読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

笠松競馬「東海ゴールドカップ」予想

f:id:KAS_P:20161230233056j:plain

有馬記念で逆神の権兵衛を倒せ!2016」で、権兵衛氏がベスト予想に選んだ方に贈る「逆神の権兵衛賞」。

「5着ミッキークインを本命、4着ヤマカツエースを対抗とされた攻めの予想に敬意を表し、CBulkAria氏でお願いいたします」とのこと。

CBulkAriaさんはトップページのメールアドレスに賞品の送付先にPASSを添えて連絡をお願いします。年が明けて落ち着いた頃(1月10日前後)に、他の受賞者の方々同様賞品をゆうパックでお送りします。S川急便みたいに荷物を地面に叩き付けられることがないよう、到着時間の指定がありましたらそれもお知らせください。

賞品は今年の有馬記念Tシャツや、小倉競馬場コースがプリントされたタオル、そして何故か

f:id:KAS_P:20161230233950j:plain

日本シリーズグッズ。広島カープのV7記念フェイスタオル。カープって、7度も優勝していたんだ、と驚いたのは私だけではないはず。

 

f:id:KAS_P:20161230234747j:plain

f:id:KAS_P:20161230234808p:plain

金曜日の競馬の結果

笠松競馬「ライデンリーダー記念」…ハズレ

1着 4番イスタナ(2番人気)◎

2着 1番メモリーミラクル(3番人気)△

3着 6番ハリアー(7番人気)

勝ちタイム 1:45:1(良)/昨年の勝ちタイム 1:42:2(キニナルーイ・良)

コースレコード 1:38:4

 

本日、笠松競馬場に行って来ました。ターフビジョンの設置に向け準備を進めています。やっぱガセじゃなかったんだ。もしかして競馬場の下にまさかの徳川埋蔵金が埋まっていたとか。ちなみに埋蔵金が見つかったとき、見つけた人と土地の所有者の折半になるそうで。

「権兵衛を倒せ!」の賞品を提供して下さった真夕さんがわざわざ東京から来てくださり、そこでホッカイドウから短期で乗りに来ている水野翔にまつわる驚愕の事実(?)を聞き、笹野師夫人からウラを取りました。オマエ何やってだよ、と。それは年明けに回すとして、私の馬券は通常運行のコテンパン。言いたいこたぁ山ほどあるけど、ここではひとつ、

競馬評論家の所有する馬は二度と買わん!!

 

さて、2016年最後の予想。笠松競馬「東海ゴールドカップ」。1900メートル。第10R。15:35発走。

出馬表を見渡すと、メモリージルバやビービーガザリアスといったお馴染みの面々の中に、知らないぞコイツという馬が何頭か混じっている。中央やホッカイドウから移籍して笠松移籍初戦を勝利で飾った馬たち。

名古屋のアサクサポイントはOPまで昇ったのですが、そこから2戦で平場に見切りをつけられ、移籍まで障害を11戦(1勝)を走っていた。ただ、約1年4カ月ぶりの平場戦となった移籍初戦で2着馬に1.1秒差つける圧勝。

ナムラカグヤヒメは中央500万条件からの移籍。一度は1000万条件に昇級したものの、歯が立たなかった。500万突破も笠松交流戦を勝ってのものだし、実績ではアサクサポイントに見劣りますが、500万でもそれほど無様なレースはしていない。

キングスクルーザーは中央1000万から笠松、そこからホッカイドウに移籍しましたが結果を出せずに出戻り。ホッカイドウ移籍前の7月1日の「東海クラウン」、1番人気を背負いながら、メモリージルバに1.1秒差5着。これを実力ととっていいのかどうか。出戻り初戦はA-2でナムラカグヤヒメとは0.3秒差3着。印を打つには微妙なところですが、一度叩いて調子は上向いている。

 

◎5枠5番 メモリージルバ(名古屋・友森)

〇4枠4番 ヴェリイブライト(名古屋・加藤聡)

▲2枠2番 アサクサポイント(名古屋・大畑)

△6枠6番 ナムラカグヤヒメ(佐藤)

△1枠1番 サンマルバクシン(高木)

×8枠9番 キングスクルーザー(岡部)

 

ここは笠松コースで実績あるメモリージルバを本命に。今年笠松で最初の重賞だった「白銀争覇」を制覇。その後の重賞は掲示板までが多いのですが、相手が強かったので仕方ないといったところもある。今年は笠松を中心に活躍。藤原良一が主戦だったが高知に短期騎乗に行き、新たにコンビを組んだ友森とも息は合っている。東海所属だけのこのメンバー構成なら上位。締めもこの馬で。

ヴェリイブライトは夏の「名港盃」で、東海勢最先着の3着(1、2着は兵庫)。そのときは12頭中10番人気だったのですが、以降はOP戦でも手堅い成績を残し、園田の「姫山菊花賞」5着も、9番人気で園田の錚々たるメンバーの中での5着だから評価できる。

サンマルバクシンは最内の先行馬。鞍上高木は仕事人だし、序盤で先手を取れればそのまま粘り込みも可能。

 

買い目は5を軸に三連複1、2、4、6、9に流して10点。

馬単5→4、三連単4→5→6、6→5→4で計13点。

 

<アトモスPの予想>

◎4枠4番 ヴェリイブライト
△6枠6番 ナムラカグヤヒメ
▲1枠1番 サンマルバクシン
△5枠5番 メモリージルバ
△8枠9番 キングスクルーザー

私はヴェリイブライト本命でいきます。
◎から○~△まで、馬連流し4点で。

 

最後に大井の「東京2歳優駿牝馬」の印と買い目だけ。1600メートル。第10R。16:30発走。

◎7枠13番 アップトゥ―ユー(川崎・阿部)

〇4枠8番 スターインパルス(浦和・左海)

▲1枠1番 ヤマミダンス(金沢・青柳)

△3枠6番 ゴーフューチャー(船橋・真島)

△4枠7番 オーブスプリング(ホッカイドウ・桑村)

×6枠12番 ピンクドッグウッド(名古屋・戸部)

買い目は13を軸に三連複1、6、7、8、12に流して10点。

 

大晦日から正月3日まで仕事続きで、コメントへの返信は年明けからになりそうです。すみません。来年最初の予想は中央の中山金杯京都金杯のいずれかで。

それでは皆さん、よいお年を。