粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

元笠松の阪上忠匡、南関で騎手復帰。

水曜日の競馬の結果

船橋競馬ダイオライト記念」…三連複140円的中(7点)

 1着 1番ケイティブレイブ(1番人気)

2着 2番アポロケンタッキー(2番人気)

3着 7番マイネルバサラ(3番人気)

勝ちタイム 2:34:8(稍重)/昨年の勝ちタイム 2:36:4(クリソライト・不良)

コースレコード 2:29:6

 

スノーモンキーは勝ち馬から6.1秒差5着。それでも160万円、西村は8万円もらえる。4着ウマノジョーに離され過ぎたのは不満ですが、レース振りをみたところ、やはり休養明けで馬がまだ出来ていなかった。追走に精一杯という感じで、それでも6着馬はそこから更に大差。地方勢の面子が如何にお粗末だったかがうかがえる(その一角を我が笠松勢が占めていることはともかく)。140円という三連複の配当は、はっきり言って高い。1万円賭けていれば4千円儲けられたんだなぁ…と思うのですが、あくまで結果を見て言えることで、どこぞのヘマ中のようにゲートが開いた途端ポテチン、ということもあり得る。そう思うと1万円突っ込むのはやっぱり怖い。こういうチキンハートはギャンブルには向いていないのでしょうが、身を滅ぼすこともないということで。

 

地方競馬の、平成29年度第3回の調教師・騎手免許試験の新規合格者発表がありました。兵庫の木村健が調教師に転身するというのは、ちょっと残念な気もしないでもない。「キムタケ」の愛称で名古屋、笠松の重賞をさんざ荒らし回ってくれた憎たらしい存在なのですが、馬券を買うときに信頼できる数少ない騎手でもありました。

新人騎手(第96期生)は6名―7名いるのですが、ひとり何かしらの事情でデビューが遅れるのかもしれない―で、今回は東海地方でデビューする騎手はなし。ただ、新人ではないのですが、南関でカムバックする騎手に、憶えのある名前が…阪上忠匡34歳。元笠松の騎手です。

印象深いパートナーはカキツバタロイヤル。2009年に3歳重賞である「新緑賞」(笠松)、「駿蹄賞」(名古屋)を勝利。実は「駿蹄賞」当日第8レースでは、アイドルマスターのキャラクター・水瀬伊織の誕生日を祝う「痛レース」も行われていました。「東海ダービー」では1番人気に推されながらも3着だったのですが、その後南関に移籍、長く第一線で活躍し、現在は種牡馬になっているとか。

阪上(第77期生)は2006年、高知の全日本新人争覇に出場しているのですが、その顔ぶれが豪華。

高松亮(岩手)、町田直希(川崎)、松戸政也(金沢)、阪上忠匡(笠松)、山本茜(名古屋)、

小谷周平(兵庫)、森井美香(高知)、南谷圭哉(佐賀)、田中純(荒尾)、藤岡佑介(中央)、

津村明秀(中央)

今は目迫センセーのおかみさんになっている森井と、少し前に引退した山本茜以外は未だ全員現役。

阪上は、一時期武者修行で大井に世話になっていた縁もあって、カキツバタロイヤルを追うように笠松の騎手から大井の厩務員に転身(その後川崎へ)。というか、当時の笠松は崖っぷちで廃止の暗雲が競馬場の上を色濃く立ち込めていました。安藤光彰もそうですが、逃げたといえば逃げた。でも、当時の笠松は誰もそれを責めることができない状況だったのです。現役復帰したからには、いつか「オグリキャップ記念」や「笠松グランプリ」、「ラブミーチャン記念」のような全国区の交流重賞で南関から遠征してきてもらいたい。

ちなみに阪上の現役最後のレースは2011年1月22日。荒尾が廃止されたのが、東日本大震災を挟んだ同年暮れ。そう思うと、一度は競馬界から去った荒尾の騎手がまた舞い戻ってきてくれないかなと、ふと何人かの名前を思い出してしまう。

 

f:id:KAS_P:20180315235720j:plain

f:id:KAS_P:20180315235403j:plain

f:id:KAS_P:20180315235421j:plain

もうひとつ、気になるニュースが。船橋の中野省吾が騎手免許を更新しないとか。昨年、「ワールドオールスタージョッキーズ」に地方競馬代表として出場しているのですが、トラブルや制裁もいくつかあり、どうもそれが影響しているらしい。笠松で短期滞在して、上の写真は紹介セレモニーのときのもの。その頃はまだアンチャンだったのですが、光るものを持っていた。笠松を去る際には「Y下雅之、S崎和也、M島貴之との3対1のトレードなんかどうスか?」と半分本気で思ったりもしました。でも、そのときは南関を代表するトップジョッキーのひとりになるなんて思っておらず、帰ってまた南関の大勢の騎手の中に埋もれてしまうなんて勿体ないと思ったのですが。マスコミで報じられていることが全てとは限らず、外部の人間が知ることのできない事情もあるかもしれませんが、良かったら笠松で再デビューなんか如何ですか?水野翔と渡邊竜也をもれなく舎弟としてお付けしますので。