粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

土曜中山第10R「中山大障害」(障害GⅠ)予想

f:id:KAS_P:20181222020601j:plain

中山大障害の予想を。

障害の絶対王者オジュウチョウサン有馬記念へ。果たして通用するかどうかなのですが、常識にかかれば平地では1000万条件までしか勝っていない馬がGⅠのグランプリレースで通用するわけがない。

ただ、何が起こるかわからないのが競馬。可能性があるとしたら馬場が悪化して直線グダグダの体力勝負になった場合。オジュウチョウサンは1000万条件より上を走ったことがないだけに、まだ底が見えていないと捉えることもできるし、明らかに重馬場が味方になってくれそうな血統。そして体力勝負になった場合、前走ジャパンカップを走った有力馬たちが、前走の超高速決着の反動で脱落していく可能性も。レイデオロを意識した後方の有力馬たちが重い馬場に苦しんで伸びあぐね、キセキがバテて後退すれば、勝ち負けはともかく、3着は。序盤、オープンのペースに無理なくついていくことができれば。

オジュウチョウサンがいなくなった障害GⅠ、ライバルであるアップトゥデイトが中心に。主戦は林満明引退に伴い、白浜に。最初の小倉サマージャンプはまさかの2着だったものの、阪神JSは勝利。ただ、2着馬とは僅差だけに絶対視していいものか?

<カスPの予想>

◎6枠9番 アップトゥデイト(白浜)

〇4枠5番 ニホンピロバロン(石神)

▲6枠8番 ミヤジタイガ(西谷)

△2枠2番 シンキングダンサー(金子)

△7枠10番 ルペールノエル(高田)

やっぱりアップトゥデイトを本命にせざるを得ない。対抗は、オジュウチョウサンの主戦だった石神が新コンビを組んだニホンピロバロン中山グランドジャンプ3着。ただ、そこからぶっつけでこの舞台に。こと障害に関しては平地ほどブランクをマイナスに捉えなくてもよいのですが、臨戦態勢は整えたけれど十全とまではいえない調整過程は些か不安。多分に地力に頼るところも。

ミヤジタイガは昨年10着でしたが、完走はできた。大障害コースはともかく中山の障害コース自体は苦にしているとは思えず、京都JS→イルミネーションJS(中山)のローテは昨年と同じですが昨年よりも成績が良い―昨年は中止→2着、今年は2着→1着—。ちなみに昨年は引退した岩元市三師が管理していて、岩元師引退後、武幸四郎師が引き継いだ。もしかしたら武幸四郎厩舎の最初の重賞制覇が中山大障害になるかも?

シンキングダンサーは昨年4着。中山GJは7着で、ここまでどうも振るわないのですが、中間の上昇度は1番。ルペールノエルは昨年3着、中山GJ4着ですが、ここ2戦がいまひとつ。前走は不利もあり、大障害コースの実績はアップトゥデイトに次ぐだけに、巻き返しも。

買い目は2、5、8、9、10の三連複ボックスで10点。

 

<逆神の権兵衛の予想>

オジュウチョウサン抜けた後のハードル界を制するのは?といっても、実績だけ見るとアップトゥデイトが断然。新興勢力となりそうな馬は見当たらないが、2番手以降の馬の能力差は思ったほど無い印象で馬券的には案外難解。

◎6枠9番 アップトゥデイト
JGⅠを6戦して全て馬券になってるように安定感も実績も断然。本命視は当然。
○7枠10番 ルペールノエル
JGⅠでの4戦掲示板は確保。近走もそこまで差は無く上位争い必至。

他の有力馬は、ミヤジタイガは大障害コース不振、ニホンピロバロンは休み明け等不安点あり、下手に多点張りするとトリガミの可能性があることを考えると、馬券は、
ワイド9-10
の1点で参ります。ワンパターンといわれればそれまでですが…