粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

土曜中山メイン「中山グランドジャンプ」(障害GⅠ)予想

f:id:KAS_P:20190413010356j:plain

f:id:KAS_P:20190413010410j:plain

アトモスPが、笠松の新人騎手・東川慎の写真を送ってくれました。有難う御座います。

東川慎は初日2日の最終レース、4番人気の馬で初勝利。ちなみにセレモニーは4日の第5Rの後。下のセレモニーの写真でプラカードを掲げているのはパパの東川公則。左が水野翔。

話はちょっと変わりますが、同じ笠松競馬でベテラン騎手の高木健が負傷したのですが、競馬場HPにその旨と、負傷内容、加療見込みが記載されていました。これは良いことです。良いことというのは、当然高木騎手の負傷ではなく、すぐにその旨と、怪我の程度を公表したこと。地方競馬というのはあまりそういったことを公表してくれない。応援している騎手が突然姿を消し、どうなっているのか気になることが結構ある。後になって大概落馬負傷だとわかるのですが、レース中ならともかく、非開催日の調教中の落馬負傷だとなかなかわからない。高木は前回の笠松開催の最終日に騎乗しているので、調教中の負傷というのがわかる。こういった情報発信はこまめにしてくれると有難いです。

 

f:id:KAS_P:20190413013837j:plain

皐月賞以上に大事なのは、

中山グランドジャンプ

ございますんで、的中どうか、

お願いいたします。

(権兵衛の本音)

中山グランドジャンプの予想を。メンバーを見渡すと、有力な馬とそうでない馬とのグループ分けがはっきりできる。無論競馬は何があるかわからないのですが、飛越失敗という平地にはない不確定要素がありながらも、障害GⅠは平地のGⅠよりは強い馬が結果を出してくれるイメージがあります。それは中山大障害コースが特殊であり、同コースの経験と着順が予想をするうえで大きなファクターになるからでしょう。問題は、大障害コースを経験したことがない上がり馬の参戦なのですが、特に今年はそういったダークホースが存在しない。

前日オッズを見たのですが、単勝ではオジュウチョウサンが1.0倍の単勝元返しで、2番人気が昨年中山大障害覇者ニホンピロバロンで469.1倍。これではさすがに参考にならない。

<逆神の権兵衛の予想>

中山GJ3連覇のオジュウチョウサンが4連覇達成なるかに注目が集まる一戦。中山コース実績、大障害コース実績がものを言うレースだけに、敢て実績馬に逆らって高配当狙いという選択肢は確率的にどうか?

◎5枠5番 オジュウチョウサン(石神)

久々の障害戦の前走阪神スプリングJも快勝。実績は言うまでもなく逆らうのは無謀。
○1枠1番 ニホンピロバロン(白浜)
昨秋の大障害勝ちと◎除けば実力筆頭格。過去障害11戦全て3着内と安定感抜群。
▲8枠10番 タイセイドリーム(平沢)
前哨戦阪神スプリングJで◎と小差と善戦。昨秋の大障害も2着と適正高く侮れない。
△4枠4番 マイネルプロンプト(森)
大障害含む近3走中山コースで馬券圏内とすっかり安定。上位食込みは必至。


馬券としては
軸5
相手1、4、10
の3連複1頭軸流し(計3点)と3連単1頭軸(1着固定)流し(計6点)の計9点で参ります。穴狙いなら皐月賞で。

 

<カスPの予想>

◎5枠5番 オジュウチョウサン

〇8枠10番 タイセイドリーム

▲1枠1番 ニホンピロバロン

△4枠4番 マイネルプロンプト

△3枠3番 シンキングダンサー(金子)

✖7枠8番 ルペールノエル(高田)

穴馬としては、かつては大障害コースで実績あれど、近走不振でおそらく人気を落とすであろうルペールノエルで。西の障害名手高田も最近陰が薄くなりつつあるので、ここで存在感を示したいところ。

買い目は三連単5→1、10→1、3、4、8、10で8点。

それから助平心の馬連10-1、3、4、8。計12点。