粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

渡邊竜也がヒーローになった日

f:id:KAS_P:20171019014608j:plain

今度の土日2日間にわたって「笠松競馬秋まつり」が開催されます。

一方で、世相を反映してこんなポスターも。

f:id:KAS_P:20171019014843j:plain

さて、「岐阜金賞」当日、第7Rでゲートが開いた直後、新人渡邊竜也がバランスを崩して落馬。ただ本人はすぐ立ち上がり、馬の方も大事なくカラ馬で馬群について行った。

その次の第8R。「第12回・海津資材杯」、特選レース。

f:id:KAS_P:20171019015559j:plain

f:id:KAS_P:20171019025245j:plain

彼はヒーローとなっていた。1番人気サクラエで、3番人気ナチュラルワンダーと同着かと思われたが、僅かなハナ差で勝利。ちなみに3着にまったくの人気薄が来たため、三連複は45,600円、三連単130,290円と三連系は大荒れに。

f:id:KAS_P:20171019020032j:plain

f:id:KAS_P:20171019020048j:plain

f:id:KAS_P:20171019020108j:plain

特選レースを勝っただけなのに何故かあちこちからサイン攻め。

現時点で15人中12位(兵庫から期間限定騎乗の松本が10位)。現在26勝(うち名古屋1勝)で、後藤師夫人に「このまま行けば最優秀新人騎手でしょう」と言ってしまったが、調べてみると…。

赤津和希(浦和) 3戦0勝 0.0/0.0

藤田凌(大井) 184戦15勝 8.2/13.6

櫻井大輔(川崎) 345戦20勝 5.8/11.0

渡邊竜也(笠松) 377戦26勝 6.9/18.3

永井孝典(兵庫) 305戦24勝 7.9/14.1

長谷部駿弥(兵庫) 155戦12勝 7.7/11.6

(右端の数字は勝率/連対率。南関の3人は4場での計算。渡邊は名古屋、笠松で計算。2017年10月18日現在)

私は南関に疎いので、浦和の赤津については何かアクシデントがあったのかよくわからないのですが、佐々木竹見の肝煎りという櫻井ばかりに気をとられていたら、兵庫の永井が追い上げてきている。しかも勝率では、渡邊は6人中4位。最後までまったく気が抜けない。それに力量を図るに、藤田、櫻井については南関という厳しい環境で、1レースでの出走頭数が笠松より多いことも加味しないといけないでしょう。

f:id:KAS_P:20171019024516j:plain

デビュー当時、まだマルコメ坊やだった渡邊の缶バッジ。300円也。時折鞄に缶バッジを幾つか付けている人を見かけますが、鞄にこんな缶バッジ付けていたら、「誰やねんコイツ?」と突っ込まれそう。もっとも、笠松の騎手なら渡邊に限った話ではないのですが。