粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

権兵衛サンタ「逆神の権兵衛賞」発表

ご無沙汰しております。今年に入ってからまったく更新ができない状況が続いていました。それに間が空くとこれはこれで更新が億劫になる。キーを叩きはじめるとそれなりに文章が出てくるのですが、そこに至るまでが…。

更新が途絶えた理由のひとつに、今年に入ってから殆ど馬券を買っていないというのもあります。ここに予想を挙げた名古屋の「新春ペガサスカップ」と笠松「白銀争覇」しか馬券は買っておらず、しかもともにハズレ。中央は今年に入ってまったく買っていません。昨年の暮れはまったく当たらず、大晦日笠松「東海ゴールドカップ」もケンを決め込みました。ツキが回って来るのを待っているというのもあるのですが、そろそろ当たってくれるのでは、と観測気球を上げるつもりで予想した「白銀争覇」もてんで見当外れ。「冬眠」を延長して、1月29日の「川崎記念」まではこのままおとなしくしていようかと。

ただ、馬券は買わなくても中央や東海公営のレースは目を通しています。名古屋の「マイル争覇」はサムライドライブが強い勝ち方をしましたが、2着馬、3着馬は「名古屋記念」で結果を出せなかった馬。それが2週間足らずの間隔で出走し、同じ先行策で残ったのだから、勝ったサムライドライブも含めて展開に恵まれたと言えなくもない。サムライドライブは一時は好位からでもレースができると思ったのですが、やっぱりハナに立てないと脆いようで、前走(3着)、前々走(6着)ともに道中2番手だった。前々走「マイル争覇」の勝ち馬ケイマ(高知)のように、テンから速い馬がいると厳しい。それに、これは秋頃から感じていたのですが、かつては東海公営で猛威をふるっていた兵庫勢の不振が顕著。「マイル争覇」でも1番人気のエイシンデジタルが4着に沈んだ。

一方で競馬ビギナーだった頃の初心に帰るため、競馬のテキスト本を読み返しています。するとブログで使っている用語が、正しい使い方とずれていたりすることがわかったりする。例えば「根幹距離」という言葉、私は馬が走るのに最も適した距離として用いていたのですが、実際は1200、1600、2000、2400メートルのことを指す。この「根幹距離」のGⅠをどれだけ幅広く制するかが、種牡馬としての価値判断のひとつとなり、かつて松田国英師が一頭の馬による1600メートルのNHKマイルCと、2400メートルの日本ダービーの両制覇に熱を入れたのは、偉大な種牡馬を世に出すという、本来の調教師の枠を超えたところでも功績をあげたかったからです。実際両方を制したキングカメハメハは偉大な種牡馬になりました。

 

閑話休題

「権兵衛サンタ」の賞品はモリアテ教授の許に送ったのですが、アイマスの薄い本を2冊ほど混ぜたので、それで夫婦仲がこじれていなければよいかと…

f:id:KAS_P:20200119030029p:plain

 

昨年暮れの「権兵衛サンタ」の「逆神の権兵衛賞」は、

「本命(リスグラシュー)の

単勝勝負で行っていれば…の

sajiten様を指名します」

f:id:KAS_P:20200119023235j:plain

ちなみに真ん中にあるのは、

南蔵院(住職がジャンボ宝くじで1億円超を当てたことで有名)の金運お守り等
(ご利益があるかは個人の判断にお任せしますが、私も何回か参拝してます。)」

(権兵衛氏談)。

f:id:KAS_P:20200119023416j:plain

この怪しいクリーチャーは、笠松町とともに笠松競馬を主催する岐南町ゆるキャラ、確か名前はネギっちょだったと思う。

sajitenさんはトップページのメールアドレスに、賞品の送り先をお知らせください。

 

次にカスP賞は、アーモンドアイを切ってトリガミながらワイドを的中させた氷あんずさんというのは先に述べたのですが…

f:id:KAS_P:20200119024728j:plain

この同人誌(?)だけというのは如何せんあんまりだと思い直し、

f:id:KAS_P:20200119024851j:plain

f:id:KAS_P:20200119024915j:plain

イヤリングは一時期笠松に滞在騎乗していた大井の高橋昭平騎手の勝負服をデザインしたもの…って、佐藤友則の勝負服と似ているような気がしないでもない。

今回は権兵衛氏より頂いた賞品をsajitenさんと氷あんずさんに分け、それぞれに私からの賞品も加えました。

今年は春に、今月1月15日から再開した

姫路競馬場に行って参ります。

そこで「兵庫GT」の恨みをはらすべく吉村を思い切り罵倒する…もとい、グッズを調達するつもりですが、姫路競馬場グッズなんてあるのだろうか…?

 

昨年はまともにコメントの返信さえできず、今年も思い切り出遅れた次第。何とか先頭集団から振り落とされずついていき、直線失速せずにゴールを迎えたいと思います。競馬以外のネタも増やすつもりですが、興味のあるネタだけ読んで頂いて結構です。

それでは遅ればせながら、今年一年どうか宜しくお願いします。

笠松競馬「白銀争覇」予想

f:id:KAS_P:20200109041848j:plain

ライデンリーダー記念」当日の最終R。復活の東川ジュニア慎。

 

今年の笠松競馬最初の重賞「白銀争覇」の予想を。1400メートル。第10R。15:40発走。

時期的な問題もあるのか、毎年他地区の馬の草刈り場となるレース。昨年は地元ストーミーワンダーが勝ちましたが、今年も他地区馬優勢。とはいえその他地区馬も、抜けた存在はいない。兵庫エイシンエンジョイは「笠松グランプリ」で大敗。前走は強いケイマの後を追い、この馬のペースでレースを運べなかったし、今回はだいぶ相手が緩和された。年夏、同じ笠松1400メートルの「サマーカップ」を勝っている。とはいえどうもここ最近の兵庫の人馬は信用できない。

というわけで…

◎4枠4番 トウショウデュエル(金沢・筒井)

〇3枠3番 エイシンエンジョイ(兵庫・鴨宮)

▲5枠5番 ストロベリーキング(渡邊)

△2枠2番 メモリートニック(名古屋・友森)

△7枠8番 スターレーン(兵庫・中島)

△9枠10番 ミキノグランプリ(金沢・宮下)

 

とにかく逃げ馬が多い。こうなるとスピード勝負になり、よっぽどハナに拘る陣営がなければ能力でエイシンエンジョイだと思うのですが、強引にハナを奪いにかかるようなことをにおわせる陣営もあり、何ともいえない。その中で比較的落ち着いた位置から抜け出しができそうなのが金沢のトウショウデュエル。この馬を本命に。早いうちに笠松に来て、追い切りも筒井を背に笠松で。中央1000万で壁にぶつかって都落ちしてきた感がありますが、このメンバーならそれで足りそう。中央時代は短距離で使われていて、1400メートルは合うはず。何より母父ダイタクヘリオスというのがそそる。

残り4頭は横一線ですが、気になるのはストロベリーキング。この馬だけが典型的差し馬。極端な前崩れはないと思いますが、砂の補充で馬場が幾らか重くなったこともあり、出番はあってもおかしくないと思います。

買い目は4を軸に三連複2、3、5、8、10に流して10点。

「ライデンリーダー記念」当日の様子

12月30日の競馬の結果

笠松競馬「ライデンリーダー記念」…ハズレ

1着 5番ニュータウンガール(1番人気)◎

2着 10番ビックバレリーナ(3番人気)〇

3着 7番ボルドーブリュネ(9番人気)

勝ちタイム 1:39:8(不良)/昨年の勝ちタイム 1:42:0(エムエスクイーン・稍重)

コースレコード 1:38:4

 

1月1日の競馬の結果

名古屋競馬「新春ペガサスカップ」…ハズレ

1着 7番エムエスオープン(2番人気)〇

2着 5番インザフューチャー(1番人気)◎

3着 1番ユーセイシューター(7番人気)

勝ちタイム 1:45:6(重)/昨年の勝ちタイム 1:44:8(アンタエウス・良)

コースレコード 1:38:6

 

ライデンリーダー記念当日、柴山雄一騎手(笠松JRA)のトークショーがありました。

f:id:KAS_P:20200106031500j:plain

f:id:KAS_P:20200106031510j:plain

f:id:KAS_P:20200106031522j:plain

f:id:KAS_P:20200106031539j:plain

どこかのアンカツ同様、限りなくいい加減な予想でしたが、私が密かに期待していたキセキタイムを指名。理由は基本「なんとなく」でしたが、鞍上の森島に対するエールも含まれていました。柴山曰く、乗っている騎手を応援する気持ちで馬券を買うことが多く、大概は当たらないと。

よくわかる。わかります。私も同じです。

森島貴之←結局殿負け

渡邊竜也

水野翔

特に二番目、三番目は

買うと来ないし買わないと突っ込んで来る。


若騎手二人のおかげ?マックル倶楽部に女子メンバーが!?

 

f:id:KAS_P:20200106032322j:plain

それにしてもこの長谷川満氏、進行が上手い。柴山は決して饒舌ではなく、アンカツのように特別いじり易いキャラでもない。それでもトークを面白い方向へと導いて行く。

ただ、そんな長谷川氏をして容易にペースを握らせない強敵コンビがいました。今年の夏。

f:id:KAS_P:20190815031115j:plain

f:id:KAS_P:20190815030737j:plain

f:id:KAS_P:20200106034738j:plain

f:id:KAS_P:20200106034755j:plain

実はこのふたり、揃ってトークショーに出演したのは初めてらしい。確かに片方ひとりでも苦労すること必至の取扱い危険物なのに、ふたり揃えばもう止まらない暴走機関車。納得。

f:id:KAS_P:20200106035715j:plain

閑話休題。「ライデンリーダー記念」勝ち馬のニュータウンガールと鞍上向山牧。勝って順当な相手関係でしたが、この馬の強みは必ずしもハナで押し切らなくても好位追走から抜け出せること。その点、「新春ペガサスカップ」で中団追走から差し切ったエムエスオープンは勝ったこと以上に大きな収穫を得たし、逃げ切れなかったインザフューチャーは逃げ一辺倒の限界を露呈してしまいました。

f:id:KAS_P:20200106035913j:plain

f:id:KAS_P:20200106035923j:plain

プレゼンターの柴山から花束贈呈。 

名古屋競馬「新春ペガサスカップ」予想

名古屋競馬「新春ペガサスカップ」の予想を。1600メートル。第10R。15:50発走。

去年まで1月半ばだったのが、元旦にシフト。今年最初の3歳重賞。比較的荒れるレースで、何か人気薄の馬が絡んでくる。その割に配当は爆発しないというハイリスクローリターンっぽいレースなのですが、過去5年の成績を見ると、1~3着に入線している馬は、昨年3着のリードメロディーが「ライデンリーダー記念」3着だったことを除き、クラスは何であれ必ず勝っているか2着に連対している。前走大敗馬の巻き返しはここ5年に限っては皆無。特に穴馬探しのときは、クラスは低くても勝っているか2着の馬を選ぶのが良いでしょう。というわけで水野、今回はおとなしくしていろ!

 

◎5枠5番 インザフューチャー(戸部)

〇6枠7番 エムエスオープン(丸野)

▲6枠8番 カナグランプリ(加藤聡)

△7枠9番 メモリーソウル(友森)

△8枠12番 ツナグ(岡部)

✖7枠10番 バットウタイ(山田)

 

インザフューチャーとエムエスオープンの一騎打ちの様相ですが、インザフューチャーはこれまで逃げ一辺倒でデビューから3連勝。ただ、別の馬に先手を奪われたときにどうか?一方エムエスオープンはゲート難があり、一度はそれで除外までされている。ただ、ハナに固執しなくてもよく、多少は出脚が悪くても格好はつけられる。大きな出遅れさえなければ。

カナグランプリは前走5着。近年の傾向からは外れますが、中間の動きが良い。認定戦でも結果を出していて、実力的には見劣りしない。

モリーソウルはこれまで強豪とやりあって、2走前以外は格好をつけている。ツナグ、バットウタイもそうなのですが、できれば時計がかかるレースであって欲しい。ちなみに24日に馬場の整備を行って、前開催よりは時計を要するかもしれません。本命対抗が抜け出して、先団の後続馬たちがついて行けずに脱落したら、出番もある。他力本願ですが、強い馬がいるレースというのは、その馬を意識してもしょうがないポジションにある馬が最後の土壇場で大駆けすることがままあります。

買い目は5を軸に三連複7、8、9、10、12に流して10点。

「粕本集呆の馬事放言」トップページ

このページは常にトップにあります。

f:id:KAS_P:20190422015123j:plain

カスP権兵衛GⅠ予想対決

絶惨開催中

 

 ここは荒尾競馬ファン残党兼笠松競馬ファンニコマスP(ゲーム「アイドルマスター」のファンによる二次創作動画作者)であるカスPこと粕本集呆のブログです。2009年1月よりLivedoorにてブログ「粕本集呆の辛口一献」を続けてきましたが、諸事情ありまして2016年7月より、ここ「粕本集呆の馬事放言」に活動の場を移しました(「粕本集呆の辛口一献」は近日中に閉鎖予定です)。

内容は前のブログ同様、中央競馬地方競馬(特に笠松競馬イチ推し)の話題並びに予想が中心となりますが、ニコマス紹介並びにP活動も近日再開予定です。その他ゲームのレビューや音楽、歴史ネタも折に触れて。

カスPはツイッターFACEBOOK、LINE等のSNSは一切登録しておらず、今後も登録予定はありません。従ってブログに対するご意見や質問、その他ご用件のある方はお手数ではありますが、当トップページのコメント欄もしくは以下メールアドレスにご連絡お願いします。

メールアドレス:chihaya_full_flat(アットマーク)yahoo.co.jp 

ゲーム「アイドルマスター」と笠松競馬(岐阜県地方競馬組合)は一切関係ありません。あくまで両方のファンであるカスPがブログ並びにニコマス動画でネタとして絡めているだけです。また、カスPはこのブログを通じての商業的広告活動は一切行っておりませんし、お誘いもすべて断っております。あくまでいちアイマスファン並びに競馬ファンの、個人的趣味の範囲内のブログであることをどうかご了承ください。

―ブログにコメントを書き込む方へ―

当ブログのコメントは認証制ではなく、誰でも書き込めば即反映するようにしてあります。それでも一部読者の方に、記事にコメントを書き込めないケースがあったそうです。その場合、当該記事のタイトルをクリックし、独立して記事のページだけを表示させて、そこに再度コメントを書き込めば反映されるということでしたので、もし書き込みが反映しなかった場合、記事のページを独立させて再度書き込みをお願いします。

笠松競馬「ライデンリーダー記念」予想

日曜日の競馬の結果

大井競馬「東京大賞典」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ

1着 9番オメガパフューム(2番人気)カス▲ 権▲

2着 10番ノンコノユメ(5番人気)カス△ 権✖

3着 5番フジアナフレイバー(4番人気)カス✖ 権✖

 

f:id:KAS_P:20191230024407p:plain

今年も全然当たりませんでしたね。

怖いですねぇ、恐ろしいですねぇ。

それでは来年をご期待ください。

サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ。

f:id:KAS_P:20191230033629j:plain

明日の毎日競馬劇場は

「ちっとも当たらずバタリアン

 

というわけで笠松競馬「ライデンリーダー記念」の予想を。2歳牝馬重賞。1600メートル。第11R。15:35発走。

この辺りから「東海ダービー」をクライマックスとした半年間にわたる2020年の東海公営クラシックを意識した争いに。牡馬は元旦名古屋の「新春ペガサスカップ」、牝馬はこの「ライデンリーダー記念」に分類されたような感じ。

一頭抜けている馬がいて、あとは混戦模様。自滅でもしない限りはニュータウンガールでしょう。ただ、次は難しい。

◎5枠5番 ニュータウンガール(向山)

〇8枠10番 ビックバレリーナ(名古屋・大畑)

▲2枠2番 ルミナスアロー(名古屋・岡部)

△7枠8番 キセキタイム(森島)

△4枠4番 ローズレイジング(渡邊)

△8枠9番 タイムオブサーバー(名古屋・村上)

 

本命はニュータウンガール。中間の動きもよし。この馬を本命から降ろす理由が見当たらない。ここでコケたら事故だと思って諦めるしかない。

正直名古屋の馬は笠松初参戦だけに、コース適性は蓋を開けてみないとわかりませんが、素直に実績だけ見れば、認定戦で安定して結果を出しているビックバレリーナでしょう。ルミナスアローはホッカイドウのOPで結構走った馬—とはいえ1000メートルばっかりなのが気にならなくもないが―。ただ、1400メートル戦の名古屋移籍初戦が今ひとつ。これをどう捉えるか。鞍上は岡部と魅力的ですし、血統的にもマイルなら問題ないはず。

△以降は混戦で、印を打たなかった馬でも実力差はそれほどない。ホッカイドウでは振るわなくても、笠松に来て力をつけはじめたキセキタイム。相手強化のここは力試しですが、伸びているだけに楽しみはある。安定感に欠けるがもうちょっと目立っていいローズレイジング、タイムオブサーバーは先行して粘りがあるだけに、笠松でも粘りを発揮できれば。

 

買い目は5を軸に三連複2、4、8、9、10に流して10点。

大井競馬「東京大賞典」(交流GⅠ)予想

土曜日の競馬の結果

中央中山「ホープフルステークス」…カスP 三連複580円的中(14点) 逆神の権兵衛 三連複580円的中(10点)

1着 2番コントレイル(2番人気)カス〇 権◎

2着 5番ヴェルトライゼンデ(3番人気)カス△ 権×

3着 7番ワークプア(1番人気)カス◎ 権×

 

ホープフルステークス

 ↓

ホープレスステークス

 ↓

f:id:KAS_P:20191229035014p:plain

ホームレスステークス

そんな気持ちにさせるお寒い12月の競馬で御座いました。

気持ちを切り替えて、

f:id:KAS_P:20191222050945p:plain

カスP権兵衛令和元年最後の戦い、東京大賞典の予想を。2000メートル。第10R。15:40発走。

ゴールドドリーム-オメガパフュームの1、2着固定で3着を適当に流せば…と思わなくもないのですが、オメガパフュームの方がチャンピオンズカップで6着とちょっと怪しい。6着でも僅差ならともかく0.7秒差。同じ舞台の「帝王賞」を勝っているし、昨年のこのレースではゴールドドリームを負かせた。2000メートルという距離ならゴールドドリームより実績あるのですが。昨年のチャンピオンズカップは1.0秒差5着だったから、直線坂があるコースは不得手で、気にするほどのことでもないのかもしれません。ただ、鞍上が今年一年いまひとつ振るわなかった。ゴールドドリームルメールも前半期こそ猛威を振るいましたが後半は脚色が鈍った。通年JRAで乗れるようになると、他の日本人騎手同様ハングリーさを失うのか。

それに引き換え、今勢いがあるのが御神本。彼なら負けても西日が云々などとおかしな言い訳はしないはず。

 

◎6枠12番 ゴールドドリーム(JRAルメール)

〇2枠2番 ケイティブレイブ(JRA・御神本)

▲6枠9番 オメガパフューム(JRAデムーロ)

△7枠10番 ノンコノユメ(真島)

△5枠7番 ロンドンタウン(JRA・岩田康)

△8枠13番 ロードゴラッソ(JRA・川田)

✖4枠5番 モジアナフレイバー(繁田)

 

ゴールド-オメガで流してもあまり配当に妙味がない。ここは御神本を信じます。南関のトップ騎手なら、どこぞの尼崎のトップ騎手と違って、大舞台で中央馬の手綱を任されて期待に応えてくれるはず。

三連複2頭軸2-12-5、7、9、10、13

三連単2→12→5、7、9、10、13

の計10点でいきます。長期休養明けで追い切りも冴えず、陣営はすっかり弱気だった「浦和記念」での圧勝劇。相手が大したことなかったにせよ、印象に残りました。今回上積みがあるはず。

 

<逆神の権兵衛の予想>

クリソベリルがいないものの中央・地方のトップクラスが揃った年末の大一番。実力接近した馬多く、交流G1にしては馬券的難易度は高め。

◎8枠12番 ゴールドドリーム
昨年2着等G1戦線上位常連。勝ちきれぬ面あるものの連複馬券の軸に最適。
〇2枠2番 ケイティブレイブ
昨年3着。長期休養明けの前走浦和記念の勝ち時計がJBCより上で当然上位争い。
▲6枠9番 オメガパフューム
前走チャンピオンズC着外も地方コースなら話は違う。帝王賞勝ちあり上位必至。

これに、大井転厩後常に上位争いしている
×7枠10番 ノンコノユメ
帝王賞マイルCS南部杯掲示板確保の
×4枠5番 モジアナフレイバー
×5枠7番 ロンドンタウン
を一角崩し候補に加え、馬券は、 
1、2頭目、2、9、12
3頭目 5、7、10
の3連複フォーメーション計9点と、
2、9、12
3連単ボックス計6点、合計15点で参ります。