粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

日曜東京メイン「ユニコーンS」(3歳GⅢ)予想

ユニコーンSの予想を。最近は中央のGⅢなんてあまり買わないのですが、「ジャパンダートダービー」を占うレースということで。

全日本2歳優駿」勝ち馬ルヴァンスレーヴ以外の馬は輸送経験あっても栗東の馬になってしまうので、鞍上もデムーロだし、東京ダート1600メートルも勝ち鞍がある。休み明けの伏竜S2着ですが、勝った馬はここには出ず、追い切りが今一つと言われてはいますが、逆らわないのが無難か…とはいえ、ソエの不安を抱えながらも、萩原厩舎にしては手加減なく追い切りを行ったとは思いますが、本命にするにはどこか不安もあります。

というわけ本命はハーベストムーン。左回りも関東遠征も初めてという、ルヴァンスレーヴとは対照的なリスクがありますが、一週前に抜群の時計を出した。輸送もあるので直前は軽めでもOK。コマビショウに0.7秒差つけられたくすのき賞(500万)が小回りの小倉だと考えれば、東京はいけるはず。

対抗にルヴァンスレーヴ、単穴に鳳凰Sでハーベストムーンと差のない競馬をしたグレートタイム。コマビショウは伏竜S鳳雛SとOP戦で連続3着は評価できますが、マイルは初めてで、最短が小倉のくすのき賞1700メートル。距離短縮が吉と出るか凶と出るか。後左回り未経験なのも不安要素。グリムは中京のはこべら賞(500万)で7着で敗れるところに、脆さを感じさせなくもないですが、今回と同じコースの青竜Sで強豪スマハマ(現在故障で休養中?)を破ったのは見逃せない。

穴馬指名にエングローサー。2歳時に新潟2歳S4着だったりベゴニア賞(500万)で僅差の2着と芝のレースでもそこそこでしたが、ダートで徐々に開花、2走前に3着とはいえグリムに0.8秒差と完敗しましたが、前走500万条件は後方から上がり最速で勝利。ダート3走目で真価を発揮できるか。

(単勝人気とオッズは前日のもの)

◎4枠8番 ハーベストムーン(戸崎/4番人気 7.2倍)

〇7枠14番 ルヴァンスレーヴ(デムーロ/1番人気 2.7倍)

▲3枠5番 グレートタイム(ルメール/3番人気 6.7倍)

△5枠9番 コマビショウ(武士沢/6番人気 16.0倍)

△4枠7番 グリム(川田/2番人気 3.8倍)

✖6枠12番 エングローサー(田中勝/8番人気 32.3倍)

 

買い目は8を軸に三連複5、7、9、12、14に流して10点。