粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

日曜阪神メイン「大阪杯」予想

f:id:KAS_P:20180401034326p:plain

やよいさん:さて明日は

エイプリルフールでもあるんですけどぉ、

f:id:KAS_P:20180401034638p:plain

万馬券当てました」

なんて

ベタ過ぎるウソは

お願いだから

やめてくださいねぇ。

 

大阪杯予想を。

<カスPの予想。単勝人気とオッズは前日のもの>

◎2枠4番 シュヴァルグラン(三浦/4番人気 9.1倍)

〇8枠15番 スワーヴリチャード(デムーロ/3番人気 4.3倍)

▲1枠2番 サトノダイヤモンド(戸崎/1番人気 3.9倍)

△4枠8番 アルアイン(川田/2番人気 4.2倍)

△1枠1番 ミッキースワロー(横山典/5番人気 10.0倍)

×6枠11番 ウインブライト(松岡/9番人気 23.5倍)

 

おそらくはそれほど荒れることはないかと。ただ、どの馬も不安要素がある。個人的には敢えてドバイには行かず、国内に残ったデムーロに勝負気配を感じるのですが、スワーヴリチャードが右回りに不安要素があるのは周知。昔ウィニングポストをプレイしていた頃、所有馬に時折こういう馬が出てきて番組選択に悩まされた。有馬記念は勝ち馬から0.2秒差4着。それだけを見ると右回りを克服したように思えるのですが、有馬記念は2500メートル。2000メートルではどうか?あと、阪神内回りで外枠はあまり歓迎できない。ただ、デムーロなので外枠であることは何とかしてくれると思います。右回りへの適性がすべて。

本命はシュヴァルグラン。距離短縮が課題も、三浦に中央GⅠ初勝利の実現性高いチャンスが回ってきた。デビュー当初は持て囃されながらも紆余曲折、障害を主戦にした大江原が先にGⅠを獲ってしまうのでは?と思ったりもしました―オジュウチョウサンの石神のように、当たりを引いたら一気に頂点に駆け上がれるのが障害―。ここまで随分と時間がかかった。逆にここで逃すと、本当に大江原に先に越されるかも。

サトノダイヤモンドはこれまでルメールが乗ってきただけに、戸崎との相性がどうか?かつてはキタサンブラックを倒した馬。金鯱賞3着は凱旋門賞帰りの長期休養明けとしては及第点では?あそこで大駆けすると却って反動が心配になる。

皐月賞アルアインは、阪神は2戦2勝と相性が良い。人気馬を飛ばすことには定評ある川田が2週連続でGⅠを獲れるかが一番の懸念材料。

ミッキースワローは鞍上横山が曲者。最内枠を上手く活かしたら怖い。関東馬ですが、木曜日には既に栗東に輸送。父トーセンホマレボシは三連複で万馬券を獲った2012年ダービーの3着馬ですが、そのダービーがラストランとなった。未完で終わった大器を息子が完成させられるか?

穴馬指名にウインブライト。福島記念勝利は54キロとハンデに恵まれましたが、その後の中山金杯2着、中山記念勝ちは僅差ながら実力でもぎ取った。ただ、阪神は今回が初めて。全姉ウインファビラスはマイルですが阪神JFで2着、ただ、その後のチューリップ賞桜花賞でそれぞれ10着、12着と結果を出せなかった。姉の主戦も松岡。姉を大成させられなかった無念を弟ではらせるか?

 

買い目は4を軸に三連複1、2、8、11、15に流して10点。

 

<逆神の権兵衛の予想>

キタサンブラック抜けた中距離戦線は主力勢の実力差少なく難解。4歳勢の実力評価がポイントになりそうもどの馬も弱点あり、それをどう評価するか・・・


◎8枠15番 スワーヴリチャード
ダービー2着等実力確かも右回り?昨年の有馬4着とこのメンバーなら通用しそうも。

〇2枠4番 シュヴァルグラン
JC優勝有馬3着と実力最上位。コースや休明け問題ないが距離短縮どうか?
▲4枠8番 アルアイン

皐月賞勝ちと距離ベスト。前走2着と実力は通用も勝ちきれてない点は不安。
△1枠2番 サトノダイヤモンド
前走金鯱賞3着をどう取るか?物足りないのは確かも実力は抜けてて復調気配で買う。
×7枠14番 ダンビュライト(浜中/8番人気 19.7倍)

実績劣るも皐月賞3着と◎に先着実績あり。古馬相手に重賞快勝の勢いあり無視は危険。

馬券は、
2、4、8、14、15の3連複ボックス(計10点)
で参ります。

 

<モリアテ教授の予想>

調教超絶好 4・15
調教絶好 8
調教不調 7・13
◎3枠5番 ペルシアンナイト(福永/7番人気 15.4倍)
〇4枠8番 アルアイン

勝負馬券は【5ー2・4・8・14・15】馬連5点。