粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

大井競馬「東京大賞典」(交流GⅠ)予想

f:id:KAS_P:20171229025014p:plain

権兵衛本命ルーカス6着

カスP本命サンリヴァル4着

今年一年大変ご迷惑を

おかけしましたぁ。

 

木曜日の競馬の結果

中央中山「ホープフルS」…カスPハズレ/逆神の権兵衛ハズレ

1着 7番タイムフライヤー(1番人気)カス△ 権〇

2着 15番ジャンダルム(4番人気)

3着 13番ステイフーリッシュ(8番人気)カス△

 

今年最後の中央GⅠはデムーロデムーロでも、弟の方でした。最後方から大外捲り。有馬記念とは打ってかわって激しい先行争いで、1000メートル59秒6というハイペースに助けられた面もありますが、大胆な競馬。デムーロ弟は有馬記念ではコスい競馬をやってクイーンズリングを2着に持ってきましたが、今回はそれとは対照的。

私の本命サンリヴァルは、あの流れで2番手では…それでもよく持ち堪えた方。ジャンダルムは、ここ最近武豊が乗れているだけに迷ったのですが、ビリーヴの仔で、マイルまでしか経験がないこと、外枠であることを消しの理由としました。ところが終わってみれば忙しい流れで先行陣総崩れ。ステイフーリッシュも含め、外枠であることが却って良かったのかも。対抗トラインは先頭でレースを引っ張り途中で故障。大事に至らなかった…とは思うのですが、どうしてこんなに速くなった?2歳馬だからいったん火が点くとなかなか抑えられないのか、それとも鞍上の力量か…?田辺は「流れが速かった」とコメントしていましたが、その流れの中心にいたのは誰だよ?と。外国人騎手と日本人騎手の力量の差を感じざるを得ない一戦。ルーカスは最終的に3番人気でしたが、調整で狂いが生じた今回はノーカウントでいいでしょう。

 

今年最後のGⅠ、今年最後のカスP権兵衛予想対決―市民マラソン大会の最後方でグダグダになっているメタボのオッサン二人組のような、対決とはいえない有様―「東京大賞典」の予想を。2000メートル。第10R。16:30発走。

 

<カスPの予想>

◎5枠10番 インカンテーション(JRA・三浦)

〇4枠8番 ヒガシウィルウィン(大井・森)

▲6枠12番 ケイティブレイブ(JRA・福永)

△1枠1番 ミツバ(JRA・M・デムーロ)

△7枠13番 コパノリッキー(JRA・田辺)

△2枠3番 サウンドトゥルー(JRA・大野)

 

インカンテーションは大井は走ったことないものの、「かしわ記念」(船橋・交流GⅠ)2着、「白山大賞典」(金沢・交流GⅢ)勝ちと地方の砂で実績はある。ただ、2000メートルという距離がちょっと長いかも。「白山大賞典」は2100メートルでしたが、如何せん相手が緩かった。それでも本命視したのは、ここ数戦好位で安定した競馬ができているから。武蔵野S(中央GⅢ)勝利の後、チャンピオンズカップに行かず、敢えてここを選んでローテに余裕を持たせたことにも好感が持てます。

南関ファンのみならず地方競馬ファンの期待を一身に背負うダービー馬・ヒガシウィルウィンは休み明け「さきたま杯」2着でしたが、一気に相手強化。それでも対抗に挙げたのは、やはりこの馬も安定した競馬ができるから。叩き2走目。真価を問われるというにはあまりに相手がキツイが、どの馬も隙がないわけではない。頑張って欲しい。

ケイティブレイブは同じコースの「帝王賞」を勝っていますが、出遅れて末脚勝負というイレギュラーな戦法で勝利をものにしました。ただ、その後いつもの逃げ、好位では善戦まで。詰めが甘い。今回逃げるという話もありますが、煙幕なのか本気なのか?あと、ちょっと使い詰めなのが気がかり。

ミツバはチャンピオンズCで12番人気6着、勝ち馬から0.4秒差と善戦。鞍上デムーロ兄も心強いのですが、ケイティブレイブ同様使い詰め。ここでもうひと踏ん張りしてくれるか、それとも疲れが出てしまうか。

コパノリッキーは今回がラストラン。一度は終わったかと思ったこともあったのですが、「かしわ記念」勝利から巻き返して今年は良績を重ねています。ただ、「東京大賞典」は同じコースの「帝王賞」ほど成績が安定していない。それに毎年チャンピオンズCを凡走してここに来るのですが、今年は同レース3着。もしかして反動があるかも。キタサンブラックイスラボニータは有終の美を飾りましたが、この馬は果たして?

昨年3着のサウンドトゥルーは「JBCクラシック」を勝っていますが、チャンピオンズCでは見せ場もへったくれもなし。脚質が脚質なのでGⅠクラスになると他力本願な面もある。

 

買い目は三連単10→1、8、12→1、8、12で6点。

それから馬連10-1、3、8、12、13で計11点。

 

<逆神の権兵衛の予想>

JRA勢7頭+ヒガシウィルウィンあたりの能力差はそれほど無さそうで、調子と展開次第で如何様にも決着しそうなメンバー構成。スローペースかハイペースかを当てるのも難解で、とりあえず根拠無しでもどちらかに絞らないと予想纏めることすらままならず・・・

◎1枠1番 ミツバ
後方待機でもスローならデムーロだけに早々に捲るか?上位食込む能力あり本命抜擢。
〇8枠15番 ロンドンタウン(JRA・岩田)
前走大敗の理由は疲れかコースか?小回りコース向けの感あり巻き返し期待で。
▲5枠10番 インカンテーション

マイル~中距離で4戦連続連対と復調確か。好位で上手く立ち回れれば初GⅠ勝ちも。
△2枠3番 サウンドトゥルー
前走無策に後方の侭なのはどうかも大井は6戦着外1回と相性良く反撃あって当然。
×4枠8番 ヒガシウィルウィン

JDD勝ちの新鋭。勝負に持ち込むには時計短縮必須もそれが可能な器と見る。

馬券は 
1、3、8、10、15
の3連複ボックス計10点で参ります。