読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

粕本集呆は競馬評論家ではなくエロゲ評論家だったりする。

いきなりですが、私、粕本集呆は…

f:id:KAS_P:20160827004336j:plain

このお方とは

何の関係も

ございません。

どうも未だ間違えられている節がある。

以前、前のブログ(粕本集呆の辛口一献)で小島貞博調教師の訃報について述べたとき、記事の反響が自分でも驚くほど大きく、競馬関連の掲示板等で柏木氏と間違えている方が結構おられた。それから「よく見たら別人じゃん」的なオチがついていたのですが、中には「競馬評論家の粕本集呆氏」とはっきり記され、柏木氏と間違えているのか、粕本集呆という競馬評論家が別にいると思われているのか判別しかねるものもありました。某大手競馬サイトで予想記事を連載をしておられるライターで、明らかに私同様、柏木氏の名前をモジっているだろうという方がおられますが、向こうはプロ。あたしゃ一介のブロガーです。

f:id:KAS_P:20160827010125j:plain

f:id:KAS_P:20160827010157j:plain

とはいえ、小島師の訃報について述べた記事をきっかけに、ある方の知遇を得た。上のムック本は16年前、2000年発行のものですが、そこでまだ当時現役騎手だった小島師について記した元競馬ライター(現在は競馬に関しては休業中で専ら歴史ライター)のshugoro氏。「サラブレッド99頭の死に方」等、数多の競馬関係の書籍の編集や執筆に携わっており、井崎脩五郎氏とは別人ですが、当人から名乗ることを許されています(当然仕事では本名や別の筆名)。一方私は当人に会ったらぶん殴られること必定。でも日陰者なのが幸いしてか、まだクレームは来ていません。

 

そんな柏木集保氏のニセモノですが、最近ネタに困っております。名古屋競馬場に決別宣言したことで、それ自体は後悔していないのですが、応援する競馬場が笠松だけになってしまい、ネタが枯渇気味。前の「辛口一献」が一番盛り上がっていた頃は、荒尾、福山、名古屋、笠松と4つの競馬場を応援していたのですが、前者2場はもう存在しない。金沢、園田は本腰入れて応援するには、ちょっと好きでないところがある(別に園田はバズーカが原因ではない)。ホッカイドウは宮平を冷遇しているからイヤ。岩手、高知は縁遠いし、佐賀はそれに加えて、元荒尾ファンならではの複雑な心境がある。南関はほぼ毎週どこかの開催場で重賞があるから、貧乏人には厳しい。そしてばんえいルールがわからない。

そこでふと、いきなり明後日の方向に飛んで、

昔のエロゲの

レビュー書きたい

と思っているのです。エロゲは我が青春なのです。私のティーン時代からエロゲを取ったら、何も残らなくなるくらい、エロゲ一筋だったのです。今、押し入れに眠っていたPC9801を掘り出し、再起動させようと企んでいます。9801のエミュレータも、ソフトのロムもあるのですが、やっぱり実機でフロッピーディスクを出し入れして遊びたい。ただ、ディスプレイがもうダメになっていたので新しく調達する必要があるのですが、ヤフオクでもあまり出回っていないし、さすがにブラウン管のディスプレイはリサイクルショップにも置いていない。

それ以前にそもそもはてなブログはアダルト禁止。さすがにここからも引っ越すような羽目にはなりたくない。

というわけでFC2辺りに場を借りて、エロゲブログを作ろうかどうか迷っている次第。といっても作ったところで更新は月に一度あるかないかといったところかもしれません。それに今は仕事でそれどころではなく、落ち着いたら一考しようといった感じ。もし作っても、「粕本集呆」ではなく「カスP」の名で運営します。「柏木集保氏はエロゲが好きなのか」などと間違われたらそれこそ大変なことになる。ちなみに井崎脩五郎氏は官能小説フリークを公言しています。

f:id:KAS_P:20160827021134j:plain

過去、プレイステーションで「リフレインラブ」という隠れた名作恋愛アドベンチャーがあり、パソコンであの「J.B.ハロルド」シリーズや「琥珀色の遺言」といった硬派ミステリーアドベンチャーで鳴らしていたリバーヒルソフトがリリースしていた。

「PRIME GIRL」は「TRIFACT」というメーカーによる、「リフレインラブ」の中心的スタッフも複数参加して作った恋愛アドベンチャーゲーム。エロゲなのですが、昨今氾濫している、ハードなエロ以外何もないような代物ではなく、「ベッドシーン」付きの、しっかりした大人のラブストーリー。「リフレインラブ」はキャラクターデザインを漫画家のこばやしひよこ氏が担当。「PRIME GIRL」はキャラクターデザインや原画は飯島弘也氏が担当したのですが、パッケージイラストがこばやしひよこ氏なのは友情出演か。飯島氏の絵も好きなのですが、後にこの人はアダルトアニメに進み、以降は作品の内容が性に合わないのもあって、関心を失いました。

このゲーム、登場キャラクターたちとそれほど年齢も変わらない2001年の発売当時からやりたいと思っていたゲームだったのですが、機会を逸し、15年を経て、恋愛とは完全に縁が切れてしまった今頃になって入手。ところがOSが2000まで(95、98、ME、2000)しか対応していない。

「TRIFACT」は短命で終わり、現在ではサポートがなく、「ラストハルマゲドン」のように権利が宙ぶらりんになってしまったのか、以降ダウンロード版の発売もありません。WINDOWS10は勿論、予備用にあるXPのPCでも色々いじって、起動できないかと試行錯誤したのですが徒労に終わった次第。最後の手段というわけで、2000搭載のノートPCをヤフオクで入札したのですが、あえなく敗れた。もし入手し、プレイすること叶えば、どこかでレビューを記すかもしれません。

ちなみに個人によるファンサイトが残っているのでリンクしておきます(サイト内に性的表現は一切ありません)。

www.geocities.jp