粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

笠松・後藤正義調教師500勝達成

火曜日に笠松競馬場に行ってきたのですが…待望の(?)最新型ビジョン。

f:id:KAS_P:20170224011052j:plain

↑昨年末。「ライデンリーダー記念」のとき。

f:id:KAS_P:20170224011123j:plain

↑二カ月半経った今回。今年度中—3月中にはできるという話なのですが、どうでしょうか?

 

f:id:KAS_P:20170224011549j:plain

f:id:KAS_P:20170224011848j:plain

後藤正義調教師。故・後藤保調教師と、いつも「愛馬会」の売店で色々と話を聞かせてくれる後藤保師夫人の御子息。2009年開業で、

2012年 4位

2013年 1位

2014年 7位

2015年 2位

2016年 3位

と毎年のようにリーディング争いをしている調教師で、現在預託馬も40頭と大所帯なのですが、実は重賞は今年の「ゴールドジュニア」でのセレニティフレアが初勝利。母親である後藤保師夫人は「忘れられないレース」と仰っていましたが、馬券ハズした私は「忘れたいレース」。

後藤正義調教師地方競馬通算500勝達成セレモニー - オグリキャップを輩出した岐阜の地方競馬「笠松けいば」

セレニティフレアは「トーセン」の冠名でお馴染み島川隆哉氏の所有馬。笠松で結果を出すと賞金の高い南関に移籍してしまいそうですが、セレニティフレアについては引き続き笠松で走らせるとのこと。「ゴールドジュニア」は有力馬が軒並み自滅し、「たなぼた」といえなくもないのですが、それでも、時計が課題といわれていた割に走破タイムは決して悪くなく、馬が順調に成長している証かもしれません。今年の東海公営は名古屋、笠松ともに中心となる馬がいない混戦模様で、距離が延びて良いアグネスデジタル産駒(母父サンデーサイレンス)のセレニティフレアなら、1900メートルの「東海ダービー」も充分狙える。これから先同馬が結果を出していけば、中央や南関で頭打ちになった馬をどんどん笠松に預けてくれるようになるかも。

f:id:KAS_P:20170224014539j:plain

f:id:KAS_P:20170224014551j:plain

f:id:KAS_P:20170224014604j:plain

ちなみにこの日、マスコミっぽい人がちらほら見かけられ、何かあるのか?と思ったら、「ロンドンブーツ」の淳が番組の収録(?)で訪れていて、私が訪れる前のレースで万馬券を当てた(第4Rの三連単?)とか何とかで大はしゃぎしていたそうで。

折角来ていたなら、後藤正義師のセレモニーに飛び入り参加して、花束を贈呈するとか粋な演出をしてくれてもいいじゃないか、と思わなくもなかったのですが(後藤師の持っている花束はファンから貰ったもの)、そうなると私たちファンが自由にセレモニーの写真を撮れなくなる虞がある。以前、名古屋競馬場でのイベントのセレモニーで、大須を拠点としたご当地アイドルたちが参加し、そのため肖像権の問題でセレモニーの撮影全体が禁止されてしまった。こちとらアイドルを撮る気はまったくなく、木之前葵とかセレモニーの関係者だけを撮影したかったのに…今はもう名古屋競馬場には行くことはないので、好きなように出演してもらって構わないのですが。

笠松競馬場自体、事前に「『ロンブー』の淳が来る!」とか宣伝したりはしていなかったので、あまり目立たない様にということだったのでしょう。実際馬券オヤジたちは殆ど気にしない様子だったし、淳はオグリキャップ像前で記念撮影しているようでしたが、無論私は彼の姿を一切写真に収めていません。でも、これは気になったので思わず撮影。

 

f:id:KAS_P:20170224022438j:plain

…?こんな真新しい設備、年末来たときあったっけ?

そして極めつけは…

f:id:KAS_P:20170224023000j:plain

ト、トイレが新しくなっている!?

f:id:KAS_P:20170224023433j:plain

以前の風景。こちらは入り口の側面になっていた。

f:id:KAS_P:20170224023856j:plain

f:id:KAS_P:20170224023909j:plain

f:id:KAS_P:20170224023941j:plain

まぁ、何ということでしょう!?

(声:加藤みどり

個室の方は以前の便器は和式だったのに、今度は全部ウォシュレットまでついている。私が入ったとき、オヤジが「えぇやつ作ったやないか」と呟きながら感慨深げに放尿していました。聞いたところによると、3000万円かけたとか。前のブログで、女性を競馬場に呼ぶにはトイレがきれいなことが絶対条件だと述べましたが、プレミアムラウンジとかいう、誰が使うかわからないようなVIPルームを作るよりも、一般の人たちが気持ちよく使えるトイレをこしらえた笠松競馬場の判断はまさに英断といえるでしょう。ただ、負けたオヤジが腹癒せに壊したりしないかは心配……もっとも

器物損壊犯第1号は、

私になるかもしれないが。

 

f:id:KAS_P:20170224025731j:plain

凖メイン発走前の頃のスタンドの様子。閑古鳥が鳴いている…わけではなく、午後4時近くになると、あまりの極寒に堪えきれず、殆どの客が暖房設備のある屋内に引き籠ってしまっているのです。ファンファーレが鳴りだす頃になるとぞろぞろ出てくる。

f:id:KAS_P:20170224030510j:plain

銀行強盗スタイル吉井。

f:id:KAS_P:20170224030529j:plain

大井から期間限定騎乗で笠松に来た高橋昭平。昨年9月末から来て、12月末まで滞在予定だったのですが、滞在期間を3カ月間延長。今回ようやく写真に収めることができたのですが、ちょっとボケてしまい、アップにはできず。池田は復帰したけど乗り手不足に変わりはないし、ユーそのまま笠松に居着いちゃいなよ。