粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

「ダイオライト記念」はスノーモンキーでいきます。

f:id:KAS_P:20180314033815j:plain

フィリーズレビュー発走直後のカスPの表情

 

日曜日の競馬の結果

中央阪神フィリーズレビュー」…ハズレ

1着 10番リバティハイツ(8番人気)△

2着 9番アンコールブリュ(2番人気)▲

3着 2番デルニエオール(5番人気)△

 

船橋競馬ダイオライト記念」の予想を…9頭立てでJRA勢が3頭。この3頭三連複1点でいいのでは?三連複110円の2009年「名古屋大賞典」のようになりそう。笠松から2頭参戦していますが……コメントは差し控えさせて頂きます。

JRA勢と地方勢との差があまりに大きすぎる今回、JRA勢が一頭コケるとして、割って入ってくる余地があるのが中央1600万条件からの転入初戦となる4枠4番スノーモンキー。鞍上は元荒尾競馬の西村栄喜。同競馬場廃止に伴い、南関に移籍した3名のうちで、一番最初に重賞を制した。といっても騎乗数が多いわけではなく、懸念していたようにほぼ調教要員。第2志望が名古屋だったそうで、「名古屋に行っていれば…」と荒尾ファン残党の私は当初歯痒く思っていたのですが、それでも当の本人は「西村?誰それ知らない」と南関ファンに言われながらも真面目にコツコツ、調教という仕事をこなした。見てくれている人は見てくれているわけで、2016年10月、浦和の重賞「埼玉新聞栄冠賞」をタイムズアローで制覇。実は遡ること5月、「かしわ記念」で騎乗、10頭立ての8番人気で6着だった。とはいえ単勝2.1倍の1番人気に推された翌年「報知グランプリカップ」で11着と大負けこいて以降、お呼びがかからなくなってしまったのですが。

今回も突然降って湧いた騎乗機会。中央最後の1600万条件・安達太良S(福島)では4着。とはいえ昨年7月の話で休み明け転入初戦。蓋を開けてみないとわからないところはありますが、中央3頭とスノーモンキーの合わせて4頭を三連複ボックスで3点。そしてスノーモンキー軸に中央馬3頭を馬連で流して計6点。