粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

力は出し切ったクロノジェネシス

f:id:KAS_P:20181211014751p:plain

こ、これは

福永祐一

西日フラッシュ!?…

f:id:KAS_P:20181211014903p:plain

!!!…………

f:id:KAS_P:20181211021235p:plain

日曜日の競馬の結果

中央阪神阪神ジュベナイルフィリーズ」…カスP  ハズレ/逆神の権兵衛 三連複1,310円的中(10点)

1着 13番ダノンファンタジー(1番人気)カス▲/権◎

2着 9番クロノジェネシス(2番人気)カス◎/権△

3着 11番ビーチサンバ(4番人気)権▲

 

クロノジェネシスはスタート直後に不利を受け—しかも相手は私の対抗タニノミッション—、最後方から。これは終わったかと観念しかけましたが、私が穴馬で期待していたベルスールが力んでまさかの逃走劇、それが結果淀みない平均ペースを形成したことが幸い。最後は阪神外回りの長い坂で同じく後方待機だったダノンファンタジーとの大外での末脚勝負になりましたが、早めに動いて且つ上がり最速を叩き出しながらも内ダノンファンタジーに先手を打って封じることができず、追う立場になってしまった。仕掛けが早過ぎたという人もいますが、私はあの時点より動くのが遅ければダノンを競り落とせたとも思えない。ただ、両馬とも持っている力は充分示せた。半馬身差は両馬を勝負づける決定的なものではなく、内外の僅かなものだと思います。

牝馬にはもう一頭、新馬戦でダノンファンタジーを降したグランアレグリアが、朝日杯FSに紅一点で出走。あまり若駒に無理はさせない藤澤和厩舎だけに、メイチで必勝の態勢を取るとは考えにくく、また2014年に牝馬バウンスシャッセ皐月賞に出して失敗している。とはいえ2016年にはサトノアレスで勝利。2012年のコディーノ4着、2014年ネオルミエール4着、2017年タワーオブロンドン3着と、毎年のようにこのレースでは結果を出しているだけに侮れない。

 

月曜日の競馬の結果

岩手競馬ダービーグランプリ」…三連複160円的中(12点)

f:id:KAS_P:20180524035223j:plain

1着 9番チャイヤプーン(1番人気)〇

2着 7番クリノヒビキ(3番人気)▲

3着 1番コーナスフロリダ(2番人気)◎

勝ちタイム 2:12:2(不良)/昨年の勝ちタイム 2:08:2(スーパーテンション・稍重)

コースレコード 2:05:3

 

ちょっと前にも園田で同じような経験をしたような…。

個人的には岡部誠の騎乗に些か不満。行きたがっていたのを抑えた結果、前を行ったクリノヒビキや出遅れながらもバックストレッチで捲って2番手に押し上げたチャイヤプーンに離されてしまっただけでなく、3コーナーで力尽きて後退するアルファーティハやエルノヴィオを外を回してかわさざるを得なかったが、結果先着2頭に追いつくこともできなかった。最内枠であることを何も活かすことができなかった。積極的にハナを奪ってレースを引っ張った赤岡のクリノヒビキとは対照的。

とはいえ、三連単も6.8倍。もしよしんばコーナスフロリダがクリノヒビキに追いつけて三連単を獲れたとしても3.8倍でこれでは投資の半分も回収できず。コーナスフロリダが勝って1→9→7でも8.8倍。これでもマイナス。馬券の買い方があまりに下手クソでした。手を広げるとバカを見るレースの典型で、こういうレースは絞りに絞ってイチかバチかしかない。もうひとつ、勝ったチャイヤブーンは出脚で後手を踏み、追っつけ気味の序盤で大丈夫かと思いましたが、最後は完勝。時計はだいぶ遅いものでしたが、これは例年に較べて全体的に出走馬のレベルが低かったからか。薬物事件の影響で開催が大幅に遅れたせいか、今年はホッカイドウの所属馬が皆無でした。

ちなみにこのコースのレコードは2010年のマルヨフェニックス笠松の強豪馬で、交流重賞で馬券に絡むことはできませんでしたが、2008年「帝王賞」4着と、全国区で戦える馬でした。ラブミーチャン引退後、そろそろ笠松にも全国区で戦える馬が出てきてもらいたいのですが…。