粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

笠松競馬「クイーンカップ」予想

f:id:KAS_P:20190704024308p:plain

"悪魔の子"ダミアン・レーン

といったところでこのネタどれだけの人がわかる?

しかしそれより恐ろしいのは…

f:id:KAS_P:20190704024454j:plain

連続で

ド鉄板のワイド1点買いを

外してくれた

逆神の権兵衛

まさに逆神の祟り

f:id:KAS_P:20190704025242j:plain

先週の水曜日の競馬の結果

大井競馬「帝王賞」…カスPハズレ/逆神の権兵衛ハズレ

1着 5番オメガパフューム(3番人気)

2着 1番チュウワウィザード(2番人気)

3着 14番ノンコノユメ(8番人気)

 

一週間ぶりの更新となりました。ゲームに熱中していて更新をサボっているならまだ救いはある。ここ暫くは、起きて仕事行って帰ってメシ食って寝るだけの生活です。「人はパンのみにて生きるにあらず」という言葉がありますが、パンのみにて生きている生活とは、こういう生活なのかとつくづく実感しております。そんな荒んだ生活を送っているのでだんだんと怒りっぽくなり「チュウワウィザードとインティのヤネなんて逆でも腕は似たようなもんだからどっちでもいいだろ!レーンとルメールデムーロ以外は皆一緒だ!いっそ中央の騎手は全員外国人に駆逐されろ!」と悪態もつきたくなる―予想は晒しませんでしたが、日本人騎手だけのCBC賞の馬券を買い、レース映像を視た後マジでそう思った。職場では上司に噛みつきかねないので、敢えてテンションを低めに設定してやり過ごしている毎日です。もういつ辞めても結構…と思いはじめた矢先、車を買い替えざるを得ない羽目になり、ローンを背負ってしまったし(半額は頭金で支払いましたが)。今の課題は「如何に穏やかな心で日々を過ごすか」。腹を立てるというのは表に出さなくてもエネルギーを消耗させるので、結局1日の終わりはくたくたになってしまうのです。

とはいえ腐ってばかりもいられない。マカオでは水野が重賞を勝ったそうで。こちらも空元気を出して前向きに笠松競馬「クイーンカップ」の予想を。1600メートル。第11R。16:20発走。北陸、近畿、東海交流の牝馬限定SPⅢ。

 


笠松競馬の水野翔騎手がマカオ遠征へ 自ら志願

 

問題は天候。東海地方は深夜に激しい雨が降りました。一応天気予報では、発送時刻は晴れですが、馬場はおそらく泥田に近いのでは?

 

◎2枠2番 ライトリー(筒井)

〇3枠3番 リリコ(兵庫・岡部)

▲1枠1番 ユウストレート(名古屋・今井)

△6枠6番 チャービル(兵庫・中田)

△8枠10番 ナラ(松本)

✖7枠8番 ミエルミエーレ(金沢・畑中)

 

馬場が適度に渋っていればリリコ、チャービル、ナラといった差し馬が台頭してもいいのですが、あまりにひどいと末脚が殺され、結局前に行ったもの勝ちになってしまう―後方の馬は泥を叩きつけられて嫌気をさす虞もある。とはいえ、普段の馬場ではなくパワーが必要となる。前に行くタイプでミエルミエーレと渡邊のタイムメイテルで迷いましたが、1400メートルまでしか経験していないタイムメイテルより、1500メートルでそれなりの実績あるミエルミエーレの方がいいか。

本命はライトリー。同じ笠松1600メートルの「新緑賞」(4月4日)で勝ち馬から3.7秒差8着でしたが、以降4連勝。内枠で、相手の出方次第では逃げることも。あまり私とは相性の良くない筒井。現地ではレース後「所詮は筒井か」と毒づくこと度々ですが、今回リーディング2位の調子の良さに期待して。

名古屋や高知を含め重賞を9戦して馬券圏外が1度しかない―とはいえ、勝ったのは最初の地元の2歳重賞だけ—リリコが実績的には群を抜いていますが、やはり馬場が心配。重程度なら迷わず本命ですが。

チャービルは地元の「のじぎく賞」でそのリリコを降している。「兵庫ダービー」は7着でしたが、1.4秒差と勝ち馬から絶望的に離されたわけではない。実力的には当然メンバーでも上位ですが、問題は脚質。ナラも同じなのですが、前があまり激しくやり合うようなことになると、1頭は絡んでくる可能性はあり、切ることはできない。

 

買い目は2を軸に1、3、6、8、10に流して10点。

それから馬連3-1、2、6、8、10に流して5点。計15点で。

 

…騎手は間違えていないよな。さすがに筒井と岡部では「一緒だろ」とは言えない。