粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

関東馬、屈辱の菊花賞15連敗。

カスP

―ここはハズレ覚悟で、2強以外の馬で冒険してみるのもありかなと。

本命:7番レッドエルディスト

 

逆神の権兵衛

―恥もヘッタクレもありません。とりあえず当てにいきます。

馬券:ワイド3-6一点

 

f:id:KAS_P:20161025233424p:plain

※五連敗には地方(南部杯)、海外(凱旋門賞)含む。

 

日曜日の競馬の結果

中央京都「菊花賞」…カスP  ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ

1着 3番サトノダイヤモンド(1番人気) カス△ 権〇

2着 11番レインボーライン(9番人気)

3着 13番エアスピネル(6番人気)

 

「サトノ」初のGⅠ制覇、ディープインパクト産駒の初の菊花賞制覇、そして同一種牡馬で3頭の違う馬がクラシック三冠を分け合うという稀有なクラシックになりました。

ルメールの好騎乗が光るレースだったのは疑いないのですが、柏木集保氏が面白いというのか不甲斐ないというのか、関東馬菊花賞15連敗という記録を、某大手競馬サイトのレース回顧の中で挙げておられた。

15連敗ということは最後に関東馬が勝ったのは2001年マンハッタンカフェ(小島太厩舎)で鞍上蛯名。2着は半馬身差で関西馬マイネルデスポット、鞍上は太宰……だ、太宰があと一歩でGⅠの栄冠に手が届かなかったレースがあったとは!? 6番人気と11番人気の組み合わせで、三連系馬券や馬単がなかった時代ですが、馬連46210円。枠連が1620円とあまり高額でなかったのは、マイネルデスポットと同枠だったダンツフレーム(5着)が2番人気だったから。1番人気はジャングルポケットで4着。この頃は私はまだ競馬にまったく関心がなく、最初の菊花賞は2003年、ザッツザプレンティでした(ちなみに5点買いで馬連を的中させた)。

私はレッドエルディストでなければディーマジェスティを本命にしていたし、2、3着の馬は消していたのでどう転んでもハズレでしたが、4着の原因については人それぞれで見解が違う。ただ、秋華賞のビッシュ同様、関西への遠征がない馬だったことは気になります。大外を引かなければ印を打っていたプロティガルサン(11着)も関西でのレース経験がない。西高東低を美浦の誰よりも憂いていた国枝栄師の管理馬にもかかわらず。

 昔と違い、育成牧場への短期放牧が頻繁になっている現在、長距離輸送自体が馬に大きな悪影響を与えるということは、よほど神経が細い馬でなければそれほど気にしなくてもいいかもしれない。ただ、輸送とレースとの間の短さは何かしらの影響を与えているかもしれません。それに、登って下る「淀の坂」は京都独特の難所で、経験しているとしていないとでは全然違うと思います。15回も立て続けに関西馬の後塵を拝し続けているからには、その辺りは疑ってもいいかもしれない。ちなみに2001年以降、春のクラシックを獲った関東馬は、

2004年 皐月賞ダイワメジャー 不出走(オールカマー天皇賞)

2009年 東京優駿ロジユニヴァース 不出走(疲労により年内休養)

2013年 皐月賞ロゴタイプ 不出走(札幌記念→疲労により休養)

2014年 皐月賞イスラボニータ 不出走(セントライト記念天皇賞)

2015年 東京優駿ドゥラメンテ 不出走(故障により休養)

今年のディーマジェスティまで、一頭も菊花賞に参戦していないというのもどうかと…。故障した馬はともかく、天皇賞に行った馬は距離適性を考えてのことでもあるのでしょうが、2200メートルのレースを経ているし、遠征するより関東に居残った方がいいと考えたのかも(ダイワメジャーイスラボニータともにダービー以前に関西への遠征経験がない)。

私の考えなのですが、もし皐月賞に間に合わず、ダービーを目指す関東馬がいたら、青葉賞ではなく、優先出走権はなくても実質上トライアルである京都新聞杯に出走するのも手かもしれません。ダービーだけを考えれば同じコースの青葉賞の方がいいに決まっていますが、菊花賞も視野に入れるなら、淀の坂を経験させるのも手。それに青葉賞からダービーを獲った馬はいませんが、京都新聞杯からダービーを獲った馬はいます(2013年キズナ)。

2着レインボーライン札幌記念3着はあってもそれは54キロでのものだったし、それ以前の成績と母系の血筋から、3000メートルでは手を出しづらかった。3着エアスピネルは、距離適性よりも成長力に疑問を持っていただけに、過小評価していました、ごめんなさいとしか言うしかない。私の本命レッドエルディストは、神戸新聞杯からの上積みを期待したのですが、現時点では完全に力不足でした。

 

プレイステーションVRがセックスレス問題に影響を及ぼすかという重大な問題(?)に対する答えと、コメントの返信は明日に延期させて頂きます。というのもそろそろ寝ないといけない時間なので。10月になってから更新頻度が低くなっていますが、実は仕事の時間が一気に増えたのが原因。でも、更新する時間がないというより体力がないというのが現実問題で、サプリメント漬けのような状態ですが、効くかどうかわからないクスリより、確実なのは睡眠時間を確保すること。早いうちに体力を取り戻し、更新頻度を戻していくつもりです。まあクスリといってもさすがにこれはないので。

f:id:KAS_P:20161026015348j:plain