粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

キタノコマンドールはダービーは自重して欲しい。

 

f:id:KAS_P:20180417102256p:plain

残念だったなぁ、クリストフ。

ヒィーッヒッヒ。

両者本命のステルヴィオ

無念のクビ差4着

 

f:id:KAS_P:20180417103045p:plain

そのくせちゃっかり

エポカドーロ、サンリヴァルの

ワイドを獲っている外道。

 

日曜日の競馬の結果

中央中山「皐月賞」…カスP ワイド3,250円的中(13点)/逆神の権兵衛 ハズレ

1着 7番エポカドーロ(7番人気)カス▲

2着 14番サンリヴァル(9番人気)カス✖

3着 10番ジェネラーレウーノ(8番人気)

 

オルフェーヴル産駒から早くもクラシックホースが誕生。父はともかく、フォーティナイナーダイワパッションの母親の血が邪魔をしないかなと懸念したのですが、ここは完勝。むしろ馬場が渋ったことで母親の血が逆に助けになったのかも。2ハロン延長のダービーではまた母系の血統で悩まされるところですが、キタサンブラックの例もあり、神経質にならなくてもいいか。

本来番手抜け出し型のサンリヴァルは道中前3頭が突出してしまいましたが、エポカドーロ同様藤岡佑がうまいところに控えた。この馬の競馬はできたでしょう。

私の本命ステルヴィオは、まあ、東スポのT石が本命に挙げて「一強」などと吹かしていた時点で、あらかた覚悟はしておりました。とはいえ実質的スロー(飛ばした前3頭を除いてのペース)であの位置取りは何とかできなかったか?大阪杯のスワーヴリチャード(鞍上デムーロ)とは対照的。中山芝2000で外枠は厳しいのはわかっていましたが、それを差し引いてもあの位置取りというのは、ルメールがコメントしていたように出脚が遅い馬なのかも。とはいえ4角までほぼ同じ位置取りというのはいただけない。相当ズブい馬なのか、それともこれがデムーロルメールの「差」なのか?脚質からダービーなら、と思わせるかもしれませんが、そうなると今度は血統が引っ掛かる。ロードカナロア産駒は思いのほか距離に融通はきくのですが、2400となるとどうか?あと誤算というか、大逃げした3頭は潰れると思ったら、1頭渋太く残ってしまった。ジェネラーレウーノ。

ケイティクレバーはそういえば管理していた目野調教師の引退で安田翔伍厩舎に転厩して、それもあって小林徹から浜中に替わったのかもしれませんが…番手どころか何がやりたいかわからない競馬。これまで見せてきた渋太さと、渋った馬場を苦にしないハービンジャー産駒の持ち味を何も活かせなかった。これで「控える競馬もできる」みたいなコメントされた日には開いた口が塞がらず、私の中で浜中俊は1.5流から2流に降格。調教師の指示だとすれば、父親の安田隆行師からから何を学んだのだろうか?

逆に見直したのはキタノコマンドール。話題先行馬だと高を括っていましたが、新馬戦→OP戦→皐月賞で3着馬と同タイムの5着入線は立派。ステルヴィオと同じく位置取りで損をした。ダービーの出走権を得て、陣営も行くつもりのようですが、個人的にはとりあえず一旦休ませてから自己条件を地道にこなして、来年の年明け辺りでAJCC日経新春杯といった重賞、そして春の大阪杯辺りを目標にしてもらいたいところ。話題馬で新興クラブ馬主だけにダービー出走を宣伝したいでしょうが、デビュー3戦しかしていない馬。しかも今回の皐月賞も含め、スローペースのレースしか経験していない。ダービーで大負けするだけならともかく、それで走りのリズムを崩してそのまま立ち直らなくなったり、最悪故障でこのまま消えていくようなケースは有り得ないことではない。