粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

土曜中山メイン「中山グランドジャンプ」(障害GⅠ)予想

中山グランドジャンプの予想を。

何度でも言う。しつこく言う。JRAよ、つまらないGⅠ増やしてGⅠの価値を落とすくらいなら、中山GJを国際招待GⅠに戻せ。

今回中山大障害1~5着馬すべて参戦。ただ。1、2着馬と3~5着馬の間が3.2秒。3~5着馬の間は0.3秒。そこに1年と4か月の休養明けでペガサスJS(障害OP)2着のニホンピロバロン、新興の上がり馬マイネルクロップを足した7頭の争いか。

オジュウチョウサンは障害GⅠ馬としてはじめてJRAでポスター(ヒーロー列伝)が作られた。一方アップトゥデイトは、鞍上林が2000騎乗で引退すると表明。現時点で1993レース。今回中山GJがラストランというわけではないのですが、最後の障害GⅠになる可能性が高い。

中山大障害では、とんでもない大逃げを打ったアップトゥデイトを、最後の最後、オジュウチョウサンが捕まえるという名レースだったのですが今年はどうか?あれだけ大逃げ打って最後は結局捕まったし、やはり大逃げは最後に失速するリスクを伴う。同じ手は使えない…とも思えるのですが、実はオジュウチョウサンについて気になるデータがある。オジュウチョウサンは今年が最初のレースなのですが、間隔がどれだけ空いていても走る馬は走る障害レースでも、中山GJは、過去10年(ただし、東日本大震災の影響で7月に延期した2011年を除く)で、3着以内に入線した馬は必ず年内に1回は走っています。その年初出走は一度も馬券に絡んでいない…とはいえ、サンプルが2頭しかいない。従ってオジュウチョウサンレベルになると気にせずともよいデータかもしれませんが、当初からこのローテを決めていたわけではなく、回復が遅れてのこと。昨年は阪神スプリングジャンプ(障害GⅢ)を挟んでいます。林がもう一度同じ手を使ったとして、今度はオジュウチョウサンが捕まえきれないかもしれない。ただし先述のように、アップトゥデイト自爆の可能性もある。

<カスPの予想>

◎5枠6番 オジュウチョウサン(石神)

〇7枠9番 アップトゥデイト(林)

▲4枠4番 マイネルクロップ(山本)

△5枠5番 ルペールノエル(高田)

△2枠2番 シンキングダンサー(金子)

△1枠1番 サンレイデューク(難波)

✖3枠3番 ニホンピロバロン(白浜)

 

上位2頭に肉薄する要素があるとしたら、突出した平地力。マイネルクロップは大障害コースは初めてですが、平地でOPまで上がり、重賞2勝(うち地方交流1勝)している。飛越のセンスもあるらしく、入障後中山は2戦2勝。大障害を無事クリアできれば。

サンレイデュークは常連ですが、10歳だけあってここにきて衰えが見えてきました。ただ中山大障害5着でも、3着ルペールノエルとは0.3秒差。陣営も述べていますが、消耗戦になれば浮上してくる可能性はある。焦らず自分のレースを淡々と進め、あとは運が回ってくるかどうか。

ニホンピロバロンはペガサスJS2着でも、今度は走る距離が違う。JGⅠを勝つ素質はあるのだから、中間脚元を気にしながら調整するよりは、ここは自重して万全に体勢を整えてから、冬の中山大障害に挑んで欲しかった。

 

買い目は6、9の2頭軸で三連複1、2、3、4、5に流して5点。

というとあまりにつまらないので、三連単6→4→9、6→9→1、そして

9→6→1で黒い三連単

f:id:KAS_P:20180414045147j:plain

でいきます。計8点。

f:id:KAS_P:20180414051625p:plain

つまらん!
おまえのダジャレはつまらん!

 

<逆神の権兵衛の予想>

JGⅠ4連勝のオジュウチョウサンに昨年の中山大障害で接戦を演じたアップトゥデイト、能力的には二強の様相。敢て逆らって高配当狙いという選択肢はありますが、確率的にどうか?というところで・・


◎5枠6番 オジュウチョウサン

大障害コースで近4走連勝とコース適正と実力断然。逆らえない。
○6枠9番 アップトゥデイト
障害で馬券圏内外したのが18戦して2回だけ。前走の好走もあって買わない手は無い。


3番手以降は能力差少なく難解で、敢て3連複、3連単を買ってもオッズ上の妙味なし。馬複とワイドのオッズの差も殆ど無いので、回収率考えて買うなら
ワイド6-9
の1点張りが妥当と考えます。穴狙いなら皐月賞で。

 

f:id:KAS_P:20180414051646p:plain

つまらん!

おまえの予想はつまらん!

と言われてもしょうがないレース。権兵衛氏の言うように、波乱は皐月賞で期待か?