読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

日曜函館メイン「函館2歳S」(2歳GⅢ)予想

 

 

f:id:KAS_P:20160724023800p:plain

今や世界中を巻き込み、まさかの朝日新聞1面の「ポケモンGO」ですが、私は笠松競馬の塚本幸典先生の格言、

f:id:KAS_P:20160724024630j:plain

 ゲームはゲーム機で遊ぶもの。

 に忠実に従い、7月21日発売の「YsⅧ ラクリモサ・オブ・ダーナ」を買ってプレイしております。ちなみに3DSの「ショベルナイト」は血の涙を流しながら何とかクリア。

f:id:KAS_P:20160724024904j:plain

とはいえ、オッサンであるからこそ、世の流行りに背を向けてばかりはいられない。話題を作るために、こういったこともやらなければならない、と勤務中職場でポケモンを探していた上司に倣い、私もダウンロードしてちょっとだけプレイ。最初1匹捕まえると、晴れてデビューということで、英数字で名前を登録しなくてはならないのですが、「hentaigentle」とか「bukkakejapan」とか登録したらダメといわれた。「kinghalo(キングヘイロー)」もダメだといわれたので、既に誰かが用いている名前は使えないということなんでしょう。でも「hentaigentle」とか「bukkakejapan」とか、既に誰か使っているの?NGワードがあるみたい。

 

さて競馬予想を。最初の2歳重賞である函館2歳ステークスですが、血統的に顕著な傾向がみられる。

父は早熟血統、母父は短距離血統。

特注は父キンシャサノキセキ。産駒は決して2歳までというわけではないのですが、2歳重賞で圧倒的なのは事実。同産駒は今回3頭いますが、注目はモンドキャンノ。母父はサクラバクシンオーと、血統的には文句なし。ただ、3枠は過去10年(札幌開催の2009年を除く)で勝っていない。函館芝1200メートルは外枠有利の傾向があり、このレースも勝ち馬が外枠に偏っている。ただ、3枠は決して振るわないわけではなく、外枠に較べれば若干…という程度で、能力で充分カバーできると思います。

あと、個人的見解ですが、函館は洋芝のうえ、開催後半は時計がかかってくる。パワーのあるダート血統もいけるのでは?と思います。キンシャサノキセキはその点でもダートに強く、芝なら重い方を得意とする。というわけでモンドキャンノ本命でいいでしょう。

 

対抗は、新馬戦でそのモンドキャンノに0.2秒差2着のドゥモワゼル。父ショウナンカンプは早熟血統。母父ジェニュインはマイルCSを勝っている。皐月賞も勝っていたりダービー2着だったりで、短距離血統とは言えないまでも、安田記念2着もあり、マイラーの範疇に入れていい。モンドキャンノには敗れましたが、続く未勝利戦は2着馬に0.7秒差と圧勝。鞍上は函館リーディングを狙う池添。外枠なのも買い材料

 

単穴レヴァンテライオン。意外と言っちゃ何ですが2番人気。父がパイオニアオブザナイル。昨年の米三冠馬アメリカンファラオの父。ヘンな名前ですが、「ファラオ」は言うまでもなく父の「ナイル」からの連想でしょう。そういうわけで父に大きな箔がつき、レヴァンテライオンも初戦勝ったことで期待も高まったか。2着馬も次のレースで勝ち上がっている。お世辞にもスマートな勝ちっぷりではなかったのですが、進路が開けてからの弾けっぷりがこの馬の競走能力の高さを表している。血統的に芝向きかどうかは微妙でも、今の函館の芝なら問題なく適合するのでは?ちなみに「レヴァンテ」は調べてみたら地中海西部に吹きつける東風のこと。ライオン=スフィンクスで何かしらエジプトを連想させる名前かと思ったのですが、そうではなさそう。

 

あと注意する馬にザべストエバー。これもキンシャサノキセキ産駒。ただ、母父ワイルドアゲインが微妙。ワイルドラッシュワイルドアゲインの後継種牡馬なのですが、種牡馬としてはダート専用。それにデビュー戦が1000メートルなので、あまり参考にならないのですが、それほど人気もしていないようなので、穴馬として面白い存在。鞍上石川も面白い。隣の枠の、レース後腹いせに鞭で馬の顔をひっぱたくようなバカボンよりはよっぽど見込みがある。ただ、2枠はここ10年連対率0パーセント。無難な騎乗だと厳しいかもしれない。裏目に出ることも覚悟で積極的な騎乗をして欲しい。ファンはちゃんと見ているもので、結果大負けでも勝負に出たということが伝われば責めたりはしないものです。

 

ラーナアズーラは父パイロ。早熟血統でもないしどちらかといえばダート向きですが、短距離なら芝もこなせる。追い切りの動きが良かった。2歳牝馬は、追い切りの動きと実戦が直結するパターンが多い。課題はフルゲートの大外。でも前走の勝ち方から、控えて外から末脚を伸ばす競馬もできそう。人気の柴山はアレですが、人気のない柴山なら。

 

穴馬指名にタイムトリップ。追い切りの動きが良かった。ただ、血統が……それに道営勢を除けばメンバー中唯一函館以外の競馬場(福島)で勝ち上がった馬で、人気のなさはその辺りも関係しているのか?丸山は先週3勝。今日はうーんな感じですが、2013年、クリスマス(馬名。7月2日に1600万条件を勝利)でこのレースを勝っている。あのときは1番人気に応えたけれど、今回は人気薄であっと言わせてくれないか?

 

◎3枠6番 モンドキャンノ(戸崎/1番人気 2.3倍)

〇7枠14番 ドゥモワゼル(池添/3番人気 9.2倍)

▲6枠12番 レヴァンテライオン(三浦/2番人気 8.2倍)

△2枠3番 ザベストエバー(石川/9番人気 20.1倍)

△8枠16番 ラーナアズーラ(柴山/10番人気 21.7倍)

×3枠5番 タイムトリップ(丸山/13番人気 57.4倍)

(単勝人気とオッズは前日のもの)

 

買い目は6を軸に三連複3、5、12、14、16に流して10点。

それからワイド14-3、5、6、12、16で計15点。