読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

笠松競馬「くろゆり賞」予想

f:id:KAS_P:20160812015112j:plain

先日、「郡上踊り」を見るべく郡上八幡に行ってきました。当日、室町時代の高名な連歌師飯尾宗祇ゆかりの「宗祇水」へと通じる石畳に面し、七夕の笹が備え付けられ、短冊とペンが用意されていました。自由に短冊を書くことができ、

f:id:KAS_P:20160812015736j:plain

お約束というか、こういう欲望ジャイアントサイズもあったりするのですが、

f:id:KAS_P:20160812020016j:plain

私は謙虚なので願い事も控え目です。

f:id:KAS_P:20160812020048j:plain

 …脚が一本多い。

馬っ気が出ているぞ。

 

笠松競馬「くろゆり賞」の予想を。1600メートル。第10R。16:10発走。

SP1(東海公営重賞で一番格上)で兵庫1頭、名古屋3頭を地元笠松勢が6頭迎え撃つ構図。メンバーを大きく4つに分けると…

1600はちょっと短いかも―バズーカ、ヴェリイブライト、クワイアーソウル

1600はちょうどベストかも―アップアンカー、アラートミノル、アロマヴェール

1600はちょっと長いかも―ビービーガザリアス、ホッコージョイフル、サルバドールハクイ

距離関係なく今の状況では厳しい―コスモフィナンシェ

となると「1600はちょうどベストかも」組で固めれば…と思われますが、力関係からすればアラートミノル、アロマヴェールは他と較べ少しばかり見劣る。とはいえ他馬の距離適性は、こなせるけれどベストではない、といった感じで、何が沈んで何が突っ込んできてもおかしくはない難解なレース。

 

本命は名古屋アップアンカー。鞍上岡部誠………そういえばそんな騎手、遠い昔にいたような。私はそのまま韓国の土になるのだと思っていましたよ。昨年覇者ですが、昨年は「名港盃」勝ちを経て、破竹の勢いでここに臨んできた。今年は昨年ほどにはないのですが、暑くなると調子が良くなる馬なのか、「名港盃」こそパスしましたが、ここ2走上向いてきた。中間もクソ暑い夏の盛りとは思えないほどに積極的な調整。これでしゃきしゃき動くのだから、期待してもいいでしょう。ただ、原口厩舎の馬は度々期待させておいて理解不能な負け方をする。今回期待通りに能力を発揮してくれればよいのですが。2014年暮れから名古屋に在籍していますが、岡部は初めての騎乗。昨年は佐藤友則が鞍上。主戦の安部幸夫は調教師転身で先月限りで引退。

 

対抗ホッコージョイフル。前走「サマーカップ」2着。この馬には1400からの1ハロン延長は、A2クラスだったら何の問題もないけれど、いざ重賞となるとちょっと長いような気もしないではない。ただ幸いというべきか、「1600メートルは最も得意な距離」と陣営が断言できるような馬があまりいない。「サマーカップ」は1400メートルですが、同じ夏場の笠松というところもあるのか、結構成績がここに反映してくる。距離延長はそんなにナーバスにならなくてもいいか。

 

単穴サルバドールハクイ。「サマーカップ」3着で前走は金沢「スプリントカップ」3着。同レースではホッコージョイフルと互角としながらも、こちらを強く推し、結局三連単を獲り損ねた。ホッコージョイフル同様、距離的にちょっと不安はあります。まあ中央在籍時は1600メートルで掲示板に載ったこともあるし、笠松の移籍初戦は1600メートルで勝利。こなせるとは思うし、良くも悪くも相手なりな面があるので、勝ちきるまではどうかですが、3着以内なら充分圏内。

 

注意する馬は兵庫バズーカ。東海公営ファンからすれば許すまじ存在ですが、心情と馬券は別。とはいえ馬券的にも今回はどうかと思うのです。昨年ほどの勢いはなく、特に前走「名港盃」は鞍上板野が出遅れを取り返すのに焦り、無理に前に出て失速というちぐはぐな競馬で5着。レース振りがレース振りなので度外視していいかもしれませんが、2走前の地元A1クラスでも直線失速し5着になっている。今回鞍上吉原で一変あるかもしれないし、東海の重賞では兵庫の馬はマーク必至なのですが、追い切りもここ2走を反映しているような気がして、背負うだろう人気ほどには信用しない方がいいかもしれません。

 

穴馬指名にクワイアーソウル。「オグリキャップ記念」は他地区の馬と明らかな力量差を見せつけられたのですが、東海限定ならと思いきや、「名港盃」でも6着。同じ名古屋1900メートルの「東海菊花賞」での2着入線した頃は、これからの重賞戦線の主役級と期待していたのですが、当初の期待に反してだんだんと小粒となりつつある。1600メートルで新味が出るかどうか、微妙ではあるのですが、大外枠は却って好都合かもしれません。ここで一撃決めるだけの素質はあるはず。見限らずにまだ追いかけます。

 

◎2枠2番 アップアンカー(名古屋・岡部)

〇6枠6番 ホッコージョイフル(吉井)

▲7枠8番 サルバドールハクイ(東川)

△1枠1番 バズーカ(兵庫・吉原)

×8枠10番 クワイアーソウル(佐藤)

 

買い目は2を軸に三連複1、6、8、10に流して6点。

馬連6-1、2、8。馬単2、6←→10で計13点