粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

船橋競馬「ダイオライト記念」(交流GⅡ)予想

f:id:KAS_P:20190313015942p:plain

ぴ、ピエール瀧……!?

 

日曜日の競馬の結果

中央阪神フィリーズレビュー」…ハズレ

1着(同着) 1番ノーワン(12番人気)

1着(同着) 6番プールヴィル(3番人気)◎

3着 15番ジュランビル(6番人気)

 

まあ…阪神芝1400メートルは確かに内枠有利とはいうけれど…まあ、3着馬も買い目に入れていなかったので予想は言い訳できない惨敗。他の有力馬たちが案外だったのですが、アウィルアウェイはスタートが良過ぎた。内枠ということもあり、こうなるともう引けない。ただ、パドックは見ていないのですが(日曜日は仕事)もし敗因にフケで入れ込んでいたところがあるとしたら、周期的(だいたい3週間といわれる)に桜花賞(4週間後)は微妙。キュールエサクラは幾ら勝ちっぷりが良かったとはいえ所詮500万条件。こういう馬は切ることはできないけれど、昇級の壁に簡単に弾き飛ばされることも念頭に入れておかないといけない。

 

先日、ある方から差し入れを頂きまして、お礼も兼ねてレビューしようと思うのですが、今日は船橋の「ダイオライト記念」の予想を。2400メートル。第11R。20:05発走。

場違いな馬が3頭ほどいますがまあ他馬の邪魔はしない…というかするしない以前に3頭仲良く置いていかれると思うのでお気にせずに。コスモマイギフトなんて10歳だし、前走A2特別戦で勝ち馬から5.2秒差のブービー。よくこんな馬臆面もなく連れてくるな、と。同日名古屋で「中京ペガスターカップ」という3歳重賞があり、ホースプアという馬が出てくるのですが、poorには、貧しいという他に可哀想という意味もある。まさか当てつけに付けたわけでは…そんな名前つけられた馬も可哀想ですが、まあ名古屋にはオイコイケなんて馬もいますし。

それでも「川崎記念」より南関勢は駒を揃えてきました。昨年11月の「JBCクラシック」まで長年中央で活躍してきたので、サウンドトゥルー船橋というのはまだピンと来ませんが、問題は今回が中央から浦和への移籍初戦となるトーセンマタコイヤ。トーセンの冠にしてはヘンな名前ですが、OP昇級後、昨年中山金杯5着、新潟記念5着。まだ頭打ちと決めつけるには早い段階で移籍。ただ、これまでダートは走ったことがない。父はディープインパクトですが、母系がダート血統であるヌレイエフ系。この辺りが一度ダートに挑戦させようという根拠なのかも。

 

◎1枠1番 チュウワウィザード(JRA・川田)

〇8枠14番 ミツバ(JRA・和田)

▲4枠6番 オールブラッシュ(JRA・田辺)

△3枠4番 サウンドトゥルー(船橋・御神本)

△6枠9番 アポロケンタッキー(JRA・戸崎)

✖3枠3番 トーセンマタコイヤ(浦和・森)

 

東海SフェブラリーSを勝ったインティから0.3秒差2着、その前は2500メートルの「名古屋グランプリ」(交流GⅡ)を勝ったチュウワウィザードが人気を集めているようですが、これまで9戦しかない4歳の若い馬。しかも馬券圏内から外れたことが一度もない。ホッコータルマエコパノリッキーが去っても魅力的な馬が続々と出てくる。鞍上川田もちょっと前までは今ひとつ大舞台では信用できなかったのですが、今は強い馬を期待通りしっかり勝たせることができる。

対抗はその「名古屋グランプリ」で同馬から0.1秒差2着、「川崎記念」を勝ったミツバ。今の勢いならチュウワウィザードと差はないと思うのですが、「白山大賞典」(金沢・交流GⅢ)で1番人気を背負って大敗した不可解な過去が未だ引っ掛かり、対抗に。

ちょっと前の川田が、今の田辺とちょうど重なります。大舞台で信用ならない。それでも相手関係を考えるとオールブラッシュと△以降の間には結構大きな差があると思います。ただ、「名古屋グランプリ」で2番人気5着だったこともあり、距離的に微妙かも。

そういう点ではサウンドトゥルーも同じ。前走2600メートルの重賞「金盃」を勝ちましたが、僅差で今回は相手が違い過ぎる。アポロケンタッキーは昨年2着。「川崎記念」も見せ場があり、いつ走るかわからない馬だけに、馬券的に妙味はなくても消せない。

トーセンマタコイヤは蓋を開けてみないとわからない。2600メートルという距離も未知数。ヌレイエフ系はダート血統ですが距離適性はどちらかといえば短い。サウンドトゥルーもそうですが、鞍上の腕によるところ大。

 

買い目は1を軸に三連複3、4、6、9、14に流して10点。それだけだとトリガミ濃厚なので三連単1→6、14→6、14、9の4点で計14点。ヤマノファイトが「金盃」でもうちょっといい結果を出していれば…。