読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

葵ひかる氏の「天皇賞春」予想

木曜日の競馬の結果

笠松競馬「オグリキャップ記念」…ハズレ

1着 4番カツゲキキトキト(1番人気)◎

2着 2番アサクサポイント(4番人気)

3着 8番イッツガナハブン(3番人気)

勝ちタイム 2:43:6(良)/昨年の勝ちタイム 2:44:7(良)

コースレコード 2:39:5

 

有力馬を2頭切ったら、その2頭に2、3着を占められるという、予想を晒す者ととしてはこれ以上ない恥辱。アサクサポイントはここ数戦、人気を裏切り続けていたため、調子落ちと踏んで切ったら巻き返された。イッツガナハブンは一頓挫あり、当初予定した地元「二十四万石賞」を使えず、2カ月と1週間という地方馬にとっては長いブランクでここに臨みました。急仕上げの観が拭えず、何より2400メートルの「高知県知事賞」でリワードレブロンに0.4秒差つけられた(これが高知移籍後地元での唯一の黒星)ことから、長距離はこなせるという程度で、全国交流重賞で勝ち負けを争えるほどではないと軽視していました。だから驚いたのはイッツガナハブンの好走。ハナを取ったカツゲキキトキトをマークし続け、最後は振り切られましたが、脱落して沈んでいくトニーポケットとは対照的に、失速しながらも3着に粘った。

カツゲキキトキトは逃げ切りで見事勝利をものにしましたが、序盤から逃げて勝ったのは今回が初めてではなく、昨年の東海菊花賞も逃げ切り勝ち。2008年に2500メートルの全国交流になって以来、2位タイの勝ちタイム。1番人気(単勝1.1倍)を背負って序盤からハナに立つということは、当然厳しいマークをされるということで、そんな中でも2度目のバックストレッチに入ったところで強気にスパートをかけて差し馬たちを突き放したのは大畑の好判断。カツゲキと、それに喰いさがったアサクサ、イッツガナハブンら先行勢と分断された差し馬たちは、思ったより回復の早かった馬場で末脚を発揮できず、昨年同様差し馬勢の中では早く動いたリワードレブロンでさえまったく追いつくことができず、最後は失速したイッツガナハブンすらかわせず4着が精一杯。道中最後方だったミッキーヘネシーは上がり最速をもってしても5着がせいぜい。同じ高知の騎手でも、果敢に先行した赤岡と、笠松で乗るということに対する工夫がなく、南関と同じ乗り方をした西川で明暗が分かれました(南関での鞍上は瀧川だったが)。イッツガナハブンも最後は急仕上げが響いたか直線で失速、最後の敵はアサクサポイント一頭に絞られ、一旦はかわされそうになるも、突き放して1と1/2馬身差で快勝。地元とはいえ2度の交流重賞で3着に入線した底力を見せつけました。

 

f:id:KAS_P:20170429022724j:plain

f:id:KAS_P:20170429022733j:plain

今日、笠松競馬場に行き、新型ビジョンを拝んできました。さすがに川崎の「ドリームビジョン」には到底及ばないものの、それでも笠松にビジョンが設置される日が来るとは、数年前には夢にも思わなかった。思わず「なんまいだぶ」と、どこかの迷信深い婆さんよろしくビジョンに向かって手を合わせてしまいました。今日のことについてはまた後日。

 

f:id:KAS_P:20170429024029p:plain

ライブドアの「辛口一献」の初期、葵ひかる氏にはティアナ・ランスターという「お付き」がいました。

dic.pixiv.net

基本「ブンブン丸」なれど、その大振りのバットにボールが当たれば即特大ホームラン。桜花賞馬連17,000円、続く皐月賞でワイド6,770円連続的中と目下絶好調。葵氏が何故磯臭い完璧超人なのかは、設定した私自身忘れてしまいましたが、多分深い考えなど微塵もなかったのでしょう。というわけで、GⅠ連続高配的中を機に、ガラっと変身。

f:id:KAS_P:20170429024929p:plain

実は今日、私のブログを読んでいるという方にお会いし、「私のブログは下品ですから」と言ったところ、「全然大丈夫」と言われたので、葵ひかる氏大胆イメージチェンジ…というか、どう見ても紛うことなき単なる変態

以下は葵ひかる氏の天皇賞春予想。

 
葵「上記のアドレスはネット競馬の自分のアドレスなんだけど
先週のフローラSを◎○で馬連ゲット」
ティアナ「……普段当たらないと、たま~~~に当てると
鬼の首でも取ったかのように自慢するのよねぇ」
葵「あ、あんですってぇ~~!
皐月も桜花賞も当ててるんだぞぉ
(カスPのブログで)」
ティアナ「はいはい」
葵「何か、軽く扱われてる」
ティアナ「あんたは偉い。あんたが大将(某読み
これで満足?」
葵「すげー馬鹿にされただけな気がする」
ティアナ「気の所為よ。さっさと天皇賞の展望を言いなさい」
葵「世間はマカヒキキタサンブラックサトノダイヤモンド
上がり馬のシャケトラとシュヴァルグランが何処まで絡めるか?が焦点かと思います」
ティアナ「この前振りは全部消す!」
葵「んな訳あるか!まあ、マカヒキとシュヴァルとシャケトラは買わないけど」
ティアナ「まさか、今年は堅い!なんて寝言言わないわよね」
葵「残念ながら堅いでしょう」
ティアナ「うわー、当てに来たわ。これはダメなパターンね」
葵「ダメとか言うな」
ティアナ「あんたが手堅く行って当てたの見た事ないし・・・」
葵「…………」
ティアナ「ま、キタサン、サトノは良いとして
あと1頭は決めているわけ?」
葵「全く決めてない!」
ティアナ「胸を張って言う事じゃないでしょう・・・」
葵「しゃーないでしょ。これ書いてるの火曜なんだから」
ティアナ「それもそうね」
葵「それを踏まえてご覧頂ければと思います」
 
◎2枠3番 キタサンブラック(武豊)
皐月から一貫して◎です。
その割りに馬券が当たってないのは内緒
〇8枠15番 サトノダイヤモンド(ルメール)
想定オッズは2番だが当日は1倍台になる思ってる
死角らしい死角がない。
▲1枠2番 ラブラドライト(酒井)
今年の大穴はこいつかなぁっと
距離適正『だけ』は中々です。
△6枠12番 ゴールドアクター(横山典)
ノリに変わって前進があれば・・・
 
買い方
三連単 ◎⇔○→▲△
    ○→▲△→◎
馬連  ◎-▲△
ワイド △-◎○
 
ゴールドアクターを降ろされた
吉田隼がタマモでゴールドをビタッとマークして潰したら
良くやったと言って諦める(笑
ま、騎手は乗り変わりに対してはドライと言うがどうだろ。