粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

ルヴァンスレーヴは新たなダート界の王者になりそう。

水曜日の競馬の結果

大井競馬「ジャパンダートダービー」…カスPハズレ/逆神の権兵衛 ワイド360円的中(1点)

1着 1番ルヴァンスレーヴ(1番人気)カス◎/権◎

2着 14番オメガパフューム(4番人気)権〇

3着 3番グレートタイム(3番人気)カス▲

勝ちタイム 2:05:8(良)/昨年の勝ちタイム 2:05:8(ヒガシウィルウィン・良)

コースレコード 2:00:4

 

木曜日の競馬の結果

笠松競馬「サマーカップ」…三連複570円的中(10点)

1着 4番エイシンバランサー(1番人気)〇

2着 1番ストーミーワンダー(2番人気)▲

3着 9番メモリートニック(3番人気)◎

勝ちタイム 1:25:3(良)/昨年の勝ちタイム 1:25:2(トランヴェール・良)

コースレコード 1:23:6

f:id:KAS_P:20180716033819p:plain

だから俺は地方競馬なんか

大嫌いなんだよ!!!

f:id:KAS_P:20180716034439p:plain

いやー、地方競馬って本当に

素晴らしいですね。

特に南関東は最高ですね。

それでは秋をご期待ください。

さよなら、さよなら、さよなら。

 

まず「ジャパンダートダービー」、ルヴァンスレーヴは出脚が悪く後方から、途中から捲って上がっていく様子もなく、これはしくじったかたと思いましたが、直線は凄まじい脚で伸びてきた。同じく後方に控え、ルヴァンスレーヴと合わせるように上ってきたドンフォルティスですが、途中で置いていかれた…とはいえ同じく後方もしくは中団から末脚を伸ばした馬が2、3着。先行して粘った4、5着。更にその後ろというのは凡走としか言いようがない。ヘニーヒューズ産駒というのは、アジアエクスプレスやモーニンのように、1800までは良くても2000になると、たった1ハロンでも駄目なのか(モーニンは1800までしか走ったことがないのですが)。母系からも、距離が原因と考えた方がいいかも。

一方勝ったルヴァンスレーヴはシンボリクリスエスネオユニヴァース。ともにパワー型で距離は中距離以上で本領を発揮する。大井の2000メートルはうってつけの舞台だったのかもしれませんが、ユニコーンSでは1600メートルになってから最速のタイム(1:35:0)を叩き出し、2着馬に0.6秒突き放しての圧勝。ホッコータルマエコパノリチャードらが去り、ちょっと群雄割拠っぽくなってきた中距離ダート路線で大物が現れたか?

一方「サマーカップ」は下馬評通りエイシンバランサーが圧勝。これで4年連続兵庫の馬が勝つという、笠松にしてみれば屈辱的な記録が更新されてしまったわけです。健闘したのは重賞初挑戦の地元ストーミーワンダー。さすがに今回は相手が元中央OP馬と分が悪かったのですが、レースを選べば重賞を獲る日も遠くなさそう。次の目標は「くろゆり賞」辺りか。メモリートニックは抜群のスタートでしたが、これが逆に災いしてエイシンバランサーの格好の標的となってしまい、外からプレッシャーをかけられ続けた。ストーミーワンダーら後続にも突き上げられる、息もつきにくい苦しい展開になってしまっただけに、4着馬に0.6秒離した3着と地力は示したけれど、逃げ馬はやはり突出した能力がなければ今回のような損な役回りになってしまう。

 

なかなか更新できない日が続きますが、その間JRA角居勝彦師が酒気帯び運転で逮捕され、調教停止に。その間管理馬はすべて中竹和也厩舎に一時的に転厩しました。

ダイユウサクを管理した故内藤繁春元調教師の本で、そのダイユウサク有馬記念勝利の副賞として貰った高級車を、熊沢重文が夜中に酔って運転して土手から転落させ、タクシーで帰宅したというエピソードが載っていました。怪我ひとつしなかったうえ、滅多に車が通らない辺鄙な場所で偶然通りかかった空車のタクシーを拾えたということで、熊沢の強運を示すエピソードだったのですが、当時は飲酒運転に対する世間の意識も今ほど厳しくなく、誰とはいいませんがオジュウチョウサンの主戦騎手も若い頃、飲酒運転して場所もあろうに駐在所に突っ込んで騎乗停止処分を喰らったことがありました。

そういえば小鷹信光の小説「探偵物語」(松田優作主演の同名ドラマのベース)で、工藤俊作が冬の日に車の中で張り込み中、寒さを凌ぐため小瓶のウイスキーを飲んでいるシーンがありましたが、今では到底考えられない。調教師ともなれば馬主との付き合いで飲まざるを得ない機会も少なからずあるのでしょうが、それは言い訳になりません。「サンクスホースデイズ」の運営等、競馬で勝つこと以外にも力を入れてきた調教師だけに、残念で仕方ありませんが、厳しく処分されて然るべきでしょう。辞めるという区切りをつけ、今いる世界で目標を失ってしまうと、やはりどこか緩んでしまうのでしょうか?