粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

地方競馬のダービーって、「JDD」以外に2つしかないの?

最近、「睡眠負債」という言葉があちこちで採りあげられ、私などは「睡眠多重債務者」で、週に半分は5時間ちょっとしか睡眠をとれない状況が半年近く続いているのです。午前4時に布団に潜り込み、午後9時半までせめて睡眠の"質"だけでも…と眠っていたら、8時前に携帯電話のメール着信音で起こされた。

 

f:id:KAS_P:20170710034127p:plain

予想メールを送りたかったのですが、スマホデビューで使い方がいまいちわかりません(笑)

このメールを打つのに5分ぐらいかかってます。

カフジテイクの末脚に期待と言いたいのですが、ベストマッチョの先行逃げ切りに期待です。

 

結局このメールですっかり目が覚めてしまったわけで。いつも最後方のカフジテイクは、福永が"いつもよりは"前に位置取ったのですが、そうすると追い出しでどこかもたついてしまい、結局は勝ち馬を捕らえきれず2着。ベストマッチョはまるで空気。

ちなみに奥方には真夕さんがこんな写真を。某球場前のドンキホーテらしい。

f:id:KAS_P:20170710035931j:plain

―おりしもワースト記録を塗り替えたばかりの状況なのに・・・?と内心不思議でしたが、結構な売れ行きのようでして、弱い時こそ応援するのが本当のファンということなのだと思い直しました。
ぜひモリアテ教授の奥様に購入をお勧めして下さいませ。
(もう、お持ちかもしれませんが・・・)

 

今年は中日ドベゴンズが最下位確定かと思いきや、別次元で弱過ぎるチームがふたつもあるので、相対的に浮上して、DeNAとAクラス争いまではじめてしまった。

 

さて、最後にちょっと競馬の話。水曜日の大井の「ジャパンダートダービー」の出走表が出ましたが……。

地方競馬のダービーって、

東京ダービー東海ダービー

しかないの?

14頭中、中央馬7頭に「東京ダービー」1、2着馬を含めた南関勢5頭。それから「東海ダービー」2、3着馬。

NARの「ダービーシリーズ」で「ダービー」と認められているのは8レース。「東京ダービー」は1、2着、他のダービーは1着馬が優先出走権を与えられる。フルゲートは16頭で、中央7頭、東京ダービー1、2着馬、そして他7場のダービー馬7頭で争われることを前提にしているはず。地方のダービー馬すべてが「JDD」に集まるのは簡単ではないにしても…これは幾ら何でもひどすぎる。

東海勢は2頭出るにしても、肝心の「駿蹄賞」、「東海ダービー」を連勝したドリーム何とかは尻尾を巻いて逃げ出す有様。東海のクラシック2冠馬はこの程度かと思うと、幾ら名古屋に愛想を尽かした身としても、さすがに悲しくなってしまう。今回厳しい戦いを承知の上で出走するサンタンバを管理する今津勝之師とオーナー大西優氏、サザンオールスターを管理する今津博之師と小菅誠オーナー(ともに名古屋)には敬意を表したい。

確かに「ジャパンダートダービー」は中央馬が7頭がいて、レベルが高い「東京ダービー」以外のダービー馬は、上位に喰い込むのは至難。「スパーキングレディーカップ」のウリャオイで、上位を望めない交流重賞は却って馬を損耗させると述べましたし、オリンピック精神で馬に遠距離輸送の負担を強いるくらいなら、休養させて秋の地元の重賞に備えた方が戦術的には利口でしょう。でも、やっぱり「ダービー」は、各地のダービー馬が一堂に会して欲しい。中央のダービーにあまり関心がなくなった分、せめて地方の「ダービー」で、馬券の当たりハズレとは別次元のお祭り気分を味わいたいと思ったのですが…。地方競馬の苦境からの巻き返しも、こういうところで水をさされてしまうのです。