読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

破られたジンクスと続くジンクス

中央競馬 地方競馬

f:id:KAS_P:20161019014709p:plain

前走中山の馬は秋華賞では

馬券に絡めないといぅ

ジンクスより、

プロデューサー、権兵衛さん

両方揃って本命に挙げた馬は

馬券に絡めないという

ジンクスの方が

強力みたいですねぇ。

 

f:id:KAS_P:20161019014853p:plain

ちなみにモリアテ教授は町内会のリレーでアンカーの大役を

背負ったが、周回遅れで出番が回ってきたので一生懸命走る必要がなく、

無気力走法で競走中止になることもなく、無事完走を果たしたらしい。

 

日曜日の競馬の結果

中央京都「秋華賞」…カスP  ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ

ついでにモリアテ教授もハズレ

1着 7番ヴィブロス(3番人気)カス△

2着 3番パールコード(4番人気)

3着 15番カイザーバル(8番人気)権△

 

過去10年、前走が中山だった馬は一頭も馬券圏内に入線できないというジンクスは今回破られました。しかし破ったのは紫苑Sを勝った1番人気ビッシュではなく、2着だった3番人気ヴィブロス。そういえば新潟での変則開催でしたが、紫苑Sから秋華賞を獲ったショウナンパンドラも同レース2着だった。2着パールコードは紫苑S5着から巻き返した。ワンツーが中山の紫苑S組で、つまり、中山の紫苑S組が秋華賞で馬券にならないという法則は消滅しましたが、紫苑S勝ち馬は秋華賞で馬券にならないという法則は厳然として残っている。

例年、秋華賞の有力馬はローズSを経由してきていた。紫苑Sはひとつ格が落ちるし、「西高東低」という状況もあったでしょう。だから紫苑S組は用無し扱いされてきたのですが、今年はローズSを勝ち、最有力候補に推されたシンハライト屈腱炎シンハライトだけでなく多くのオークス上位馬が出走せず、紫苑S組とローズS組の実力が拮抗していた。しかも、秋華賞に出なかったオークス2、4着馬がともに関東馬だったから、もしかしたら2頭が何事もなく出ていれば、紫苑S組の方が優勢だったかも。ただ、紫苑Sからの1、2着馬はともに関西馬。同レース3着馬だったフロンテアクイーンは14着と惨敗。ビッシュとフロンテアクイーンの共通点は、関西の競馬場を経験していないことで、JRAのHPに記されていた阪神、京都未経験の馬は割り引いて評価した方がいいという傾向も今回当て嵌まりました。ちなみにオークス2着のチェッキーノ、4着ジェラシーも関西圏でのレース経験がありませんでした。

見せ場も作れないまま10着に敗れたビッシュは、凡走の原因は識者によって様々ですが、追い切りの動きも良ければ、職場の休憩室のテレビで見たパドックの様子も、初めての輸送競馬でも決して悪く見えなかった。道中後ろ過ぎた嫌いはあっても4着、5着ならともかく、10着の理由にはならないわけで、戸崎はここという勝負どころで手応えがなかったという。鹿戸師はメンタル面で思ったより弱い面があったようだと述懐しているのですが…。

 

水曜日の競馬の結果

大井競馬「東京記念」…寝ても覚めても氏 三連複900円&ワイド370円的中(11点)

1着 6番ユーロビート(1番人気)寝◎

2着 5番ストゥディウム(5番人気)寝×

3着 3番ケイアイレオーネ(2番人気)寝〇


東京記念2016~Load to JBC~まさかの大逃げ!?

 

このレース、見て面白かったのが、5番ストゥディウム(石崎駿)の大逃げ。これが中央の芝レースだったら「そのうちタレるだろ」なのですが、比較的大きい大井とはいえ、地方競馬のレース。縦長の割にペースはあまり速くない。こういう場合、後続の騎手たちの心理は如何に?2400メートルの長丁場だけに、下手に早く捕まえにかかると最後まで保たない。かといって放置しておくとそのまま逃げ切られてしまう。後方集団が途中から慌てはじめるのが目に見えてわかって面白い。道中離された2番手だった4番チャンピオンゴッドが差を詰めてきて、普通はここでストゥディウムの出番はここまでなのですが、スローのひとり旅だったので余力充分。振り切ってしまった。最後は交流重賞勝ちのユーロビートに屈しましたが、連対は確保。これが2000メートルだったら楽に大逃げはさせてもらえなかったはず。2400メートルという、スタミナに幾らか配慮しなければならない距離だからこそ、後続が逃げるストゥディウムを追うのに気後れし、楽なひとり旅を許してしまった。石崎駿はそれを見越しての作戦だったはずで、会心の騎乗といってもいいでしょうが、それができたのは、ユーロビートという絶対的存在がいたから。メンバーの実力が拮抗していたら、石崎も思い切った作戦に二の足を踏んだ。まともにやり合って勝てない馬がいたからこそ、奇策に踏み切ることもできたのだと思います。