粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

アーモンドアイの強さは勝ちタイムではない。

日曜日の競馬の結果
中央東京「ジャパンカップ」カスP 三連複960円的中(10点)/逆神の権兵衛 三連複960円的中(6点)
1着 1番アーモンドアイ(1番人気)カス◎/権◎
2着 8番キセキ(4番人気)カス〇/権〇
3着 11番スワーヴリチャード(2番人気)カス△/権△

 

f:id:KAS_P:20181201032741j:plain

f:id:KAS_P:20181201032820j:plain

何のことかというと、ロボだっち氏から、ジャパンカップ予想の際、律子と買い目(三連単2,690円的中おめでとうございます)だけでなく、もうひとつ画像が送られてきたのですが、アイマスの同人二次元エロ画像だったので、そこにあった権兵衛氏やシゲ氏へのお礼のコメントだけ載せさせてもらったら、後日、上の「詰問」の画像が送られてきた次第。

真面目な回答をすれば、あってもお色気程度。はてなブログには「アダルト」のカテゴリはなく、ルールでそういったものは許されていないので、ライブドアのように「アダルト」に強制的に移された反省も踏まえ、基本ソフト路線で運営しております。

ただ、エロを熱く語りたい気持ちもあるので、別の媒体を使って昔のエロゲやエロマンガを語ったりするブログも作りたいなと思っております。今は仕事に忙殺され、このブログの更新やコメントへの返信すらままならないので、とりあえずこのブログが軌道に乗ったらということで。

 

ジャパンカップの話をすると、アーモンドアイのあの劇的な勝利については、素直に評価できない天邪鬼がやはりいるわけで、前残りの展開に助けられたとか、大幅なレコード更新も高速馬場によるものだとか。レコード更新については確かに馬場状態の影響も少なからずあるので私はあまり重視していない。6着馬までが従来のレコード(2:22:1)を更新し、7着だったホッカイドウ所属のハッピーグリンが2:22:2だった。むしろ反動がないか心配。かつて坂井千明氏は馬の故障は高速馬場よりもむしろハード化しつつある調教に原因があるのでは、と述べていましたが、やはり高速馬場が馬の脚に負担をかけることには違いないでしょう。

アーモンドアイが強いのは、休み明けぶっつけで秋華賞を勝ち、返す刀で牡馬混合の古馬GⅠであるジャパンカップを勝ったこと、つまりは今までなかった異例のローテーションで結果を出しただけで充分証明できます。今年のジャパンカップは14頭しか参加せず、外国馬勢も手薄でしたが、今の中央競馬の中距離~クラシックディスタンスの一線級はほぼ集まった。今年のダービー馬とレイデオロがいませんが、それをもって相手が緩いとはいえない。

それに、最内枠ということで包まれることを危惧して道中2番手。比較的スローだったとはいえ道中慣れない位置にいながら、絶妙なペースを作ったキセキを最後かわした。展開に応じて自在に動けるというのも強みでしょう。ただ、臨機応変にそれを活かせる騎手あってのものですが。

あと、ロードカナロアはとんでもない種牡馬だな、と。ロードカナロア自体は短距離のスペシャリストでしたが、子供たちは長い距離を苦にしない。そして母はエリザベス女王杯の勝ち馬フサイチパンドラフサイチ氏は自身の所有していた馬の娘が競馬界を震撼させているのを、どこでどう思っているのか。

まあ、何よりアーモンドアイの強さを証明するのは、カスP権兵衛双方が本命に指名しても、それをものともしなかったこと。これに尽きます。両名がほぼ同じ印を打って、配当は安いながら的中するのは滅多にない。