粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

日曜阪神メイン「大阪杯」(GⅠ)予想

f:id:KAS_P:20190331015947p:plain

f:id:KAS_P:20180502032347p:plain

そんなこと言ってますがぁ、

結局は下手くそな予想で

ちまちま豆券買う

通常運行ですよぉ。

 

黒船賞」のゲートが開く直前、橋口アナが「平成最後の黒船賞」と言っていましたが、平成最後のGⅠです。ちなみに平成最後の重賞は高知の「御厨人窟(みくろど)賞」。空海(弘法大師)が修業時代の若い頃、この洞窟の中で起居していたという言い伝えがあります。レース前橋口アナは「平成最後の重賞」と言うかもしれません。

話を大阪杯に戻せば、逃げるのは十中八九キセキでしょうが、問題はペース。阪神芝2000メートル(内)は、序盤に上り坂があることもあり、大体がスローペースになります。昨年ジャパンカップ(2着)のようなスロー逃げになるかもしれません。ただ馬場状態は、ジャパンカップのときと違い、高速の時計が出る状態ではなさそう。直線は内側を中心に痛みが残っているようで、本来なら先行有利なコースですが、外を回った差し馬が…というケースも想定しておかなければなりません。

 

<カスPの予想。単勝人気とオッズは前日のもの>

◎4枠6番 キセキ(川田/2番人気 5.2倍)

〇7枠12番 ステルヴィオ(丸山/5番人気 9.8倍)

▲2枠2番 ワグネリアン(福永/3番人気 6.9倍)

△5枠7番 ブラストワンピース(池添/1番人気 3.8倍)

△7枠11番 ペルシアンナイト(デムーロ/6番人気 10.2倍)

✖6枠9番 エアウインザー(浜中/4番人気 6.9倍)

✖8枠14番 ダンビュライト(松若/11番人気 46.1倍)

 

本命キセキは馬場不問。高速だろうが渋っていようが自分のレースをするだけ。

昨年のマイルCS王者ステルヴィオは表面の血統と成績を見れば2000メートルは決していいとはいえない。ただ中間の動きは絶好で、今なら2000メートルで結果を出せる可能性は少なくない。鞍上丸山はこれまで重賞7勝ですが、内3勝は今年獲ったもので、今年は当たり年か?もしかするとこのレースでGⅠ初制覇も。

昨年ダービー馬ワグネリアンは昨年神戸新聞杯以来。仕上がってはいるので、あとは初の同世代以外との対戦。真価を問われる場になりますが、神戸新聞杯で0.1秒差2着だったエタリオウは菊花賞2着、翌年日経賞2着。決して弱くはない。そういえば先週福永は高松宮記念を勝ちましたが、あれは死んだキングヘイローが、ダービーで大恥をかいた縁もあるから、”逆”手向けにGⅠを勝たしてあげたのでしょう。高松宮記念キングヘイローが勝ったGⅠで、2着馬の鞍上は福永だった。

有馬記念馬ブラストワンピースは追い切りで少しばかり不安も感じさせる。ただ、休み明けは苦にしないタイプ。

ペルシアンナイトはマイルCSステルヴィオと僅差2着。とはいえ昨年の大阪杯は2着。3歳時の皐月賞も2着で、マイラーとして扱われていて2000メートルの経験は多くありませんが大きなレースでしっかり結果を出している。前走の金鯱賞は4着でしたが、洋行帰りの休み明け。先着した相手も決して弱くない。

エアウインザーはその金鯱賞で1番人気に推されながら3着。ただ阪神芝は(4.2.0.0)と抜群の相性。GⅠホースが多く参戦するこのレース、実績的には見劣りは否めませんが、4番人気に推されたのはコースとの相性によるところ小さくはないでしょう。

穴馬指名ダンビュライトは時計勝負になると辛い。ただ、速い時計が出る馬場でもない。陣営が期待するほど馬場は重目残りにはならないでしょうが、それでも直線痛みが目立ち始めている。早めに動いて馬場のいいところを選び、持ち前の粘り強さでどこまで、でしょう。鞍上松若はこの馬で3戦3勝ですが、エアウインザーとは対照的に阪神芝は(1.0.0.5)と相性は微妙。

買い目は6を軸に2、7、9、11、12、14に流して15点。

それから馬連12-2、6、7、9、11、14に流して6点。計21点。

 

<逆神の権兵衛の予想>

出走馬の半数以上がGⅠと一線級勢揃いの豪華な一戦。それだけに戦力的には差が少なく難解な一戦で、容易に想定できるのはキセキの逃げでスローペースは無く、単純な前残りは無さそう、という程度か?

◎5枠7番 ブラストワンピース
休養明けOK距離短縮いい。展開も差し馬向きで有馬記念勝馬として無様な競馬できぬ。
〇4枠6番 キセキ
先行馬に不向きな展開の有馬で5着なら及第点。単騎逃げ濃厚でこの馬なら残れる。

▲2枠2番 ワグネリアン
連対外したのが皐月賞だけの堅実派。実力は折り紙付きで少しでも頭数少ないのはいい。
△5枠8番 サングレーザー(ミナリク/7番人気 11.7倍)
GⅠ勝ち無いが昨秋天皇賞2着と遜色なし。ペース上がりそうでこの馬の末脚生きそう。

×7枠11番 ペルシアンナイト
近走不満もGⅠでは馬券に絡む馬。距離コース共向く今回 GⅠで逆襲あるかも。

馬券は、 

2、6、7、8、11
の3連複ボックス(計10点)で参ります。

 

f:id:KAS_P:20190331041442p:plain

 平成最後のモリアテ教授の予想。


調教絶好 7・11
◎5枠7番 ブラストワンピース

勝負馬券は【7―1・8・9・11・12】
馬連流し。

―教授の格言―

2000mはハービンジャーなんだよ!