粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

笠松競馬「オグリキャップ記念」予想

笠松競馬「オグリキャップ記念」の予想を。

今年から優勝賞金が500万から1,000万円に倍増。かつては交流GⅡだった名馬の名を冠したレースに相応しくなりました。それでも南関の大井「金盃」の2,200万円の半分以下ですが、南関のレースとは違い北は岩手、南は佐賀と全国から出走手当目的ではなく、本気で勝ちに馬がやってきている。

このレース、固い決着のときもありますが荒れる傾向が強く、特に今年は混戦模様。専門紙を見ると陣営の多くが相手関係に言及しています。一頭抜けた馬がいて…とかここは相手が強い…ではなく、やってみないとわからないという雰囲気。2500メートルという距離もありますし、抜けた存在であるカツゲキキトキト脚部不安から長期休養明けで、急仕上げではないものの追い切りは強調できるものではない。

 

◎7枠8番 グルームアイランド(金沢・青柳)

〇5枠5番 メイショウオオゼキ(兵庫・笹田)

▲3枠3番 メモリージルバ(名古屋・友森)

△1枠1番 グレイトパール(佐賀・鮫島)

△7枠7番 カツゲキキトキト(名古屋・大畑)

✖2枠2番 キタノイットウセイ(宮下)

 

かなり迷いましたが、一昨年の覇者である金沢グルームアイランドを本命に。昨年は4着でしたが、2着馬が9番人気、3着馬が7番人気とかなりの大荒れ。配当を荒らした2頭がかつてフェブラリーSを最低人気で勝ったコパノリッキーのように、それを機に頂点に駆け上がったかといえば、以降目立ったところもなく、いわば展開のアヤ。グルームアイランドが実力で劣ったわけではない。一時期移籍していた南関ではまったく結果が出せませんでしたが、金沢に戻って従来の動きを取り戻してきた感があり、追い切りもしっかり乗り込まれている。金沢はジャングルスマイルがこのレースの常連でしたが、一度は私もこの馬をポスト・ジャングルスマイルとして期待していました。

メイショウオオゼキも動きはよく、臨戦過程に好感が持てます。無理をして使われているわけではなく、着実にステップを踏んでいる。ただ、懸念は鞍上。笹田は笠松コースの経験が、私が記憶する限り皆無。ガヤルドの岡村のようにこのレース前に幾つか騎乗していれば見方も変わったのですが…ちなみに岡村は「オグリキャップ記念」の後の最終レースも騎乗。時間的な都合等色々あるのかもしれませんが、鮫島のように場数を踏んだ老練ではなくまだ若手。1鞍くらいは乗って当日の笠松コースを掴んで欲しかった。特に前日は雨が降っている。というわけで馬ではグルームアイランドより上に見ましたが、ヤネで対抗に下げました。

モリージルバは未知の距離ですし、これまで勝ってきた笠松の重賞も、相手に恵まれたといえばそれまで。ただ、コースとの相性は抜群で勢いがある。3走前の敗北は下手に控えた友森の失敗。その友森も3歳牝馬ゴールドリングで快進撃を続けている等、今は勢いがある。輸送が苦手らしいのですが、それは陣営が常々口にしていること。気に留める必要はありますが、輸送を無難にクリアすればこの相手でもあるいは。

グレイトパールは前日輸送。以前も触れましたが荒尾の馬が名古屋の重賞に挑戦したとき、輸送で渋滞に巻き込まれ、レース直前になって到着。当然力を発揮できないまま終わった。前日の笠松入りは賢明でしょう。佐賀記念の負け方は気がかりですが、その前の地元戦では中央重賞2勝の貫録を見せている。ハードな追い切りをかけたわけでないので、輸送でどれだけ馬体が絞れているか?

カツゲキキトキトは実績は言うに及ばず。帰厩後入念に乗り込んだそうですが、それでも追い切りはあまり強調材料にはならず、実戦で動きが変わってくれるかどうか?

穴馬指名にキタノイットウセイ。実は当初はデジタルフラッシュを狙っていたのですが、追い切りを見て「うーん…」と。一方でこのキタノイットウセイが上昇味を感じさせてくれました。勝った前走は53キロで今回は56キロというのはネックですが、確固たる逃げ馬がいない今回のようなレースは、逆にリード役がいない分先行勢が意図せず脚を使って崩れてしまうことがある。そんな縺れた展開なら後ろから突っ込んでくるかも。

 

買い目は8を軸に三連複1、2、3、5、7に流して10点。

それから馬単3→1、2、5、7、8で計15点。