粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

日曜阪神メイン「大阪城ステークス」予想

今週から藤田菜七子は平場では3キロ減の恩恵を受けるようになり、競馬マスコミは土日ともに重賞のない小倉開催こそ一番の注目とし、藤田が勝ちまくるように煽り、さながら「菜七子祭り」の様相を呈していましたが、さて初日の結果は…。

 

第2R 3歳未勝利 アーチンガイ 7番人気11着

第4R 3歳未勝利 ウインカーマイン 5番人気5着

第6R 500万条件 キクノロージズ 3番人気4着

第7R 500万条件 サイモンザーレ 1番人気2着

第8R 500万条件 キクノオトコマサリ 4番人気14着

第9R 500万条件 パフォーム 6番人気5着

第11R 早鞆特別(1000万条件) オルノス 5番人気11着

第12R 八代特別(500万条件) バーミーブリーズ 5番人気5着

(第11、12Rは特別戦のため3キロ減の恩恵はなし)

 

勝ったレースはなく、人気より上の着順も第9Rのみ。とはいえおそらく馬の実力以上に人気過剰気味だったところもあったのでは?3キロ減ろうが4キロ減ろうが勝てない馬は勝てない。8レース中、人気より大きく着順を落としているのは2レースのみだから、まあいいんじゃないですか?

 

弥生賞は馬柱を見て、観るならともかく買うレースではないということで、阪神開催の大阪城ステークスの予想を。

良く見ると「リステッド」なる見慣れぬ表示が。何やねんコレ?と調べてみたら、OP特別の中でも格上に扱うレースをそう称するそうです。確かに4月頭の大阪杯の前哨戦的な側面はあります。とはいえ所詮OP特別、あまり大阪杯で台風の目になりそうだ、という馬は見当たらない。

 

◎8枠15番 クリノヤマトノオー(和田)

〇7枠13番 ランガディア(浜中)

▲3枠4番 トリコロールブルー(岩田)

△8枠14番 レッドローゼス(川田)

△4枠6番 ナイトオブナイツ(古川)

✖6枠11番 ショウナンバッハ(鮫島駿)

 

天候が微妙で、馬場が重くなる可能性も踏まえて予想。当初はランガディアを本命に考えていたのですが、近3走鞍上だった北村宏が落馬負傷で浜中に乗り替わり。テン乗りで、馬場も乾いていた方がいいということで、ある程度前々に位置しながらも速い上がりを繰り出せるクリノヤマトノオーを本命に。4走前、重馬場で同コースの1000万条件を勝ち、同じく勝った前走も稍重とはいえ雨天でした。トリコロールブルーは昨年覇者。以降も鳴尾記念3着の他、OP特別なら手堅く入着している。中間の動き抜群のレッドローゼス、手堅いというか善戦マンというか…のナイトオブナイツ、2走前の中日新聞杯で12番人気ながらハナ差2着。それ以前もよく見ると新潟記念で13番人気3着と大駆けしているショウナンバッハを穴馬に。ハンデも中日新聞杯と同じ54。人気するとコケる傾向があり、11番人気は大駆けの予兆ですが、結構オッズも割れていて、11番人気ほどオッズに妙味はないかも。

馬場が荒れた場合、印は回せませんでしたが一番恐いのは3枠5番アメリカズカップ。ところで、先日米朝首脳会談があり、アメリカズカップはサイン的にもありかと。では「朝(北朝鮮)」はというと、ノーザンファーム出身で調教師が「キムラ」のランガディア。この2頭の馬連とワイドを。ただ、先述したようにランガディアはあまり馬場が渋るのは歓迎しないし、一方でアメリカズカップは馬場渋化は大歓迎。この2頭の組み合わせはちょっと無理あるかも。アメリカズカップ鞍上は晴れて中央の騎手になれた藤井勘一郎。

買い目は15を軸に三連複4、6、11、13、14に流して10点。それからワイド5-13、15と馬連5-13で計18点。