読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

shugoro氏の木之前葵写真館「レディスヴィクトリーラウンド」編

地方競馬

f:id:KAS_P:20161217011552j:plain

本命なんて飾りです。

偉い人にはそれがわからんのです

 

水曜日の競馬の結果

 川崎競馬全日本2歳優駿」…三連複1960円的中(10点)

1着 1番リエノソテーロ(1番人気)△

2着 14番シゲルコング(2番人気)▲

3着 4番ローズジュレップ(3番人気)〇

勝ちタイム 1:42:8(不良)/昨年の勝ちタイム   1:43:1(稍重サウンドスカイ)

コースレコード 1:37:9

 

リエノソテーロは包まれると恐い最内枠、初の輸送競馬と死角も多い馬だと思っていましたが、そんな懸念要素は最初からなかったかのような、王道ともいえる完璧な勝ちパターン。今後舞台を芝に戻して牝馬クラシックへと進むか、それともそのままダート女王であり続けるかはわかりませんが、おそらく芝のトライアルを一度使っての判断になるでしょう。今週の朝日FSも紅一点のミスエルテが注目を集めていますが、2歳は芝砂ともに女による完全支配となるか。

2着シゲルコングは出脚でいきなり大きく外へ膨れ、それからプッツン切れたように猛然と前に出てきた。勝ったリエノソテーロとは対照的に不細工な競馬でしたが、これで2着に残ったのだから能力は高いといっていいのか。3着ローズジュレップは、「兵庫JG」とは逆に、自らが先頭に立ってつつかれる形になってしまった。ネコワールドがまったく精彩を欠き、前にすら出られなかったのが誤算だったかもしれません。それでも3着に粘ったのだからこの馬も能力はある。昨年より前傾ラップで、前が崩れてもおかしくない展開。地方勢も例年より駒が揃っていたはずなのですが、シゲルとローズが強かったのか、中団以降が、勝ち馬以外思いのほかだらしなかったのか。本命ハングリーベンは見せ場なしで7着。

 

shugoro氏撮影の「木之前葵写真館」。「名古屋グランプリ」当日の名古屋競馬では4勝の固め勝ちだったそうです。

f:id:KAS_P:20161216022914p:plain

f:id:KAS_P:20161216023346p:plain

f:id:KAS_P:20161216022951p:plain

f:id:KAS_P:20161216023415p:plain

f:id:KAS_P:20161216023434p:plain

f:id:KAS_P:20161216023443p:plain

f:id:KAS_P:20161216024047p:plain