粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

日曜東京メイン「天皇賞秋」(GⅠ)予想

火曜日の競馬の結果

金沢競馬「西日本ダービー」…三連複770円的中(10点)

1着 3番コーナスフロリダ(1番人気)◎

2着 6番ウォーターループ(3番人気)〇

3着 10番マイメン(6番人気)△

勝ちタイム 2:11:0(良)/レコードタイム 2:06:6

案の定トリガミ。シオジスターやロンプフェイスにヒモ荒れを期待したら、2頭ともマイメンより人気があった。上位3頭はそれぞれ兵庫、名古屋、佐賀だったのですが、地元勢で意地を見せたのはシオジスター(4着)。最後はマイメンにかわされてしまいましたが、先頭でレースを引っ張り見せ場は作りました。ところで同じ地元勢でも外枠2頭、吉原と的場御大は何だったんだ?という感じ。

それにしても、勝ったコーナスフロリダは2着馬に1.9秒差の大差勝ち。勝ち方自体はド派手でしたが、馬場の違いこそあれ、同じ2000メートルの3歳重賞「イヌワシ賞」を勝ったモズオコトマエ(ホッカイドウ)の勝ちタイムは2:07:4(不良)。5着の地元ドリームズラインが2:09:8。今年は速かったにしても、例年の「イヌワシ賞」の勝ちタイムと比較しても平凡なタイム。コーナスフロリダは「兵庫ダービー」馬とはいえ、同地で特別抜けた存在ではない。それにここまでコテンパンにやられた他の馬たちは…コーナスフロリダが強いというより、相手が弱かったか。そのコーナスフロリダを破ったクリノヒビキと、負けたとはいえ接戦を演じたサムライドライブは捨てたものではないと見直した方がいいかな、と思ったりもしましたが、何にせよ兵庫勢は強い。一方で「イヌワシ賞」よりちょっと前、やはり3歳限定の「サラブレッド大賞典」で「石川ダービー」馬アルファーティハが出した勝ちタイムは2:13:8(重)。ちなみにその後の「岐阜金賞」では5番人気8着。

ところで、コメントで指摘がありましたが、予想でマイメンが2頭。片方はロンプフェイスと間違えている。これは考え直して印(順番)を入れ替え、マイメンを✖から△に上げたとき、替わりに入れたロンプフェイスに直さなかった。これは今仕事の都合上、ブログを記す時間が深夜遅くになり、明日のためにもう寝ないといけない時間だと思いながら急いで記しているのでこうなるのです。本当は推敲だけでなく、記したいことがもっとあるのですがタイムアウトでここまで、という状況。ちょっと前には9枠5番というのもあった。間違いはそのままにしておいて、溜まったら自虐ネタで一覧表にしてみようかなと思う次第。

 

f:id:KAS_P:20180415025837p:plain

閲覧者が少なくても

決してドタキャンは致しません。

憎みきれないろくでなしふたりの

天皇賞秋予想。

 

天皇賞秋の予想を。

少頭数の割には結構混戦。「内2頭と外2頭以外は何が来てもおかしくないんじゃない?」と思うのですが、そういうときに限ってその「内2頭と外2頭」のどれかが突っ込んできたりする。そういえば昔荒尾競馬の予想で、確か9頭立てだったと思うのですが、6頭挙げたら、挙げなかった3頭でワンツースリーとなり、ひっくり返った記憶があります。

まあ、今回もデムーロルメール武豊でいいんじゃないですか?

◎4枠4番 レイデオロ(ルメール/2番人気 3.5倍)

〇4枠5番 スワーヴリチャード(デムーロ/1番人気 3.2倍)

▲5枠6番 マカヒキ(武豊/3番人気 5.5倍)

△7枠10番 キセキ(川田/5番人気 13.4倍)

✖8枠12番 サクラアンプルール(田辺/11番人気 83.4倍)

 

スワーヴリチャードは安田記念からの休み明け。鉄砲駆けがきく馬ですし、馬券圏外に散ることは考えづらいのですが、オールカマー勝ちのレイデオロを本命に。オールカマー天皇賞とはかなり相性が悪いのですが、有力馬に休み明けぶっつけが多い他のメンバーの臨戦過程とこの馬の実力、そしてかつては天皇賞秋を独壇場にしていた東の名門・藤澤和雄厩舎の復権に期待。あの頃が一番中央競馬に夢中だった。

さて、恒例の、切った人気馬とその理由(かなりの確率で突っ込んでくる)

6枠9番のサングレーザー。まず左回りに実績がない。あと、これまで2000メートルは2戦。中山のホープフルS(当時は2歳GⅡ・5着)と前走勝った札幌記念札幌記念とこのレースは相性が良いとされているのですが、コース形態も芝も全然違う。

一方穴馬指名は「内2頭と外2頭」のうちの一頭、サクラアンプルール。昨年は札幌記念勝ちの勢いを駆って挑戦しながらも8着でしたが馬場状態に苦しんだ。若駒のときは馬場が悪い方が走るような傾向があったのですが、古馬になるにつれて馬場が重くなると苦戦するようになった。今回は良馬場が期待できます。鞍上田辺は、菊花賞では単調な逃げでレースを直線勝負にしてしまった戦犯(?)、今日のアルテミスSでは1番人気を11番人気に吹っ飛ばした。ここで一発波乱を起こさないことには立つ瀬がない。

買い目は4を軸に三連複5、6、10、12に流して6点。

それから三連単4、5→4、5→6、10、12で6点。計12点。

 

<逆神の権兵衛の予想>

頭数は13頭と少な目もGⅠ馬7頭と実力馬揃った見ごたえありそうな一戦。馬券当てるだけなら有力処で多点張りすれば簡単そうも、それをやってしまうとトリガミの危険性が…

◎4枠5番 スワーヴリチャード
大阪杯G1勝ち他中距離戦は堅実。休明け?も秋G1三戦狙いなら手抜かり無い筈。

○4枠4番 レイデオロ
ダービー勝ちにJC2着と東京得意。前哨戦快勝と順調さ生かし当然上位争い。

他にも復調気配示したダービー馬6番マカヒキ菊花賞馬10番キセキ、宝塚記念勝ちの11番ミッキーロケット、GⅠでの好走歴ある好調馬7番アルアインと9番サングレーザーあたりも争覇圏内も3連複で最も安い組合せだと7倍台。トリガミ怖いとなれば馬券的には

ワイド 4-5

1点で参ります。さすがにオッズ1.1倍ということは無いかと思います。

 

f:id:KAS_P:20180506033325p:plain

 全く当たらないカスP、権兵衛をよそに、オマケの分際でやたら当たる。そのうち某大手競馬サイトの「ウ〇い馬券」の予想師に加わって1岡先生と対決するのでは?と思わせるモリアテ教授の予想。

調教絶好 7・10
調教不調 2・13
レイデオロ

勝負馬券は【4・5・6】馬連BOX。

 

f:id:KAS_P:20181028035803j:plain

f:id:KAS_P:20181028041135j:plain

モリアテ教授が〇etkeiba.c〇mに引き抜かれたら、後釜に座る野心がある?特殊生命体競馬ファンの予想。

◎スワーヴリチャード
レイデオロ
▲サングレーザー
△キセキ
マカヒキ
注サクラアンプルール
スワーヴとレイデオロとキセキは外せないと思ったんですが、それ以外で迷いました。サングレーザーはJRAにいるのがもったいないと思える名手モレイラ、マカヒキ空前絶後のスタージョッキー武豊ですから、騎手の腕で変わることもありえます。
サクラアンプルールホッカイドウ競馬に在籍していたことで応援したいし、近親に天皇賞秋の勝ち馬がいる血統なのでもしかしたら、と思ってます。