粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

日曜中京メイン「高松宮記念」(GⅠ)予想

f:id:KAS_P:20180325025018p:plain

昨年の高松宮記念のときの時事ネタ。まさか1年経っても相変わらず大騒ぎとは。

 

木曜日の競馬の結果

笠松競馬「マーチカップ」…三連複2400円的中(10点)

1着 4番ハタノリヴィール(2番人気)◎

2着 2番フロリダパンサー(3番人気)〇

3着 3番メモリージルバ(5番人気)×

勝ちタイム 2:02:1(重)/昨年は施行せず

コースレコード 2:00:3

 

f:id:KAS_P:20180325025800p:plain

カスPの予想も信用できるところはある。

めったに読んだことのない予想だから

よく分からないが、

時々当たることもあるのだと思う

あと、俺は財務相は辞めないから。

とばっちりもいいところだろう?

やったのは全部あのメガネザルじゃねえか。

f:id:KAS_P:20180325031202p:plain

だいたい何で関係ない俺が

あのバカ夫婦のケツ拭かにゃならんのだ?

f:id:KAS_P:20180225032621p:plain

もし高松宮記念の予想がハズれたら、

私は首相も議員もやめますよ!(大ウソ)

 

マーチカップの回顧は次回にして、高松宮記念の予想を。

昨年は◎→〇→▲の完璧な予想で的中(ただし三連複で配当は3,230円)、権兵衛氏も同じく三連複を的中させましたが、今年はかなり難解。昨年の1~3着馬が揃って出走してきていますが、抜きん出ているとは言い難い。一方で前哨戦で掲示板に届かずとも、タイム的には勝ち馬と離されていない馬も多く、オーシャンSに至っては、16頭立てで勝ち馬と殿負けが0.8秒しか離れていない大接戦。展開やコース適性、当日の調子でガラっと順位が入れ替わる可能性があります。中京は左回りで直線が長いうえに坂があるので、最後は底力を必要とする。ただ、昨年ほど馬場は悪くなく、極端なパワー偏向ではなくなっている点にも注意。

 <カスPの予想。単勝人気とオッズは前日のもの>

◎4枠8番 レッツゴードンキ(岩田/3番人気 6.3倍)

〇3枠6番 レッドファルクス(デムーロ/1番人気 2.8倍)

▲7枠13番 レーヌミノル(和田/7番人気 17.5倍)

△6枠11番 ダンスディレクター(武豊/4番人気 8.2倍)

△1枠1番 セイウンコウセイ(松田/5番人気 11.0倍)

×2枠4番 スノードラゴン(大野/13番人気 69.4倍)

 

本命は昨年2着馬レッツゴードンキ。秋のスプリンターズSも2着。問題は前走がダートGⅠのフェブラリーSだったこと。そこで5着だから大健闘とはいえますが、この異色のローテが微妙に影響を及ぼさないかが懸念材料。

昨年3着、秋はスプリンターズSで短距離王者となったレッドファルクスは、前哨戦の阪急杯で3着。休養明けで重賞勝ちもないモズアスコットに1番人気を譲ったくらいだから、まだ出来上がっていなかったということか。差し馬とはいえ道中も最後方に近く、レース振りも良いとはいえなかった。一度叩いて上積みはどこまでといったところですが、鉄砲駆けする一方で叩き2走目は実はあまり振るわないのが不安。昨年より馬場は悪くなく、その分条件は多少改善されたといえるでしょう。

昨年の桜花賞レーヌミノルは父ダイワメジャーという血統から。切れよりも持続力ある末脚で、パワーもある。あまり中京芝で目立った成績はあげていないのですが、本来なら合うはず。ただ母父タイキシャトルがパワー型なれど小回り向きタイプ。中京は今回初参戦ですが、あまり合わないかも。父の血が強く出るか母父の血が強く出るか。

ダンスディレクターはここで通用する力は持っていると思います。昨年スプリンターズSは8着でしたが勝ち馬レッドファルクスからは0.3秒差。決して休み明けは走らない馬ではないのですが、欲を言えば今年どこかで1戦使って欲しかった。あと武豊。今年は私と相性が悪く、この前の「黒船賞」のように買うとおかしな騎乗をするが買わないと突っ込んでくる。所謂「殺し馬券」の意味も込めて。

セイウンコウセイは昨年、松田鞍上で好走を続けながらも高松宮記念で幸に交替。そのときの幸起用策は成功したのですが以降不振。再度松田に戻してシルクロードSで昨年同様2着。今年はそのまま松田で挑みます。昨年ほどの信頼はありませんが、かといってこの1年で台頭してきた新興勢力もとくに見当たらない。ディフェンディングチャンピオンを粗末には扱えません。シルクロードSは逃げましたが、今回はネロがいますし、コース形態からも明らかなように、京都と違って逃げていいコースではない。好位抜け出しが理想ですが、最内1番枠がどう出るか。昨年と違ってバテてしまったら、内枠の差し馬を道連れにしてしまう事態も想定しないといけないかもしれません。

 穴馬指名はスノードラゴン高松宮記念2着の実績もあるのですが、2014年のこと。ただ、昨年スプリンターズSで4着に来たり、ダート戦で相手も緩かったとはいえ重賞のカペラS(GⅢ)で2着だったりと、年齢による衰えはなく、2014年のこととはいえ、連対実績はあるので一撃は秘めている。ただ懸念はセイウンコウセイら前がバテた場合、進路を塞がれてしまうこと。中京ではしばしば起こるケース。イン突きにこだわるよりも、勝負どころでは大外ぶん回しでもいいから外に出した方がいいかもしれません。

 

買い目は8を軸に三連複1、4、6、11、13に流して10点。

あと、外国馬ブリザードは何ともいえないのですが、寒い繋がりでスノードラゴンとのワイドで3-4。計11点。

 

<逆神の権兵衛財務相の予想>

全馬が1秒以内でゴールした昨秋のスプリンターズS他接戦目立つスプリント路線。大半の馬にチャンスがありそうなメンバー構成で、実績組と新鋭組のどちらを重視するかが難題で…

◎4枠8番 レッツゴードンキ
強豪揃うダートG1で掲示板確保と善戦。実績ある芝スプリントに替り前進必至。
〇3枠6番 レッドファルクス
前走阪急杯3着は叩き台としてはマズマズ。昨年の最優秀短距離馬の肩書きを買う。


日本で初出走だった昨秋スプリンターズSで接戦演じた2枠3番ブリザードが▲、久々の短距離叩いて慣れ見込む7枠13番レーヌミノルと短距離戦で常に接戦に持ち込んでいる6枠11番ダンスディレクターを×で評価しますが、混戦模様だけに馬券は実績上位馬2頭に絞り
ワイド 6-8

の1点で勝負します。3連複で3、6、8、11、13の5頭ボックスあたりも少額買って夢を見ようかと思っておりますが、勝負としてはワイド1点でお願いします。

 

<モリアテ総理の予想>

今日のルメールの乗り方は酷い!

高松宮記念
調教超絶好 6
調教絶好 9・12
調教不調 15・18
◎5枠9番 ファインニードル(川田/2番人気 5.5倍)

勝負馬券は【1・6・8・9】馬連BOX