粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

寝ても覚めても氏の大井競馬「アフター5スター賞」予想

f:id:KAS_P:20160831013409p:plain

日曜日の競馬の結果

中央新潟「新潟2歳S」…ハズレ

1着 10番ヴィゼットジョリー(3番人気)△

2着 12番オーバースペック(6番人気)◎

3着 3番イブキ(2番人気)

 

実は今回のハズレ、かなりショックでした。というのも実はブログに予想を一旦アップしたとき、

△イブキ

×マイネルバールマン

だったのですが、それをすぐに取り下げ

マイネルバールマン

×マイネルパラディ

に書き換えて再UPした。モリアテ氏の送ってきた写真のせいだとはいいますがマイネルパラディが妙に気になったのです。イブキの次の4着馬も、買っていなかった馬だったので、イブキがいなくてもハズレだったのですが、その方が同じハズレでも精神的ダメージは小さく済んだ。イブキでも配当が3,000円程度ならネタになったと苦笑いで済んだのですが……オマケにイブキ鞍上の田辺裕信は、レパードSでも買っていない馬で3着に来た。そんでもって私が買うと、たとえ人気馬でも空気のように存在を消し去るという忍法を使う。そういう意味では、笠松競馬場は伊賀や甲賀にもまさる忍者の里かもしれないが。

実はそれだけではなく、「WASJ(ワールドオールスタージョッキーズ)」でも、最初土曜日の第一戦(第9R)、馬柱を見て、タケルラムセスとアグリッパーバイオの馬連でも買っとくかと一瞬思ったのです。ラムセスは古代エジプト「新王国」時代最盛期の王ラムセス2世と3世。アグリッパ―はローマ帝国初代皇帝アウグストゥスの片腕として活躍した名将。この古代史繋がりでいいじゃん、なんて軽く考えたのが、実際は永森大智の単複。結果永森は見せ場なく、終わってみれば何とタケルラムセス(1番人気)とアグリッパーバイオ(10番人気)。馬連でも3,890円ついた。第2戦(第11R)も永森の馬で単複買ったがいいところなし。やっぱ赤岡のようにはいかないかと日曜日は買わなかったら、第4戦(第12R)で6番人気の馬で勝利(単勝11.5倍)。

金土日と3日続けて仕事でイヤなことがあったのも重なり、すぐさま睡眠改善薬「ドリエル」(睡眠薬ではなく、眠りを深くする薬)を飲んで布団に潜り込み10時間爆睡、翌日はオフだったので昼過ぎに病気の祖母を見舞いに小牧市の病院に行った以外は、一日ずっとPSVITAの「イースⅧ」で現実逃避。申し訳ないですがブログも放置。

こういった、公私ならぬ「馬私」ともに何をやっても悪い方向へと転がっていく状況は度々あり、こういうときは一度リセットすることにしています。IPATの残高をすべて引き出し、オッズパークの残高を一旦すべて清算してジャパンネットバンクに戻し、それで買い物をしてゼロにする。そしてしばらく馬券を買わない。

笠松は9月末の「オータムカップ」まで重賞がなく、中央もスプリンターズSまで休みたいところですが、中央はクラシックの前哨戦である神戸新聞杯ローズS。地方は「JBCレディスクラシック」の前哨戦である大井の「レディスプレリュード」(9月19日)くらいは買います。夏競馬はあと2週くらいですが、ケンして悪い流れを断ち切ります。

というわけでどん底にハマった私の代わりに予想してくれる人大歓迎。前日までに予想をコメント欄に入れてくれれば、コピペだけど掲載します。

寝ても覚めても氏がネタに窮した私を見かね、大井競馬「アフター5スター賞」の予想を送ってくださいました、有難う御座います。いくらネタが枯渇しても、某女優のバカ息子の事件を採り上げる気は起きない。渦中の女優を非難するにしろ擁護するにしろ、テレビやネットでこの話題を目にする度毎に、山下達郎の「Hey Reporter!」が頭の中で再生される。


Hey Reporter! Tasuro Yamashita

 

寝ても覚めても氏の「アフター5スター賞」予想。1200メートル。第11R。20:15発走。

◎9・アドマイヤサガス
重の門別で交流GⅢを勝ち、重の中山GⅢを0.2差。スピードは十分で、台風の影響で荒れそうな馬場には合いそう。59キロは過酷だと思うが、地力でどうにか

○1・サトノタイガー
吉原と14年JBCスプリント2着コンビ再結成。あの時と同じ軽い馬場ならスピードは生きる。最内枠からラチ沿いをこすっからく回ってくれば

▲12・アメージングタクト
元中央OP馬。南関東転入後2戦はマイルでそこそこまとめる。中央時代の主戦場であるスプリントに戻って

△8・ミヤジエルビス
元中央OP馬。南関東転入初戦の前走は3か月ぶりの久々で、一叩きして変われば

×(8頭)
2・コウギョウダグラス/4走前大井1200準重賞で2着
3・イセノラヴィソン/1月に船橋記念勝利
4・ラクテ/前走優駿スプリント2着
6・アルゴリズム/元中央OP馬。5走前船橋記念2着
7・ルックスザットキル/南関東のスプリント重賞2勝
11・ゴーディー/南関東重賞1勝。2走前で復調気配
15・マリカ/元中央準OP馬
16・プラチナグロース/元中央1000万下。2連勝中の上がり馬

馬券は馬連9-1,2,3,4,6,7,8,11,12,15,16の11点です。