粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

大井競馬「ジャパンダートダービー」(3歳交流GⅠ)予想

ジャパンダートダービー(JDD)」の予想を。2000メートル。第11R。20:05発走。

今年は結構難しい。というのも中央勢の勝負付けが決まっていない。ユニコーンS(3歳GⅢ)ではサンライズノヴァが圧勝しましたが、同馬をリゾネーターが伏竜S(3歳OP)で圧倒している。ところがそのリゾネーターは「兵庫CS」(園田・交流GⅡ)で、単勝1.4倍に推されながら4着。「兵庫CS」を勝ったタガノディグオは500万戦でサンライズノヴァに0.1秒差だったこともあり、ユニコーンSでは私が本命に推した(結果3着)サンライズソアも差はない。

一方南関からは「東京ダービー」1~3着馬が迎え撃つ。ダービー馬ヒガシウィルウィン、そのダービー馬を「羽田盃」で破ったキャプテンキングは中央時代、「ヒヤシンスS」5着。0.5秒差の勝ち馬エピカリスはドバイの「UAEダービー」で2着でした。中央から移籍初戦でいきなり南関の皐月賞ともいわれる「羽田盃」を勝ち、いつぞやの繰り返しかと思わせましたが、「東京ダービー」では「羽田盃」で0.1秒差2着だったヒガシウィルウィンが1.3秒差の大差をつけてひっくり返した。

 

<カスPの予想>

◎3枠3番 タガノディグオ(JRA・川島信)

〇7枠12番 サンライズノヴァ(JRA・戸崎)

▲6枠10番 リゾネーター(JRA・小幡巧)

△3枠4番 ヒガシウィルウィン(船橋・本田)

△5枠8番 サンライズソア(JRA・川田)

×4枠6番 キャプテンキング(大井・矢野)

?7枠11番 ブラウンレガート(大井・的場)

 

本命はタガノディグオで。「兵庫CS」はハマった感じの勝ち方で、小回り向きの馬ではないかとも思わせたのですが、中央の広い競馬場のレースでも遜色ない。ただ、典型的捲りタイプで、上がり最速を幾度も出しながら勝ちきれないレースが多いのも、脚質のせいか。勝ちきれるかどうかわかりませんが、最後は確実に伸びてくるはず。ただ、内枠を引いたのは微妙で、外を回せば着は堅いが届かない可能性も大きい。無理にインに拘れば詰まる虞もある。川島がどう判断するか。

サンライズノヴァは、ユニコーンSでの勝ち方があまりに鮮やか過ぎる。おそらくあの圧勝劇で1番人気に推されるでしょうが、ここ最近1番人気の馬には裏切られまくり。

リゾネーターは前走は小回りが向かなかったし、癖のある園田コースは経験の浅い小幡には難しかったか。その点大井では見直せる。後述の岩崎と違い、引き続きチャンスを与えられた小幡巧。陣営の温情に報わなければ。

乗り替わりがどう作用するかわからないのがヒガシウィルウィンとサンライズソア。前者は森泰斗が負傷。船橋の名手の不在は痛いのですが、本田で大きく割り引く必要はないでしょう。降って湧いた大一番のチャンスで委縮して下手を打つ様な騎手であれば、そもそもここで任されない。後者は河内師がこれまで乗ってきた若手の岩崎を降ろした。残念ではありますが、特に乗り難しい馬には思えず、川田でも問題ないか。ただ、岩崎を降ろす以上、デムーロルメールを乗せるくらい非情に勝負に徹して欲しかった。どこか中途半端。

ブラウンレガートは「ニューイヤーカップ」ではヒガシウィルウィンと差がない競馬。3着だった「東京ダービー」では完全に離されましたが、2着キャプテンキングとは差がない。鞍上は大一番で底力を発揮するタイプ。もつれれば3着はあるかも。

 

買い目は3を軸に三連複4、6、8、10、12に流して10点。それからワイド3-11で計11点。

 

久しぶりの

万年負け組権八先生

f:id:KAS_P:20170712003526p:plain

よォく聞けバカチンども。

JDDとはな

(J)ジャギ

(D)では

(D)ダメだ

ということだぞ。

つまりカスの予想なんぞ参考に

するなってことだァ。

これを

「腐ったミカンの方程式」って

言うんだァ。

今回それを応用して

JをJRAに置き換える。

つまり、本命は地方馬

 

<逆神の権兵衛の予想>

兵庫CSとの時計比較で見ると羽田盃好走組は十分勝負になるレベルと思われます。そうなるとJRA勢+東京ダービー1、2着馬は馬券圏内といえそうで、そこからの馬券の絞込みは交流重賞らしからぬ難解さと言えそうで・・・
 
◎3枠4番 ヒガシウィルウィン
前2走の時計からは能力的に足りる。着外過去1回の安定感と地の利から本命に推す。
〇3枠3番 タガノディグオ
初の地方小回りコースでの快勝は収穫。直線延びるのはプラスで差し効く大井で更に。
▲7枠12番  サンライズノヴァ
 前走の差し脚は強烈。地方コースへの対応鍵も長めの直線生かせる展開は想定内。
△5枠8番  サンライズソア
ユニコーンS完敗も2走前から見限れず。川田が積極策に出るようなら煩い。
×4枠6番 キャプテンキング
東京ダービー完敗も逃げの手の2走前の成績は魅力。楽逃げ叶えば粘り込み十分
 
馬券は3連複で、 
3、4、6、8、12
のボックス計10で参ります。
ちなみに先週のスパーキングレディーカップは、ホワイトフーガ本命にして流し買いで撃沈しましたorz。