粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

shugoro氏の「レディスヴィクトリーラウンド」写真館・前編

水曜日の競馬の結果

船橋競馬クイーン賞」…シゲ氏 ハズレ

1着 12番トロワボヌール(1番人気)シゲ〇

2着 5番タイニーダンサー(5番人気)

3着 13番タイムビヨンド(8番人気)

 

f:id:KAS_P:20161203020555j:plain

 

てめえシゲ公

ぬっ殺す!!!

(前回シゲ氏が的中したので、

今回同氏の買い目に丸乗りしたカスP)

 

お約束のネタ。個人的には「レディスプレリュード」2着だった兵庫トーコーヴィーナスに期待していたのですが、前走の地元戦で2着だったのが嫌われてか6番人気。これは美味しいと思いきや、先頭から3コーナーで失速、まさかのブービー負け。同馬は逃げ馬ということもあり、地方馬だけならともかく中央馬相手だとスピード的に道中無理を強いられるのか最後まで踏ん張れず、結果を出せないことが多かった。それでも前走は2着と踏ん張り、中央勢相手でもいけると期待させてくれたのですが、今回は中央の快速馬ならともかく同じ地方馬のノットオーソリティに絡まれた。3、4番手は中央勢だったものの、ノットオーソリティは11番人気ながら、トーコーヴィーナスが沈んだ後も中央勢相手に残り100メートルくらいまでは渋太く食い下がり、最後は力尽きたものの掲示板5着に残った。トーコーヴィーナスは安定感ある逃げ馬ではないのですが、さすがに中央馬相手でも今回は案外。

笠松ではJRA認定の準重賞「ジュニアキング」が行われました。有力な牝馬が複数出走し、「ライデンリーダー記念」を占ううえで大事なレースだったのですが、道中3番手だったマルヨアキト(牡馬)が勝利。目立った成績は「秋風ジュニア」2着くらいで、前走も2歳オープン戦で4着と、抑えまでという感じだったのですが、今回は強かった。名古屋の2歳重賞「ゴールドウイング賞」は7着と完敗で、今後東海のクラシック戦線の中心に加われるかは微妙ですが、テン乗りの東川とリズムが合ったようで、これで勢いがつけば。

牝馬では「ラブミーチャン記念」2着のハローマイダーリンが、前走とは違って今回道中中団で、外枠とはいえ、一旦前に出ながらまた下がってしまったり、思ったようなポジションを確保できなかった。結果抜け出したマルヨアキトとイスタナを捕まえるのに手間取り、イスタナは捕らえたが2着止まり。馬主が馬主だからか、使わなくていい中央のレースを使った影響か。でも佐藤友則からすれば、その「使わなくていい中央のレース」のお陰で、中央の競馬場でエキストラ騎乗ができるのですが。

ラブミーチャン記念」3着だったイスタナは道中2番手から粘って今回も3着。勝ちパターンの展開で3着というのは先着2頭との力の差かもしれませんが安定感が光り、「ライデンリーダー記念」に出るなら抑えておきたい。

 

11月30日、名古屋競馬場の「LVR(レディスヴィトリーラウンド)」名古屋ラウンドをshugoro氏が観戦。その模様を写真に収めて提供してくれました。今回は紹介式の写真を。ちなみに岩永千明(佐賀)は今年3月の落馬事故で現在リハビリ中。今年は参加できませんでした。岩永は荒尾時代から幾度か落馬負傷で長期戦線離脱することがあったのですが、今回はちょっと深刻なようで心配。

 

f:id:KAS_P:20161208032809j:plain

f:id:KAS_P:20161208032827j:plain

f:id:KAS_P:20161208032852j:plain

f:id:KAS_P:20161208032916j:plain

下村瑠依(高知)

f:id:KAS_P:20161208032941j:plain

宮下瞳(名古屋)

f:id:KAS_P:20161208033317j:plain

別府真衣(高知)

f:id:KAS_P:20161208033347j:plain

木之前葵(名古屋)

f:id:KAS_P:20161208033539j:plain

鈴木麻優(岩手)

f:id:KAS_P:20161208034932j:plain

次回はパドック、レース編を。