粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

日曜中京メイン「中京記念」(GⅢ)予想

中京記念の予想を簡単に。出馬表を見て、「なんでマイラーばっかりいるんだ?」と思ったら、1600メートルだった。私の記憶の中では2000メートルだったのに…って、昨年一昨年ならともかく、2012年にはもうマイルになっているし、「トヨタ賞」という名称もなくなっている。こんな人間が競馬ファンと称して競馬ブログやってるんだから世も末。

今夏の中京開催も最後になり、さぞ馬場も荒れて力を要するだろうと思いきや、結構速い時計がでるらしい。展開としてはロジクライとウインガニオンが前に出てくるでしょうが、あとはわからない。表向き先行馬が多いですが、相手関係次第といったところもあり、先行勢がガシガシやりあって消耗して、穴馬が突っ込んでくれる…という期待はほどほどにしておいた方がいいかもしれません。

 

◎7枠14番 ミエノサクシード(川島/7番人気 10.4倍)

〇2枠4番 リライアブルエース(戸崎/5番人気 8.3倍)

▲7枠13番 ウインガニオン(津村/2番人気 6.2倍)

△3枠5番 フロンティア(福永/6番人気 9.3倍)

△5枠10番 ガリバルディ(和田/12番人気 22.7倍)

✖1枠2番 ロワアブソリュー(北村友/10番人気 18.8倍)

 

本命は牝馬ですが、というか牝馬だから53キロのミエノサクシード。昨年勝った▲のウインガニオン同様、ある程度力を要する馬場で真価を発揮するステイゴールド産駒なのですが、前すぎず後ろすぎず、そこそこの位置取りでレースを進められるのが魅力。あとは鞍上の川島が展開に応じてうまいところに陣取ってくれることを期待したい…川島だけど、やるときはやってくれるはず。

リライアブルエースは中京との相性の良さ。昇級初戦の重賞・京王杯(GⅡ)は6着でしたが、勝ち馬からは0.2秒と離されていない。斤量も54と魅力。

昨年覇者ウインガニオンはここ暫くの成績がどうかな、と思うのですが、この馬夏は滅法強い、というか夏しか走らない。抑えておかないといけないか。

フロンティアは3歳馬ということもあり斤量53。NHKマイルC(13着)からどこまで成長しているかといったところ。

ガリバルディは一昨年勝ち馬。展開次第なところもありますが、ハマれば格好はつけてくれる。時計が速い馬場なら突っ込んでくる可能性もある。

穴馬指名にロワラソブリュー。昇級初戦で一気の相手強化となりますが、2走前の1600万特別では、5着だったものの勝ったリライアブルエースと0.2秒差。まあ同馬と斤量が同じというのがちょっと残念。53だったらもっと面白い存在ですが。この馬も中京は(1.1.0.1)と比較的相性は悪くない。

 

買い目は14を軸に三連複2、4、5、10、13に流して10点。

それから馬連4-2、5、10、13、14で計15点。

 

函館2歳Sは見るだけですが、伊藤工真が乗り、林厩舎重賞初参戦となりイチゴミルフィーユに注目。しかし胸焼けするような馬名だと思うのはオッサンだからか。