粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

真夕氏の「レディスヴィクトリーラウンド」(高知競馬場)写真館

shugoro氏が撮影した高知競馬「LVR」の写真の中で、女性騎手たちがイケメンに挟まれている写真があったのですが、真夕さん曰く、あれは「土佐おもてなし海援隊」の吉村虎太郎と岩崎弥太郎だとか。

ameblo.jp

 

f:id:KAS_P:20170304020618j:plain

上の吉村虎太郎は、史実では勤王志士の中でも過激派に属し、尊攘派公卿の大物・中山忠光を盟主に「天誅組」を結成、幕府に武力闘争を仕掛けますが、会津、薩摩を中心とした公武合体派による「八月十八日」の政変により追われる立場となり、吉野で追い詰められ壮絶な最期を遂げました。岩崎弥太郎と違い、「日本の夜明け」を生きて見ることができなかった。彼と運命をともにした志士に、吉田東洋を暗殺したとされる那須信吾がいます。

下が岩崎弥太郎なのですが…私の中で岩崎弥太郎といえば、大河ドラマ龍馬伝」での

 

三菱グループの幹部たちを

激怒させた

クソ汚い香川照之の弥太郎と

故・蟹江敬三演じた

筋金入りのろくでなし親父

 

なのです。ちなみに母親と嫁さんは史実でも立派な人だったらしい。

 

ここからは真夕さんのレポート。青字は真夕さんの文。

高知競馬場は初めてだったのですが、 とてもきれいでびっくりしました。

さらに現在あちこち改修中のようで、 いたるところに工事用のビニールシートが貼られていました。( それが後述しますアクシデントの要因の一つになっているらしいのですが)

着いてまず驚いたのが、これから騎乗するジョッキーが「 モーニング展望(モー展。)」 という競馬番組に出演していたことです。

下記がその画面の写真です。

f:id:KAS_P:20170310000614j:plain

 ぜひご覧になって、その( いい意味での)ユルさをご確認くださいませ。

 高知けいばオフィシャルサイト-RyomaDerby-モー展。通信

 

騎手との掛け合いが結構面白い。決して話上手ではない相手から面白い言葉を引き出すというのも、橋口氏の話術の巧みさによるものか。

アイマス(アイドルマスター)Pたちにとって、橋口氏は結構知られた存在で、過去にアイマスのキャラクターたちの誕生日を祝う個人冠協賛レース「痛レース」(現在では廃れてしまった)で、レース前にメッセージを読むとき、素面じゃとても読めないメッセージをさらりと読み上げ、更に暖かい感想まで述べてくれる橋口氏に、アイマスPたちは心から詫びるとともに敬意を表し、「橋口P」と尊称をつけたものでした。「けいおん!」の痛レースについては、橋口氏がラジオで音楽番組のパーソナリティをしていることもあり、楽器についての薀蓄や思い入れを吐露したことも。

また、トラックマンのレース展望が、「前走と変わったところはありませんね」ばっかの、何の参考にもならないパドック解説よりもずっと有益。高知をあまり買わない理由のひとつが、専門紙があまり参考にならないという点なのですが、新聞がもっと丁寧な作りで、パドック解説も「モー展」のようにもっと踏み込んでくれたなら、高知競馬を買う人も増えるはず。

 

また、女性専用ラウンジがオープンしており、 私も行ってみました。

すごくきれいで、雑誌なんかも置いてありました。窓際の席からはコースが一望できます。

カード(チャージすると馬券が買えるようになります) で馬券も買えます。しかもそれがどこにでも設置されていて、 競馬場内のどこでも買えます。大井競馬場にもあることはあるのですが、 使える場所が決められて、 高知のようにどこでも買えるわけではないのですごく便利で良いな と思いました。

f:id:KAS_P:20170311014907j:plain

 

レース前の紹介式では、shugoro氏の熱烈な「 葵ちゃんコール」があり、会場が湧いていたとか。もし私がその場に居合わせていたら、瞬時に10メートルほど離れた位置にテレポーテーションして、まったく赤の他人のように振る舞っていたことでしょう。

f:id:KAS_P:20170310012253j:plain

恒例の紹介式後のファンとの交流では、まゆゆ(鈴木麻優騎手)は騎乗があるためすぐに戻ってしまいましたが、 他の皆さんは時間が許す限り対応してらっしゃいました。

特に別府真衣騎手は本当に最後まで残って写真とサインに応じてい ました。

 

f:id:KAS_P:20170311013949j:plain

下村瑠依。一度聞いたら忘れられない「二次元ボイス」の持ち主。

f:id:KAS_P:20170311014149j:plain

別府真衣。実のところ、最初の頃は「別府麻衣」と間違えることが多かったのですが、出馬表では「別府衣」と表記される。というのも父親が別府真司調教師で「別府真」と表記されることから、混同されないよう「衣」で表記されることが分かって以降、あまり間違えなくなりました。

f:id:KAS_P:20170311021640j:plain

木之前葵。今年はもしかすると昨年の「東海ダービー」馬・カツゲキキトキトの妹・カツゲキマドンナでダービージョッキーになれるかもしれない。個人的には笠松の人馬に阻止してもらいたいところなれど、名古屋「スプリングカップ」でのあの笠松勢の体たらくに、見ているこっちが意気消沈してしまった。

 

7レース(LVR対象第一レース)の前に紹介式でMC& インタビューをしていた、ふじポンさん、神田舞さん、 井上オークスさんが予想トークショウをされたのですが、 その途中で突然高知競馬場付近だけ停電しました。 15分くらいで復旧したのですが、 スタンドやコースの照明も消え、ビジョンも真っ暗になり、 少しざわつきましたが、 トークショウは暗いまま、マイクなしの状態で続けられました。

高知出身の友人によると、 高知駅や繁華街の付近はまったく停電しなかったそうなので、 競馬場の改修工事のせいではないかとのことでした。

f:id:KAS_P:20170311015725j:plain

 

表彰式は総合結果と高知ラウンドとそれぞれやるのかと思っていましたが、3位まで表彰されるのは高知ラウンドのみで、総合結果は1位の別保真衣騎手だけでした。この後、別府真衣騎手にシェリーメイ(上の写真で別府騎手が持っているクマのぬいぐるみ)を差し上げたらとても喜んでくださいました。

f:id:KAS_P:20170311020452j:plain

 

下はLVRのアンケート結果に答えたら頂いたもの(クオカードとボールペン)です。

そのまま、「権兵衛を倒せ!」の商品に提供させて頂きます。

f:id:KAS_P:20170311021454j:plain

下は紹介式の時に投げ入れがあり、鈴木麻優騎手からもらったもので、全員の勝負服柄キーホルダーと駄菓子です。こちらは申し訳ありませんが、私の私物にさせて頂きます。

f:id:KAS_P:20170311022309j:plain

そういえばshugoro氏は何かゲットできたのだろうか?

ちなみに「餅太郎」は茨城県の駄菓子メーカー「菓道」の定番商品。「焼き肉さん太郎」や「キャベツ太郎」といった、日本人なら知らぬ者ない駄菓子—「キャベツ太郎」は100円の通常のスナック菓子サイズのものがあり、今でも時折寝る前にレンタルした海外ドラマのDVDを視ながらとか、小説を読みながらムシャムシャ食べたりしている―を作っているメーカーなれど、このご時世に独自のホームページを持たないという超硬派(代わりに取り扱っている駄菓子問屋の「やおきん」がHPで商品紹介をしている)。でも高知県とは関係なさそうなのに何故に「餅太郎」?まあ、あまり深い意味はないか?

 

というわけで、写真を提供してくださったshugoroさんと真夕さんには心からお礼申し上げます。来週月曜日にはその高知競馬で開催される交流重賞黒船賞」の予想を。