粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

日曜中京メイン「東海ステークス」(GⅡ)予想

木曜日(先週)の競馬の結果

笠松競馬「白銀争覇」…ハズレ

1着 1番インディウム(2番人気)▲

2着 6番ダイヤモンドダンス(6番人気)△

3着 4番ディアグリスター(5番人気)△

勝ちタイム 1:27:3(稍重)/昨年の勝ちタイム 1:26:5(良・ランドクイーン)

レコードタイム 1:23:6

f:id:KAS_P:20180121014059j:plain

f:id:KAS_P:20180121014149j:plain

f:id:KAS_P:20180121014218j:plain

f:id:KAS_P:20180121014235j:plain

10日ぶりくらいの更新となります。

実は「白銀争覇」は現地で観戦しました。メンバー中一番実績のある馬を、近走の成績と最内枠で過小評価してしまいました。三連複で万馬券だっただけに悔しい。

友森翔太郎はディアグリスターのような切れる末脚もないメモリージルバをあんな後方につけて、一体何をするつもりだったのか。終始空気のような存在。エイシンアトロポスは最初からハナに立ったのが勇み足だったかもしれません。佐賀の牝馬限定重賞ではテンからハナに立って押し切りましたが、やはり今回は相手が違う。外のハドウホウかデルマチョウスケを先に立たせて番手でレースを進めることができれば、最後もうひと踏ん張りするだけの余力があり、インディウムには敗れたとしても、ゴール前で2、3着馬にたて続けにかわされることまではなかったかも。

 

中京の東海ステークスの予想を。

同じコース(ダート1800メートル)のチャンピオンズカップ2着だったテイエムジンソクが圧倒的人気。このメンバー構成だとそれも当然かな、と。かつて荒尾競馬を盛り上げたテイエム軍団、GⅠで勝ち負けできる逸材は久し振りで、ここは余裕で勝って欲しい反面、コイツが崩れれば配当美味しいなという助平心も。

内にサルサディオーネという逃げ馬がいますが、スピード能力からしテイエムがハナに立つ可能性が高い。中京ダート1800メートルは直線が長く、急坂になっている割には基本逃げ、先行有利。どうも2コーナー途中からバックストレッチ真ん中までの上り坂が、ペースを緩める役割を果たしているようで、それが逃げ、先行馬に一息つかせ、後半を楽にさせている。2015年チャンピオンズカップのように先行勢総崩れのパターンもありましたが、あのときは潰し合いに等しい激しい先行争いがあった。ディアデルレイやシャイニービーム、モルトベーネはあまりガツガツ行くタイプではなく、テイエムが無難にレースを作れそうな今回、その可能性は高くない。ただ、逃げ、先行馬中心でも、3着までのうち、1頭は差し、追い込み馬が来るパターンも多く、考慮した方がいいでしょう。

 

◎4枠8番 テイエムジンソク(古川/1番人気 1.2倍)

〇4枠7番 タガノエスプレッソ(北村友/9番人気 52.6倍)

▲5枠9番 ディアデルレイ(勝浦/2番人気 9.2倍)

△2枠3番 モルトベーネ(秋山/7番人気 37.7倍)

△1枠2番 シャイニービーム(中谷/11番人気 62.8倍)

×3枠6番 コスモカナディアン(丹内/13番人気 109.1倍)

 

対抗は追い込み馬タガノエスプレッソ。堅実な末脚を持っています。叩き2走目で良化も見込める。

ディアデルレイモルトベーネ、シャイニービームは中京ダート1800メートルで有利な先行タイプということで。モルトベーネは昨年12番人気ながらも2着。この3頭の中で、唯一中京ダートで勝ち鞍があるのがシャイニービーム。

コスモカナディアンの前走の大敗は休み明けだと度外視すれば、人気ほど他馬には見劣りしない実績。鞍上丹内は昨年夏、エルムSで4着。差し馬で展開次第ですが、叩いて中間は数字だけ見れば確実に良くなっている。

 

買い目は8を軸に三連複2、3、6、7、9に流して10点。

 

f:id:KAS_P:20180121034203p:plain

こちらも久し振りのモリアテ教授の予想。

久しぶりに予想する時間ができましたわ~。
ただ、トリガミ確定予想(笑)

東海ステークス
調教絶好 3・8
テイエムジンソク
勝負馬券は、【7・8・9・10】馬連BOX。

【アメリカJCC】
◎ミッキースワロー
勝負馬券は、【1・3・5・7】馬連BOX。

おまけ。
ゴールドアクター】を目にすると【ゴールドライタン】を唄ってしまいます。

f:id:KAS_P:20180121033046j:plain

私(カスP)の中で「ゴールドライタン」といえば、コイツが真っ先に思い浮かぶのです。というのも、私が唯一親に買ってもらった「ゴールドライタン」の超合金がコイツだったから。余りに見た目のインパクトが強いので、未だ買ってもらったときの光景すら鮮明なのですが、後になってラインナップを見ると、どれも大差なかったりする。中に硬貨を収容することができるのですが、実用性に乏しいのは言うに及ばず。