエムジンソク(古川/6番人気 12.0倍)

堅いところで落ち着きましたが、問題は前が崩れたとき。というわけでサンライズソアの三連複流しに、オメガパフュームの馬連流しも。名古屋カツゲキキトキトは「帝王賞」で勝ち馬から1.4秒差7着。決してここで恥ずかしいレースをする馬ではないと思いますが、さすがにここまで使い詰めていて、上積みは求められない。それに地元名古屋とはまるで違う軽いダート。時計勝負になった場合はやはり厳しい。

買い目は4を軸に三連複7、8、10、12、14に流して10点。

更に馬連7、12、14の馬連ボックスで計13点。

 

<逆神の権兵衛の予想>

有力馬が揃った豪華な一戦。ただ上位陣に地方を主戦場にしている馬も多く、さて中央では?という点で検討すると比較が難しい。

◎4枠8番 ケイティブレイブ
今年のフェブラリーS大敗は不安も中距離戦崩れないのも確かで連複馬券の軸なら。
○7枠14番 オメガパフューム
JDD2着にシリウスS勝ちと勢いはコレ。ダートの先行で怖い和田も買いの理由。
▲2枠4番 サンライズソア
先行馬揃った今回どうか?も同じコースの平安S逃げ切ってるのも確か。軽視禁物。
△6枠12番 アポロケンタッキー
勝ちきれないが大体ソコソコには来るタイプ。距離問題なく紛れ込みに警戒。
×5枠9番 ノンコノユメ(内田博/4番人気 8.4倍)
昨年チャンピオンS9着と距離微妙も地方より中央のタイプでコース替わりで要警戒。
×1枠1番 センチュリオン(幸/8番人気 21.0倍)
ここ5戦中山と金沢で手堅い。鵜呑みには出来ないが初の京都をこなせばあるいは。

馬券は、
軸 8
相手1、4、9、12、14
の3連複1頭軸流し計10点で参ります。

 

<特殊生命体競馬ファンの予想>

ケイティブレイブ(鞍上が不安だが)、○オメガパフューム、▲アポロケンタッキー、△サンライズソア、☆ノンコノユメ、注シュテルングランツ(鞍上がマトバフミヲだから)

 

 JBCレディスクラシック

<カスPの予想>

 前哨戦「レディスプレリュード」では、2、3着が大波乱。牝馬限定の交流重賞で結果を出している馬が多数参戦だけに実力伯仲?こういうときは外国人騎手に頼るのがベターか。あと、地方と中央では馬場が違うだけに、交流重賞に実績なくても昇り馬には注意したいところ。

◎2枠3番 クイーンマンボ(ルメール/2番人気 3.7倍)

〇2枠4番 ラビットラン(デムーロ兄/1番人気 2.8倍)

▲1枠2番 フォンターナリーリ(デムーロ弟/4番人気 11.1倍)

△8枠15番 ファッショニスタ(大野/5番人気 12.9倍)

△5枠10番 プリンシアコメータ(武豊/3番人気 6.7倍)

✖5枠9番 サルサディオーネ(丸山/11番人気 54.3倍)

レディスプレリュード」で1番人気を裏切ったクイーンマンボの巻き返しに期待。同レースを勝ったプリンシアコメータですが、平安Sの結果が示すように京都の馬場はどうか?ただ、鞍上が武豊だけに切るとまた3着辺りに食い込んできそうで怖い。フォンターナリーリはオープンでは実績ありませんが(3.1.2.0)と京都は大の得意。

買い目は3を軸に三連複2、4、9、10、15に流して10点。

 

<逆神の権兵衛の予想>

牝馬限定でメンバーが手薄な感は否めないが、それだけに想定外の穴馬の突っ込みも目につき馬券の当て難さは半端ないって。

◎2枠3番 クイーンマンボ
牡馬相手に平安S2着と実績上位。当然コース実績あるわけで恰好はつけてほしい。
○2枠4番 ラビットラン
近2走重賞で3、1着と実力示す。位置取り自在なのも良く中央替りがどうかだけ。
▲5枠10番プリンシアコメータ
門別と大井で2、1着の近2走は評価も平安S11番着は不満で評価を下げる。
△1枠2番 フォンターナリーリ
前走門別での大敗は地方の馬場のせいか?2走前の東大路Sの時計速く中央戻り一変も。
×8枠16番 アンジュデジール(横山典/6番人気 14.4倍)
前走大井の負け不満も2走前牡馬相手で掲示板確保しておりこの1戦で見限りは早計か?

馬券は、
2、3、4、10、16
の3連複ボックス計10点で参ります。

 

<特殊生命体競馬ファンの予想>

◎ラビットラン、○プリンシアコメータ、▲クイーンマンボ、△フォンターナリーリ、☆ブランシェクール(頑張れ御神本)、注アイアンテーラー
【頑張れ!】ディアマルコ、ジュエルクイーン

 

f:id:KAS_P:20181104042953j:plain

シュン「ボス!こんな脅迫状が送られてきました!」

 

アルゼンチン共和国杯 頼むで なんやわからんけど このレース好きやわ

 

◎5枠6番 パフォーマプロミス(オドノヒュー/2番人気 5.0倍)

〇2枠2番 ノーブルマーズ(高倉/4番人気 6.8倍)

▲6枠7番 ムイトオブリガード(四位/1番人気 3.6倍)

△7枠10番 ウインテンダネス(松岡/5番人気 8.0倍)

✖1枠1番 エンジニア(北村宏/8番人気 18.1倍)

JBCクラシック」の裏開催の東京メイン。実績馬が揃っていますが、同じコースの目黒記念3着で、そのときと同じ斤量56のパフォーマプロミスを本命に。感冒京都大賞典をパスするという一頓挫あったもののしっかり乗り込まれ、影響は心配しないでよさそう。ノーブルマーズは目黒記念2着、宝塚記念3着で本来なら本命にしたいところですが、今回はまだ仕上がり途上。地力でどこまでといったところ。ただ斤量56は恵まれている。ムイトオブリガードは昇り馬なれど、オープンで実績ない。人気を背負っていますが、ここが試金石といった感じ。目黒記念勝ち馬ウィンテンダネスは前走逃げて失敗。目黒記念から斤量2キロプラスはそんなにマイナス要素ではないと思いますが、勝ったときの鞍上内田博が京都に。菱田→松岡と鞍上がコロコロ替わるのはどうか?脚質が一定していない馬だけに。エンジニアは新潟記念4着。相手は強化されますが、斤量は据え置き54ですし、ハンデ戦で恵まれたにせよ重賞でそれなりの実績をあげたのは素直に評価していいと思います。

買い目は三連複1、2、6、7、10のボックスで10点。

地方馬ファン投票とJBC2018

レース開始直後の光景を見て、

f:id:KAS_P:20181101021912j:plain

あ~あ~

あ~あ~

勝手にしやがれ

 

日曜日の競馬の結果

中央東京「天皇賞秋」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ

1着 4番レイデオロ(2番人気)カス◎/権○

2着 9番サングレイザー(4番人気)

3着 10番キセキ(6番人気)カス△

 

競馬というのはこういうこともあるのです。私はレイデオロ本命だったのですが、

「恒例の、切った人気馬とその理由(かなりの確率で突っ込んでくる)」

などと半分冗談めかして挙げたサングレイザーがしっかり連対するところがカスPクオリティ。そもそもヒモで買った4頭のうち2頭(マカヒキ、スワーヴリチャード)がゲートが開いた直後にガツン、では。

ルメールはおそらくジャパンカップ、このレイデオロかアーモンドアイか、どちらに乗るか究極の選択に迫られるわけで。まあ、選ばれなかった方も、モレイラと入れ替わりに日本に来たデムーロ弟か誰か、外国人騎手が乗ることになるでしょう。

 

そういえば2018年JBC2018を盛り上げる企画として、第一回地方馬ファン投票があり、1位は船橋ヒガシウィルウィン。総投票数の半分近くを集めました。かつては「東京ダービー」、「ジャパンダートダービー」を制する地方競馬希望の星でしたが、今では交流重賞でも掲示板が精一杯。それでもJBCに出れば結果はどうあれ、南関東競馬代表の面目は保ったはず。ところがJBCを回避して本日、大井のマイル重賞に出て2着。

ファン投票結果のこの馬のキャッチコピーが地方競馬の代表から、日本ダート界の代表へ」などと記されていました。一時期南関の一線級が、中央相手では敵わないと、レースで逃げるならともかく、レースから逃げ回っていた時期がありましたが、「日本ダート界の代表」がダート王者決定戦から逃げるのかよ!?。情けないにもほどがある。同じ佐藤賢二厩舎からはファン投票3位のキタサンミカヅキが「JBCスプリント」に出ますが、さすがに「東京盃」勝って回避するわけにはいかない。オーナーがオーナーだけに。

代わりに「JBCクラシック」に挑むのは、ファン投票2位だった名古屋カツゲキキトキト。正直この馬はJBCには行かないと思っていた。「白山大賞典」から地元の「名古屋GP」直行を疑っていませんでした。途中で挟むとすれば連覇している地元「東海菊花賞」ですが、今年はそれすら「名古屋GP」行くなら出してはいけないと思ったほど。こちらのキャッチフレーズは「一生懸命頑張る姿に何度心を打たれたか」。私からすれば、今年は頑張り過ぎだろ!?白山大賞典」でさえ使いすぎを嫌って予想で印から外したのに(結果馬券をハズしてしまいましたが)、更にここからJBCに挑むのはかなりキツイ。無事に完走できれば。

4位船橋リッカルドは「帝王賞」4着だったのですが、こちらも選んだのはJBCではなくヒガシウィルウィンと同じ大井のマイル戦。しかも1番人気で4着。ただ、この馬は今年1月までは中央で走っていた馬なので、ヒガシウィルウィンほど、逃げたからどうこうという怒りは湧いてこない。

5位が岩手ラブバレットリッカルドより下なのは、南関とそれ以外の競馬人口の差か?こちらはJBCスプリントに挑みます。「笠松グランプリ」3連覇ですが、賞金1000万円と4連覇を捨ててここに挑むなら俄然応援したくなる…けど「笠松グランプリ」も来るんだろうな。中央東京の根岸Sに2年連続挑んで10着、9着なのですが、道中先行するだけのスピードは見せた。東京の直線が501メートルなのに対し、京都は329メートル。相手は当然厳しいのですが、粘って残れないか?

12位の高知ディアマルコが今年も「レディスクラシック」に挑みますが、昨年は14着。今年も前哨戦の「レディスプレリュード」は8着で苦戦は必至。とはいえ今年も佐賀、園田、名古屋と牝馬限定とはいえ地方馬だけの重賞では勝っている。西日本の最強牝馬であることに疑いはない。中央というより東西の壁が厚いのか?それでも日本全国駆け巡り、南関の交流重賞で惨敗こいてもチャレンジし続ける(出走手当目当てではなく)姿勢は讃えたい。

 

あと…ファン投票で49位まで発表されていたのですが、笠松の馬が一頭もいない。数年に一頭、全国レベルの強豪馬を出す笠松ですが、ラブミーチャン引退後はこれといった馬が現れず。ファン投票7位だった名古屋サムライドライブを「東海ダービー」で破ったビップレイジングが、以降結果を出していれば…寂しい限り。