粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

日曜東京メイン「東京優駿(日本ダービー)」(3歳GⅠ)予想

f:id:KAS_P:20180527023337j:plain

 ついにこの男が

ダービージョッキー

なるときが来た。

 

今年のダービーは混戦模様。

出馬表をよくみてみると、生産牧場がノーザンファームノーザンファームノーザンファーム…18頭中9頭がノーザンファームで、社台グループ全般では、社台ファーム白老ファーム各1頭で計11頭。

ところが皐月賞1~3着馬は

1着エポカドーロ 田上徹牧場

2着サンリヴァル 斉藤安行牧場

3着ジェネラーレウーノ 新生ファーム

とすべて非社台。青葉賞を勝ったゴーフォザサミットは矢野牧場、そして弥生賞勝利後、一頓挫あって皐月賞を回避。体勢を立て直してダービーに挑むダノンプレミアムはケイアイファーム。この戦い、皐月賞上位組ら有力馬VS社台包囲網の構図。

<カスPの予想。単勝人気とオッズは前日のもの>

◎3枠6番 ゴーフォザサミット(蛯名/7番人気 16.8倍)

〇1枠1番 ダノンプレミアム(川田/1番人気 2.3倍)

▲6枠12番 エポカドーロ(戸崎/5番人気 10.2倍)

△4枠8番 ブラストワンピース(池添/2番人気 5.9倍)

△7枠13番 グレイル(岩田/9番人気 23.6倍)

✖1枠2番 タイムフライヤー(内田博/13番人気 86.4倍)

 

これまでダービーを制したことのない青葉賞勝ち馬、そして蛯名正義。これまでとは違い、中心軸不在のレースならば、「その時」が訪れるかもしれません。ダービーと同じ芝2400メートルを勝っているのは言うまでもなく、馬場の渋った皐月賞とは対照的に時計の速い東京でこそ真価を発揮するハーツクライ産駒。

ダノンプレミアムは体勢は整っているそうですが、挫跖で一頓挫あったのは、やはり気にならないと言えばウソになる。他陣営に較べるとやはり調整で出遅れ感は否めません。ただ、ダービーでは好績が多い1枠1番。能力的には抜けているのはこれまでのレースで明白なので、持っている能力を発揮できるかどうかがすべてでしょう。

皐月賞エポカドーロは皐月賞の予想でも触れましたが、母ダイワパッションがどうしても短距離馬だっただけに、更に2ハロン伸びた今回、その点は気になります。中間は騎手(岡田)を乗せていますが、皐月賞同様馬なりとはいえ、2冠がかかっているにしては手控えられているような気もしないではない。でも、皐月賞勝ちに敬意を表して。

ブラストワンピースは、牡馬なのになぜ「ワンピース」?というのが気になります。母がツルマルワンピースだからでしょうが、でもやっぱり牡馬にワンピースは…。まあ、漫画の「ONE PIECE」から取っていると思えば―JRAのHPでは「突風+母名の一部」。ハービンジャー産駒は大舞台に弱い、などと言われてきましたが昨年は3頭がGⅠを制しました。ただ、ディアドラが秋華賞を獲ったものの、これまでの傾向から3歳春はまだクラシックを制するほどに本格化はしないのかと思わなくもない。毎日杯からの出走ですが、これはアクシデントではなく当初からのローテーション。この策がどう出るか。

皐月賞上がり最速(34.8)だった馬も加えるとすればキタノコマンドール、ステルヴィオ、グレイルの3頭なのですが、キタノコマンドールはどうもコズミ気味のよう。新興馬主であるDMMドリームクラブとしては、話題馬であることもあり、ダービーに出して名を売りたい気持ちはわかりますが、私としてはダービーは自重して欲しかった。皐月賞の末脚を再現するよりも反動の危険の方が大きい。スレルヴィオオークスを勝ったアーモンドアイと同じロードカナロア産駒なのですが、母系がアーモンドアイほど距離に融通がきかなさそう。2400は厳しいかも。というわけでグレイルを指名。単勝1.8倍で7着に敗れた共同通信杯は気になりますが、出遅れて末脚勝負に徹したとはいえ、皐月賞で復調の兆しを見せたと思いたい。

タイムフライヤーは、鞍上が「内田」で「タイム」リー…というわけじゃありません。皐月賞は末脚が伸びませんでしたが、馬場的にハーツクライ産駒には向かなかった。ホープフルSで見せた末脚を良馬場の東京で披露できれば。

 

買い目は6を軸に三連複1、2、8、12、13で10点。それから馬単6→1、2、8、12、13計15点。

 

f:id:KAS_P:20180527030526p:plain

馬鹿めカスP、ダービーというのは

勝てない奴は一生勝てないのだ。

2年続けて

オークスジョッキーとなったこの男

2年続けて

ダービージョッキーとなるのです。

 

<逆神の権兵衛の予想>

例年より上がりが掛かった稍重皐月賞をどう評価するか?外差し有利になりやすいコースで良馬場見込みだと末脚脚負に勝負になりやすい、と想定して、競馬の祭典だけに当たればいいな位の気持ちでユルく参りたいと思います(←をい)。

◎7枠15番 ステルヴィオ(ルメール/7番人気 15.9倍)
皐月賞は位置取り悪すぎた。コース広い東京に替わるのは良く末脚勝負なら反撃必至。
○3枠5番 キタノコマンドール(デムーロ/3番人気 7.4倍)
皐月5着も3戦目で上り最速と実力有り。差し有利のコース良い筈長距離輸送こなせば。
▲4枠8番 ブラストワンピース

過去3戦で見せてる自在性が魅力。上り時計も速くここに勝負賭ける臨戦過程を買う。
△1枠1番 ダノンプレミアム
弥生賞完勝と実力トップも一頓挫あった点どうか。距離も未知数で敢て消す手も有るか?
×7枠13番 グレイル

近2走イマイチも前走皐月賞の上りは最速タイ。スムーズに流れ乗れれば煩い。

馬券は、
1、5、8、13、15
3連複ボックス(計10点)で参ります。

年に1度の祭典、『東京10レース』(買い間違いに注意!)日本ダービーを楽しみましょう!

 

f:id:KAS_P:20180506033325p:plain

<オマケ・モリアテ教授の予想>
調教超絶好 18
調教絶好 1
調教不調 3
◎1枠1番 ダノンプレミアム
○4枠8番 ブラストワンピース
▲5枠10番 ステイフーリッシュ(横山典/10番人気 38.8倍)
△8枠18番 サンリヴァル(浜中/14番人気 90.0倍)

勝負馬券は【1・8・10・18】馬連BOXと3連複BOX。