粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

昨年未勝利の宮平鷹志騎手、1日3勝の固め勝ち


北の国から

まずはこちらをBGMに。

f:id:KAS_P:20170616021236p:plain

S村の兄さん、お元気でしょうか?

兄さんがお勤めに行っている間に、

1日3勝の固め勝ちをさせて頂きました。

これからススキノ行って

お姉ちゃんたちと遊んできますが、

兄さんのように一線踏み越えたりは

しませんから。

f:id:KAS_P:20170616021829p:plain

何が「お勤め」や!?

俺はちゃんと

娑婆におるでぇ!

あと最後は

余計なお世話や!!!

 

昔ニコニコで作っていた動画のノリでいけば、こうなるのでしょう。

デーリイスポルツさんという方からのタレコミで、6月13日、ホッカイドウ競馬の宮平鷹志が2015年以来の勝利で、しかも1日3勝の固め勝ちをしていたことが発覚。

第3R  テネレッツァ 3番人気1着/7頭 黒川智厩舎

第4R キングテースト 8番人気6着/9頭 谷口常厩舎

第5R アースウォール 4番人気1着/7頭 岡島玉厩舎

第6R ベルダリリー 1番人気1着/12頭 岡島玉厩舎

ただし翌14日は平常運行で15日に至っては騎乗すらなし。

前のブログで、一時期毎週宮平の成績をUPしていたのですが、岡島厩舎は所属厩舎で、谷口厩舎も質はともかく時折宮平を乗せてくれていたのですが、黒川智貴厩舎というのは当時はなかった。調べてみると2015年に開業したばかりの新しい厩舎。14日はテイエムモモタローという馬に宮平を乗せて、結果は8頭立てで7番人気7着だったのですが、「テイエム」という冠名からわかるように、オーナーが荒尾競馬時代、宮平が所属していた平山良一厩舎に多くの馬を預けていた竹園正継氏。2011年12月1日、荒尾最後の「たんぽぽ賞」勝ち馬はテイエムハエンカゼ(中央)で、鞍上は宮平。荒尾廃止後も現役続行を希望する宮平に勲章を付けて送り出したいと、平山師も竹園オーナーも思ったのでしょう。有力な中央所属馬(鹿戸明厩舎所属)に乗せて、宮平は期待に応えた。

竹園オーナーは、テイエムオペラオーから和田を降ろせと管理していた岩元調教師に迫り、岩元師が拒んだというエピソードが知られていますが(とはいえ竹園氏と岩元師は同郷で、固い信頼関係で結ばれていた)、荒尾では宮平や村島俊策に留まらず、パク・ゼホという韓国の騎手が短期騎乗で滞在した際、当時韓国の騎手は総じて低レベルで通っていたにも関わらず、積極的に騎乗機会を与えてくれた。黒川厩舎には昨年の中央GⅢ・京都金杯2着だった元中央OP馬テイエムタイホーも在籍…しているけれど、移籍後はまったく振るわないのはダートが駄目なのか。それから中央3勝のテイエムシャンパンも移籍してきていて、時々でいいから宮平を乗せて欲しい。主戦にしてくれなんて、おこがましいこと言いません。時々でいいです。

宮平は正直荒尾でも腕が立つ方の騎手ではなく、騎手の層が厚いホッカイドウでしかも成績上位の厩舎(現在の岡島厩舎の前)に移籍すると知ったときは、これは苦労は免れないと思いましたが案の定。でも最底辺ながら心折れることなく、今日までしがみついてきたのは立派。

最近配る相手もいないのに酔狂で名刺を作り、名前の上に「荒尾競馬ファン残党」という肩書を添えているのですが、荒尾競馬の魂を継承している宮平には、底辺でも何でもいいからとにかく現役の騎手を続けていって欲しい。今年の春、ようやく南関の競馬場(川崎)に足を踏み入れたばかり。ホッカイドウは遠いですが、いつか行ったとき、パドックで宮平の姿を見たいのです。