粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

日曜京都「JBC3連戦」予想

f:id:KAS_P:20181104021323j:plain

地方競馬のお祭りJBC

渋谷(凛)も困り果てた

変態予想行列

 

今年はJRA京都競馬場で行われるJBC三連戦。JRA開催ということで、出走馬も多くがJRA所属馬で占められています。地方勢の有力馬も、JBCスプリントのキタサンミカヅキくらいで、実質的にはJRAのレースと言って差し支えない。その分例年より難しくなっている…といっても昨年までも、私も権兵衛氏もあまりまともに当てた記憶がないのですが。

JBCスプリント

<カスPの予想。ここからすべて、単勝人気とオッズは前日のもの>

問題はマテラスカイ。「東京盃」では圧倒的人気を背負いながら4着に敗れる大失態。落鉄もあったそうですが、プラス18キロという陣営の調整失敗が主因。地方よりスピード能力が重視される中央のダートでマテラスカイのスピード能力は圧倒的で、立て直しが成功したと信じていいのか?これまでハナに立って押し切っているのですが、今回レース前から陣営がハナを主張している馬がいる。ウインムート。マテラスカイに喧嘩を売ってでもハナを奪いにかかるか、ただ、プロキオンS(3着)では結局マテラスカイに終始ハナを奪われた形。元々逃げてなんぼという馬でないだけに、実際は番手狙いかも。

◎3枠5番 マテラスカイ(武/1番人気 2.4倍)

〇4枠7番 ウインムート(内田博/12番人気 66.8倍)

▲7枠13番 レッツゴードンキ(岩田/2番人気 5.7倍)

△3枠6番 グレイスフルリープ(ルメール/4番人気 7.9倍)

△1枠1番 ネロ(戸崎/9番人気 18.5倍)

✖6枠12番 ラブバレット(岩手・山本聡/14番人気 121.4倍)

ここはマテラスカイの復調を信じます。ウインムートは無理に競りかけず、番手を確保すると思います。ネロ、グレイスフルリープ、ラブバレットがその後で一団を形成。マテラスカイの速さについていけず先行勢が崩れ、レッツゴードンキやモーニンが台頭してくる可能性もありますが、直線が短く平坦な京都、先行勢が道中の位置そのままに雪崩れ込むと思います。ラブバレットは地方馬だけに余裕のないローテで上積み面でどうかですが、中央のダートで先行できるスピード能力はある。直線が短い分東京よりは歓迎できるコースのはず。

買い目は5を軸に三連複1、6、7、12、13に流して10点。

 

<逆神の権兵衛の予想>

元々地方コースより2秒程度時計が速い中央の馬場でマテラスカイら強力な逃げ馬居て高速決着必至の様相。かといって前が止まらない傾向の京都コースだけに取捨選択が難しい。

◎7枠13番 レッツゴードンキ
スプリント戦は芝のみも安定。ダートのスプリント戦初も却って向くかも。
○3枠5番 マテラスカイ
前走意外な敗戦も地方コース不向きと言い訳は立つ。プロキオンSの勝ちぶり見直す。 
▲2枠4番 キタサンミカヅキ(船橋・森泰/5番人気 12.7倍)
地の利あったにしても前走東京盃勝ちは評価できる。序盤ついて行ければ。
△3枠6番 グレイスフルリープ
前走東京盃不覚を取るもスプリント性能自体はある。休み明け2戦目の変わり身次第。
×7枠14番 モーニン(デムーロ弟/3番人気 7.0倍)
前走韓国のレースとはいえ時計自体は速い。素質は確かで真価を問われる一戦。

馬券は、
4、5、6、13、14
の3連複ボックス計10点で参ります。

 

<特殊生命体競馬ファンの予想>
◎マテラスカイ、○レッツゴードンキ、▲キタサンミカヅキ、△モーニン、☆ネロ、注ニシケンモノノフ(元道営なので応援の意味も込めて)

 

JBCクラシック

<カスPの予想>

 前が残るか崩れるか、それによって全然違ってくる。サンライズソアとケイティブレイブテイエムジンソクと3頭の逃げ馬がいますが、ケイティブレイブは番手に控えて結果を出せるようになった。となると残り2頭の争いか。先行争いが激しくなれば差し馬のオメガパフューム、サウンドトゥルーが有利に。

◎2枠4番 サンライズソア(ルメール/1番人気 3.6倍)

〇7枠14番 オメガパフューム(和田/2番人気 4.3倍)

▲4枠8番 ケイティブレイブ(福永/3番人気 4.5倍)

△6枠12番 アポロケンタッキー(デムーロ兄/5番人気 8.9倍)

△4枠7番 サウンドトゥルー(大野/7番人気 17.4倍)

✖5枠10番 テイエムジンソク(古川/6番人気 12.0倍)

堅いところで落ち着きましたが、問題は前が崩れたとき。というわけでサンライズソアの三連複流しに、オメガパフュームの馬連流しも。名古屋カツゲキキトキトは「帝王賞」で勝ち馬から1.4秒差7着。決してここで恥ずかしいレースをする馬ではないと思いますが、さすがにここまで使い詰めていて、上積みは求められない。それに地元名古屋とはまるで違う軽いダート。時計勝負になった場合はやはり厳しい。

買い目は4を軸に三連複7、8、10、12、14に流して10点。

更に馬連7、12、14の馬連ボックスで計13点。

 

<逆神の権兵衛の予想>

有力馬が揃った豪華な一戦。ただ上位陣に地方を主戦場にしている馬も多く、さて中央では?という点で検討すると比較が難しい。

◎4枠8番 ケイティブレイブ
今年のフェブラリーS大敗は不安も中距離戦崩れないのも確かで連複馬券の軸なら。
○7枠14番 オメガパフューム
JDD2着にシリウスS勝ちと勢いはコレ。ダートの先行で怖い和田も買いの理由。
▲2枠4番 サンライズソア
先行馬揃った今回どうか?も同じコースの平安S逃げ切ってるのも確か。軽視禁物。
△6枠12番 アポロケンタッキー
勝ちきれないが大体ソコソコには来るタイプ。距離問題なく紛れ込みに警戒。
×5枠9番 ノンコノユメ(内田博/4番人気 8.4倍)
昨年チャンピオンS9着と距離微妙も地方より中央のタイプでコース替わりで要警戒。
×1枠1番 センチュリオン(幸/8番人気 21.0倍)
ここ5戦中山と金沢で手堅い。鵜呑みには出来ないが初の京都をこなせばあるいは。

馬券は、
軸 8
相手1、4、9、12、14
の3連複1頭軸流し計10点で参ります。

 

<特殊生命体競馬ファンの予想>

ケイティブレイブ(鞍上が不安だが)、○オメガパフューム、▲アポロケンタッキー、△サンライズソア、☆ノンコノユメ、注シュテルングランツ(鞍上がマトバフミヲだから)

 

 JBCレディスクラシック

<カスPの予想>

 前哨戦「レディスプレリュード」では、2、3着が大波乱。牝馬限定の交流重賞で結果を出している馬が多数参戦だけに実力伯仲?こういうときは外国人騎手に頼るのがベターか。あと、地方と中央では馬場が違うだけに、交流重賞に実績なくても昇り馬には注意したいところ。

◎2枠3番 クイーンマンボ(ルメール/2番人気 3.7倍)

〇2枠4番 ラビットラン(デムーロ兄/1番人気 2.8倍)

▲1枠2番 フォンターナリーリ(デムーロ弟/4番人気 11.1倍)

△8枠15番 ファッショニスタ(大野/5番人気 12.9倍)

△5枠10番 プリンシアコメータ(武豊/3番人気 6.7倍)

✖5枠9番 サルサディオーネ(丸山/11番人気 54.3倍)

レディスプレリュード」で1番人気を裏切ったクイーンマンボの巻き返しに期待。同レースを勝ったプリンシアコメータですが、平安Sの結果が示すように京都の馬場はどうか?ただ、鞍上が武豊だけに切るとまた3着辺りに食い込んできそうで怖い。フォンターナリーリはオープンでは実績ありませんが(3.1.2.0)と京都は大の得意。

買い目は3を軸に三連複2、4、9、10、15に流して10点。

 

<逆神の権兵衛の予想>

牝馬限定でメンバーが手薄な感は否めないが、それだけに想定外の穴馬の突っ込みも目につき馬券の当て難さは半端ないって。

◎2枠3番 クイーンマンボ
牡馬相手に平安S2着と実績上位。当然コース実績あるわけで恰好はつけてほしい。
○2枠4番 ラビットラン
近2走重賞で3、1着と実力示す。位置取り自在なのも良く中央替りがどうかだけ。
▲5枠10番プリンシアコメータ
門別と大井で2、1着の近2走は評価も平安S11番着は不満で評価を下げる。
△1枠2番 フォンターナリーリ
前走門別での大敗は地方の馬場のせいか?2走前の東大路Sの時計速く中央戻り一変も。
×8枠16番 アンジュデジール(横山典/6番人気 14.4倍)
前走大井の負け不満も2走前牡馬相手で掲示板確保しておりこの1戦で見限りは早計か?

馬券は、
2、3、4、10、16
の3連複ボックス計10点で参ります。

 

<特殊生命体競馬ファンの予想>

◎ラビットラン、○プリンシアコメータ、▲クイーンマンボ、△フォンターナリーリ、☆ブランシェクール(頑張れ御神本)、注アイアンテーラー
【頑張れ!】ディアマルコ、ジュエルクイーン

 

f:id:KAS_P:20181104042953j:plain

シュン「ボス!こんな脅迫状が送られてきました!」

 

アルゼンチン共和国杯 頼むで なんやわからんけど このレース好きやわ

 

◎5枠6番 パフォーマプロミス(オドノヒュー/2番人気 5.0倍)

〇2枠2番 ノーブルマーズ(高倉/4番人気 6.8倍)

▲6枠7番 ムイトオブリガード(四位/1番人気 3.6倍)

△7枠10番 ウインテンダネス(松岡/5番人気 8.0倍)

✖1枠1番 エンジニア(北村宏/8番人気 18.1倍)

JBCクラシック」の裏開催の東京メイン。実績馬が揃っていますが、同じコースの目黒記念3着で、そのときと同じ斤量56のパフォーマプロミスを本命に。感冒京都大賞典をパスするという一頓挫あったもののしっかり乗り込まれ、影響は心配しないでよさそう。ノーブルマーズは目黒記念2着、宝塚記念3着で本来なら本命にしたいところですが、今回はまだ仕上がり途上。地力でどこまでといったところ。ただ斤量56は恵まれている。ムイトオブリガードは昇り馬なれど、オープンで実績ない。人気を背負っていますが、ここが試金石といった感じ。目黒記念勝ち馬ウィンテンダネスは前走逃げて失敗。目黒記念から斤量2キロプラスはそんなにマイナス要素ではないと思いますが、勝ったときの鞍上内田博が京都に。菱田→松岡と鞍上がコロコロ替わるのはどうか?脚質が一定していない馬だけに。エンジニアは新潟記念4着。相手は強化されますが、斤量は据え置き54ですし、ハンデ戦で恵まれたにせよ重賞でそれなりの実績をあげたのは素直に評価していいと思います。

買い目は三連複1、2、6、7、10のボックスで10点。