粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

日曜東京メイン「ジャパンカップ」(国際交流GⅠ)予想

f:id:KAS_P:20181125021158j:plain

笠松グランプリ」は兵庫エイシンバランサーが勝利。4連覇をかけたラブバレットは4着に沈みました。

このレースの回想は次回にして……。

f:id:KAS_P:20181125021517j:plain

権ひろみ

 

ジャパンカップの予想を。

<カスPの予想。単勝人気とオッズは前日のもの>

◎1枠1番 アーモンドアイ(ルメール/1番人気 1.5倍)

〇5枠8番 キセキ(川田/4番人気 10.2倍)

▲3枠3番 サトノダイヤモンド(モレイラ/3番人気 7.4倍)

△6枠9番 シュヴァルグラン(デムーロ弟/5番人気 14.4倍)

△7枠11番 スワーヴリチャード(デムーロ兄/2番人気 5.9倍)

✖8枠13番 ノーブルマース(高倉/12番人気 164.1倍)

 

俄然注目のアーモンドアイですが、牝馬三冠といってもこれまで同世代の牝馬としか戦ったことがない。今度は古馬の牡馬混合。逆らいたい気持ちはあるのですが、データ的に逆らえない。まず内枠有利。4年連続1番枠が馬券に絡んでいる。それに開幕してしばらくは馬場が速いので先行して押し切りのパターンもあるのですが、この頃になると直線の長さがモノをいうようになり、差し馬優勢になる。ところが、抜群の切れ味を持っているこの馬以外に有力な差し馬があまり見当たらない。牝馬だからどうこうは過去の話。それどころか近年は牝馬の活躍が目立っている。4年連続1番枠が馬券に絡んでいると述べましたが、5年前は1番枠は馬券に絡みませんでしたが、3歳牝馬デニムアンドルビーが2着、6年前は同じく3歳牝馬のジェントルドンナが勝利。最内の差し馬ですから勝負どころで進路を塞がれてしまう可能性はなくもない。ですが懸念はそれぐらい。ここは素直に従います。

対抗はキセキ。天皇賞秋は逃げて粘って3着。このコースは逃げ馬は厳しいのですが、今回は他に行きたい馬は幾らでもいる。ヘンに押し出されでもしない限りは番手で控えてロングスパートをかければいい―ルーラーシップ産駒は切れはないだけに—。プロ野球ファンだった頃は熱烈なアンチ巨人だっただけに、外国人騎手と社台グループに逆らいたい気持ちがあり、下河辺牧場—それでも大手—と川田のキセキ本命も考えたのですが、どうも複勝で大口が入ったらしい。過去に「ヒシミラクルおじさん」というのもいましたが、笠松なんかでも、時々明らかに大口が入ったようなオッズ変動があり、そういう馬は大概沈むのです。

単穴のサトノダイヤモンド。このレース、2番枠がすごく相性がいいらしいのですが、14頭しか集まらなかった今回は2枠は1頭だけで、それが申し訳ないけど間違っても来ることはありえないハッピーグリン。となると、フルゲートだったら2番枠だったサトノダイヤモンドを。差し馬としてはアーモンドアイに次ぐ存在。京都大賞典を勝って復活のきざしを見せたものの、まだキタサンブラック有馬記念で打ち破った頃に戻ったとは思えない。でもそこはモレイラの腕で。

シュヴァルグランは昨年の覇者で東京は得意。ただ、京都大賞典の4着をどう捉えるか。大阪杯で惨敗した後天皇賞春で2着だったように、叩き2走で上積み大と捉えてよいものか?

スワーヴリチャードは前走はまさかのスタート直後のアクシデント。そこから立ち直ったかどうか。走ってみないとわからない。

穴馬指名のノーブルマースは宝塚記念は後方から差して3着。本来番手でレースを進める馬なのですが、目黒記念はそれで2着。同じコースのアルゼンチン共和国杯は9着。私が見るに、このメンバーで大外から無理に先行して残れるとは考えづらい。中団に控えた方がいいか。外枠から上位に入線した馬は大体差し馬。

買い目は1を軸に三連複3、8、9、11、13に流して10点。

 

<逆神の権兵衛の予想>

アーモンドアイ絶対の下馬評も古馬勢も無為無策な筈も無く、実力勝負の好レースになりそう。頂上決戦だけに馬券になりそうな馬は実力と実績に勝る馬に絞られそうも、儲け出すのは結構難しい印象。


◎1枠1番  アーモンドアイ
このレースで活躍多い3歳牝馬でこの実績なら消せない。ただ1着と決めてかかるのは…
○5枠8番 キセキ
秋2戦復調気配示す昨年の菊花賞馬。距離延長OKで前走の再現で粘り込み十分。
▲3枠3番 サトノダイヤモンド
能力的には前走京都大賞典くらいはやれる馬。騎手モレイラ持って来た本気度を買う。
△7枠11番 スワーヴリチャード
前走天皇賞出遅れたにしても案外。スタート不安も実績上位で逆襲警戒。
×6枠9番 シュヴァルグラン
前走0.6秒差は負け過ぎの感も叩き2走目の上積み怖く昨年覇者だけに警戒は必要。

馬券は、
軸 1
相手3、8、9、11
の3連複流し計6点で参ります。3連単のオッズと見比べてみましたが、敢て3連単を買う必要は無いでしょう。

 

f:id:KAS_P:20181125033513j:plain

<モリアテ教授の予想>

調教絶好1、8

◎3枠3番 サトノダイヤモンド

勝負馬券は1、3、9、11の馬連BOX。

<shugoro氏の京阪杯予想>

フミノムーンの単複とナガラフラワーとのワイド!

ロボダッチ氏の予想>

遅くなりましたが、シゲさん、逆神の権兵衛さん、ありがとうございます。自信なかったので複勝でしたが、JCは強気で攻めたいと思います。

f:id:KAS_P:20181125034020j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オマケ。カスPの京阪杯予想

◎2枠4番 アレスバローズ(藤岡佑/3番人気 7.2倍)

〇4枠7番 グレイトチャーター(福永/4番人気 7.6倍)

▲3枠5番 コウエイタケル(小牧/14番人気 43.6倍)

△7枠13番 ベステンダンク(松山/9番人気 17.2倍)

△8枠18番 ナガラフラワー(太宰/13番人気 40.9倍)

✖6枠12番 オールポッシブル(荻野/12番人気 39.6倍)

4、5、7、12、13、18の三連複ボックス20点。