粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

船橋競馬「習志野きらっとスプリント」予想

ここ数日更新がないのは、カスPにネタが枯渇しているからだと気を遣って(?)ネタを送って下さる方がおります。

f:id:KAS_P:20170725000503j:plain

前のブログならそのまま掲載したのですが、それが積み重なってブログを移らざるを得ない羽目になったわけで。それはともかく、来年3月に発売される予定のちーちゃんフィギュア、予約しようかどうか迷っております。今はアイマスのフィギュアはひとつも持っていないのですが、ニコマスP時代、いじりにいじり倒したちーちゃんは、私の青春の最後の1ページなのです。

f:id:KAS_P:20170725003034j:plain

ただ、同じシリーズで、「逆神の権兵衛を倒せ!」の特賞だった律子フィギュアは、最初は5月発売予定のはずが、6月、7月とずるずる延期となり、とうとう9月になってしまいました。フィギュアとコーエーテクモのゲームソフトは延期が当たり前で、クオリティを犠牲にしてまで無理に発売日に間に合わせるよりかは、延期してくれた方がマシなのですが、しっかり発売日を守るバンダイが如何に優れた大企業であるかがわかる。

 

あと、中京2歳S、7頭立てなのに目野厩舎の馬が3頭いるとか。ちなみに5番人気、6番人気、7番人気で結果は3着、6着、7着。

有難いことに他にもネタや写真を送ってくださる方がいるので、随時紹介していこうと思うのですが、8月はお盆過ぎまで地獄のような忙しさで、身体を保つだけで精一杯。更新もかなり少なくなると思います。それでもお盆の盛岡「クラスターカップ」、佐賀「サマーチャンピオン」、ホッカイドウ「ブリーダーズゴールドカップ」の交流重賞3連発、それから8月15日の笠松「くろゆり賞」、中央の「札幌記念」は予想したいと思っています。

 

船橋競馬習志野きらっとスプリント」の予想を。1000メートル。第11R。20:15発走。

「JDD」と違って、5場の「スーパースプリントシリーズ(SSS)」トライアル勝ち馬のうち、岩手のエーシンシャラク以外の4頭はここに駒を進めて来た。かつて「東海ダービー」はこの馬が獲るのでは?と期待したこともある笠松ハイジャも「名古屋でら馬スプリント」を制してこの舞台に登場。そういえば「習志野きらっとスプリント」は、2011年に創設されて最初のレースから、笠松ラブミーチャンが三連覇を成し遂げた。2011年は荒尾でトライアルのひとつ「九州むしゃんよかスプリント」があり、勝った荒尾のペプチドジャスパーが「習志野きらっとスプリント」に出たのですが(結果はブービー負け)、同年末の荒尾の廃止とともに最初で最後の重賞となり、佐賀の馬は「園田FCスプリント」が対象になります。高知も同レースで、2015年、サクラシャイニーが勝って「習志野」へ駒を進めました(結果4着)。

ただ…今年はメンバーを見ると「何これ?」と思わざるを得ないところがある。中央から南関への移籍初戦の馬が5頭もいるのです。中央からの移籍初戦で出てはいけないという決まりはないのですが…。

これで中央からの移籍組が上位を占めたら、「SSS」の存在意義が疑われてしまいますが、幸いというべきなのか、ここで上位を狙えそうな馬は2頭くらい。その2頭以外に上位を奪われようものなら、ホント地方競馬何やってんだと言いたくなる。

 

◎2枠2番 フラットライナーズ(船橋・左海)

〇4枠6番 ブルドッグボス(浦和・戸崎)

▲1枠1番 ワディ(大井・矢野)

△6枠10番 スアデラ(船橋・本田)

△3枠3番 サトノタイガー(浦和・笹川)

×7枠11番 タイセイバンデッド(ホッカイドウ・岩橋)

 

この中で中央からの移籍組はブルドッグボスとワディ。ただどちらも4月29日の天王山Sが最後で、ブランクがある。それに地方の水が合わないということもあり得ます。

そこで本命は昨年覇者で、今年もトライアルの「川崎スパーキングスプリント」等、順調にここまで勝ち進んだフラットライナーズを。カペラSの惨敗振りや、昨年半馬身差の2着馬が、中央から移籍初戦だったアドマイヤサガスだったことが、中央移籍組との力関係で不安なきにしもあらずですが、地元の利を活かして連覇を狙って欲しい。

サトノタイガーは一昨年2着、昨年3着馬。南関の馬には珍しく笠松にも馴染みある馬で、これまで2度「笠松グランプリ」に出走してきて、2度とも岩手のラブバレットに勝利を阻まれた。全盛期の勢いはありませんし、もう9歳で、さすがに1000メートルは忙しいと思えなくもないのですが、「JBCスプリント」2着の実績ある馬。もうひと花咲かせるだけの力は秘めていると思います。

スアデラはスプリント路線に移行してから台頭してきた。牝馬ということで斤量54も魅力。

タイセイバンデッドは6歳馬ですが、10レースしか走っていない。中央では500万を1勝しているだけですが、まだ使い減りしていないので底が見えていない魅力はあります。この相手関係でどこまで?

買い目は2を軸に三連複1、3、6、10、11に流して10点。

笠松ハイジャ(4枠5番)は、生粋のカサマツホースだけに応援したいけれど、客観的に見ればここは荷が重い。フラットライナーズとのワイドと複勝に留めます。計12点。