粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

カスPは阪神コースがお好き?

日曜日の競馬の結果

中央阪神「朝日FS」…カスP 三連複42,820円的中(10点)/逆神の権兵衛 ハズレ

1着 17番サトノアレス(6番人気)カス〇

2着 10番モンドキャンノ(7番人気)カス◎

3着 4番ボンセルヴィーソ(12番人気)カス△

 

というわけで、カスP大当たり!

f:id:KAS_P:20161220154413p:plain

これまでの高配的中のカスP。今回は……?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:KAS_P:20161220154503p:plain

カス:実はここんとこ、

ハズれるのが「お約束」に

なってしまったかのようで、

デカいのが当たると、何というか

居心地が悪いというかバツが悪いというか…

 

やよいさん:わかりますよぉ。今年一年

競馬予想ブログとは思えないくらいの

飛ばしっぷりでしたからねぇ。

2度も馬番間違いでハズしましたしぃ。

でしたら配当を全部、格差社会に苦しむ

恵まれない子供たちに寄付して、身も心も

解放されましょお。

 

カス:いえ、それはその…ところで、

「恵まれない子供たち」というのは…?

 

やよいさん:もちろんッ、

高槻家の子供たちですぅ。

 

f:id:KAS_P:20161221020641p:plain

ちなみに私は通常運行でした。

まあ、火薬は全部有馬記念のためにとっておいているんですよ。

 

この一連の会話、アイマス知らないとわからないだろうな…と心配してしまったところに、いかにブログがアイマス離れしてしまったか実感させられます。

ここ数年、大きなレースではなりを潜めていた(条件戦ではしっかり勝ち星を重ねていて、決して落魄していたわけではなかった)藤澤和雄厩舎、元々若駒に重い負荷をかけることは少なく、ゆっくり成長を待つ厩舎だけに2歳馬はあまり期待されないのですが、まさかの同一年で牡牝2歳GⅠ制覇、そして今年の菊花賞が念願GⅠ初制覇だった里見オーナー、GⅠ2勝目(海外の香港ヴァースを含めると3勝目)。

勝ちタイムからもわかるように当日は馬場が先週に輪をかけて重く、外差しが恐いという私の考えが珍しくハマりました。2007年ウオッカ、翌2008年ディープスカイで2年連続ダービージョッキーにもなった四位が6年8カ月ぶりのGⅠ勝利というのが意外。この騎手、顔みるだけで胸糞悪くなったときもあれば、神様仏様と拝んだときもあった。私にとっては非常に印象が強い騎手。同時期に目立った騎手たちの多くが鞭を置いたり調教師に転身したり、現役でも存在感が薄れつつある中、かつてはやりたい放題だった藤澤厩舎とともに存在感を誇示してみせた。外枠というのは距離ロスのリスクも孕んでいて、耳に慣れない横文字の騎手や若手だったら印を落としていたどころか消していたかもしれません。

その横文字の騎手が跨っていた本命モンドキャンノ、バルザローナ疑ってゴメンとこれまたバツが悪い。遅いペースでレース中掛かり気味だったのを同騎手は上手に抑えていた。気性的なものに加え、キンサシャノキセキ×サクラバクシンオーという血統的にも体格的にも今後は皐月賞よりNHKマイルCに標準を合わせるかもしれません。今週の有馬記念の目玉となるキタサンブラックも母父サクラバクシンオーで、この恐ろしく息の長い種牡馬、ブルーメドサイアーとしても偉大な功績を残すかもしれません。

 逃げたボンセルヴィーソが3着、トラストが5着。この2頭、先を争うかと思ったら示し合わせたかのようなスロー。穴馬指名のレヴァンテライオンは3番手追走もブービー負け。最内でキツイ馬場を走らされたのがこたえたのかと思ったりしたのですが、米国産馬で洋芝の函館2歳Sでモンドキャンノを破って結果を出したのだから、馬場よりもむしろ距離がネックだったのかもしれません。

ミスエルテは懸念した気性難が結局足を引っ張った。レース自体は壊さなかったものの、パドックから気配が怪しかったそうで(私は仕事のためリアルタイムでレースが見られず、パドックも見ていないのですが)、ゲートが開くまでの消耗が大きかったか。それに加えて陣営がレース前に飼食いを課題に挙げていたように、馬体重がまた減っていた。朝日FS挑戦は、牡馬相手に挑戦という攻めの意図よりも、もう一週待ってでも馬体を戻そうという守りの意図が強かったと、後で知りました。もっとも牡馬相手でもいいというくらい、今年の2歳牡馬は不作気味なのですが。

 

自分自身では恐ろしくて到底計算する気にもなれなかったのですが、寝ても覚めてもさんが今年の私の、ブログに晒した分の成績を集計し、11月までで的中率35.9%(33/92R)、回収率86.7%だそうです。的中率は、当たってもトリガミのレースが多かったのでこんなものかと思ったのですが、回収率は意外。でも今年IPATに追加入金したことは一度もなく、オッズパークのマイページでは、今現在回収率は100%以上を保っている。従って調子がいいと思われるかもしれませんが、まったくダメな南関はオッズパークには含まれていないし、何より笠松競馬場現地では行く度毎に身ぐるみ剥がされている。財布に万札複数あったはずなのに、最終R終わったときには帰りの汽車賃しか残っていないという日もざら。今回の勝ち分を含めても、中山大障害有馬記念のいずれかで4万とまではいかずとも、一発決めないとやっぱりマイナスでしょう。阪神が今回を除いても的中率75%、回収率177.1%らしい。私が得意だと思っているのは中山芝コースなので、阪神は意外ですが、コース自体に癖がある、今回のように開催時期的に馬場が荒れている等だと予想がし易い。中京は昔は得意だったのですが、改装によって癖のない、単に大きいだけの魅力ないコースに変ってしまい、苦手になってしまいました。函館、札幌は昨年の札幌記念や今年の函館2歳S等、コンスタントに一発出しているのですが、これは洋芝、小回りというコース事情が予想をしやすくしている。でも函館、札幌は明らかに得意としている馬がはっきりわかるので、私でなくても予想し易いという人は多いのでは?