粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

日曜中京メイン「チャンピオンズカップ」(GⅠ)予想

f:id:KAS_P:20161204011545p:plain

今年の「流行語大賞」は広島カープの緒方監督の「神ってる」でしたが、トップ10の中に「保育園落ちた、日本死ね」という、日本中で物議を醸した一般人の言葉がありました。「一億総活躍社会」などと安倍政権は謳っているが、子供を抱える女性が「活躍」するには子供を安心して預けられる保育園が不可欠。「一億総活躍社会」なんて言葉だけの空虚なもので、現実は子供を持つ女性がまともに働ける環境すら全然整っていない。「死ね」などと決して気持ちの良い言葉ではないけれど、官邸の住人と一般人の意識のズレを見事に言い表した言葉だからこそ、トップ10に入ったのだと思います。第一、「一億総活躍社会」という言葉自体、私は大嫌いで「年金の受給開始年齢引き上げて、ヨイヨイのヨレヨレになっても働けということかオイ!?」とツッコミたくなる。こちとら今夜、仕事帰りにドラッグストアに寄ってサロンパスを買い、太腿に貼りつけるという、年齢を実感せざるを得ない屈辱を体験。あと20年、還暦過ぎたらどうなるのか?

 

チャンピオンズカップ」の予想を。ホッコータルマエも出走予定だったのですが、脚の痛みで回避、そのまま現役引退。「東京大賞典」をラストランに、そのまま大井競馬場で引退式という話も流れてしまった。なかなか物事は企図した通りには進まない。4年前の2012年ジャパンカップダートで3着に入線したとき、こいつはもしかして大物になるのでは?と思ったのですが、程なくして日本のダート界を代表する名馬になった。ただ、頂点に上り詰めた後の2014年以降は、ちょっと読みづらい馬になり、買ったら凡走し、切ると突っ込んで来る厄介な存在に。結果ラストランになった「JBCクラシック」は軽視していましたが2着に来られ、一方で5着に敗れた昨年のチャンピオンズカップは本命を打っていました。

一昨年、昨年と現地観戦し、今年も実は関東在住のホッコータルマエのファンの方と一緒に現地観戦する予定だったのですが、ホッコータルマエが来なくなったということで取りやめ。有給を取っていたのですが、家にいるのはつまらない。かといってわざわざ競馬場に行くほどチャンピオンズカップ、というより今の中央競馬に愛着はない。今年は久しぶりに尾頭橋のWINSで観戦し、名古屋駅と競馬場を往復する体力と時間は買い物にでも回そうかと。

 

<カスPの予想。単勝人気とオッズは前日のもの>

◎2枠2番 アウォーディー(武豊/1番人気 2.4倍)

〇7枠12番 ゴールドドリーム(デムーロ/2番人気  6.1倍)

▲8枠14番 アポロケンタッキー(松若/8番人気 23.5倍)

△5枠8番 サウンドトゥルー(大野/6番人気 15.4倍)

×1枠1番 カフジテイク(津村/11番人気 39.3倍)

初の中央GⅠ、勝つかどうかはわかりませんが、ダートで6戦6勝、しかもうち重賞5勝のアウォーディーを本命に。

チャンピオンズカップは元はジャパンカップダートジャパンカップの前日、土曜日の東京で開催されていた頃は同じ東京コースということで武蔵野Sがトライアルとして重視されてきたのですが、舞台が阪神、更に中京に変わっても武蔵野S組を軽視できないというのは変わりない。コース改装後のレコードを叩き出した勝ち馬タガノトネールは不幸にもその後調教中の事故で死亡。2着のゴールドドリーム、カフジテイクに注目。ゴールドドリームは3歳馬でヒヤシンスSユニコーンS勝ち。「ジャパンダートダービー」3着は案外でしたが、夏の間の成長に期待。カフジテイクは1400メートルを中心に使われていたようですが、血統から1800メートルは問題ないはず。事実距離延長の武蔵野Sでそれなりの結果を出した。末脚に期待。

アポロケンタッキーはみやこSのレベルがあまり強調できないところはありますが、休み明けのシリウスSでタイム差なしの3着。その後単勝1.7倍で1番人気となったOP特別で大敗したのは所謂「2走ボケ」か?鞍上に幾分不安はありますが…。

サウンドトゥルーは昨年3着馬。最後方から末脚で突っ込んできた。今年は地方交流を中心に使われているので、位置的に中団になってしまい、手堅いけれど今ひとつ弾けない成績が続いていますが、昨年同様末脚勝負に賭けて欲しい。それでどこまで?

 

コパノリッキーはこのレースとの相性が悪すぎる。昨年2着のノンコノユメは去勢しなかった方が良かったように思えます。JBCクラシックは去勢後初戦でブランクがあったことを差し引いても、それまでの力強さを感じさせなかった。モーニンはフェブラリーS後がどうも冴えないし、あまりこのコースには向いていないような気がします。

 

買い目は2を軸に1、8、12、14の三連複に流して6点。

三連単2、14→1、8、14→2、14で6点。計12点。

 

<逆神の権兵衛の予想>

年2回の中央ダートG1だけの当然中央馬だらけのレース。当然力量差の少ないメンバー構成で買う馬を絞り込むのが地方G1と比べて非常に難解。新興勢力にも妙味ある馬が多く、見るレースとしては非常に興味深いところですが・・・

◎2枠2番 アウォーディー

 ダート6連勝の内容が逃げ差し自在と非常に厭らしい手堅さ。実績からも切るのは無謀。

〇7枠12番 ゴールドドリーム

休明け前走2着と古馬相手緒戦としては上々。前付けの馬多く前走よりは差し易いはず。

▲6枠11番 コパノリッキー(ルメール/4番人気  6.8倍)

 先手取れなかった前走は参考外。前付けの強さは折紙付きでルメールならの狙いで。

△5枠9番 ノンコノユメ(ムーア/3番人気  6.3倍)

1年勝星無いが堅実駆けタイプ。中央G1で2戦共2着と中央向きでコース替りで前進。

×8枠14番 アポロケンタッキー

前走で重賞初制覇もOPでも堅実に走っていて通用の素地有り。前が競るなら一発も。

×5枠8番 サウンドトゥルー

昨年の東京大賞典以降が物足りないがそこそこは来る。上位は兎も角3着はあるか?

馬券は

軸 2

相手 8、9、11、12、14

の3連複1頭軸流し(計10点)

で参ります。

 

f:id:KAS_P:20161030022900p:plain

アウォーディーJBC

デスノートをはね退けましたぁ。

キケンなのは対抗の

ゴールドドリームかもですぅ。

 

<オマケ・モリアテ氏の予想>

この歌詞、やっぱりヤバいよね。

f:id:KAS_P:20161127032016p:plain

 

必ず手に入れたいものは 誰にも知られたくない

百ある甘そな話なら 一度は触れてみたいさ

 

その後、あるしゃぶしゃぶ店のメニューの写真を送ってくる。

 

f:id:KAS_P:20161204033013j:plain

 

調教超絶好 12

調教絶好 7、16

◎2枠2番 アウォーディー

勝負馬券は2、8、9、11の馬連BOX。

カフジテイクが気になる~!

 

f:id:KAS_P:20161120032512p:plain

皆さん、

3枠4番の馬は

買わなくていいんですかぁ?

それに”和田”アキコさん、

今年の紅白落ちましたよぉ。