粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

菊穴だけにドンケツ負け。

f:id:KAS_P:20191023022742p:plain

日曜日の競馬の結果

中央京都「菊花賞」…カスPハズレ/逆神の権兵衛ハズレ

モリアテ教授 三連複3,070円的中(20点)

1着 5番ワールドプレミア(3番人気)権〇

2着 14番サトノルークス(8番人気)

3着 13番ヴェロックス(1番人気)カス△ 権◎

 

f:id:KAS_P:20191023024725j:plain

菊穴だけに

ドンケツ(殿負け)ですか。

井崎先生、

おあとがよろしいようで

(菊穴だけにくそったれ!)。

 

勝ったワールドプレミアは気性的に難しいところがあり、武豊でもどうかと思っていましたが、やっぱり長距離戦は騎手の力量がモノをいう。2着のサトノルークスに乗っていた福永も2013年にエピファネイア菊花賞を制し、1番人気で3着ではあったものの、川田も2010年、ビッグウィークで制している。私の本命ザダル(6番人気13着)の石橋は2012年にビートブラック天皇賞春を制していますが、あのレースは大番狂わせで、要は運で勝ったようなもの。ただ今回は中途半端な位置にいて勝負どころで思うように動きがとれなかった石橋の騎乗ばかりが原因と言い切れず、馬も距離的に厳しい面もあった。お手馬のラッキーライラックは府中牝馬S3着からエリザベス女王杯に向かうようですが、果たして石橋はそこで名誉挽回の機会を与えられるのか?

 

木曜日の競馬の結果

名古屋競馬ゴールドウイング賞」…馬単450円&三連単1,060円的中(11点)

1着 2番インザフューチャー(1番人気)◎

2着 1番エムエスオープン(2番人気)▲

3着 3番フクダイトウリョウ(4番人気)〇

勝ちタイム 1:44:1(良)/昨年の勝ちタイム 1:43:6(エムエスクイーン・良)

コースレコード 1:38:6

 

個人的には、逃げて勝ったインザフューチャーより、3番手からハナ差勝ち馬に迫ったエムエスオープンを評価したいところですが…もしエムエスオープンが差していたら三連単で2500円くらいついていた。今井のヘタレめ。ただ、揉まれるレースや追うレースというものを若駒のうちから経験させておけば、戦術の幅が拡がるし、何よりも出遅れたり、暴走機関車のように後先考えず逃げる馬が出てくるケースでも対応できる。サムライドライブもエムエスクイーンも「東海クラウン」レベルまでならともかく、重賞やオープンになると、ハナを取れないと勝てない。そんな一本調子なところがあるせいで、「東海ダービー」までの華々しい戦歴とは裏腹に、今は地元か笠松でしか通用しないところがある。若駒のうちは能力だけで押し切ってしまうので、ついついそのままにしてしまうのでしょうが、負けてもいいから色々な競馬を仕込むべき…それでも最後エムエスクイーンが勝っていれば。今井の(以下略)。

それにしても気になるのが3着馬のフクダイトウリョウという名前。何故「フク」なのか?まあ、はじめは「ダイトウリョウ」と付けたかったけれど、他場で登録されていたので重複するということで、付けられず仕方なく「フクダイトウリョウ」にしたのかと思ったのですが(それもヘンな話)、調べたところ、「ダイトウリョウ」という名前の馬は1960年代に中央に在籍していたのですが、以降中央にも地方にも「ダイトウリョウ」という馬名は見当たらない。ちなみに1960年代の当該馬もたいして活躍したわけではないようで、今名づけるのに憚るものは何もないと思うのですが。「スパゲッティー」とか「カツオフウミ」とか「クロマメ」とかヘンな名前の馬がいくらでもいるくらいだから、「ダイトウリョウ」なんてありふれていると思ったのですが、だからこそ敬遠されているのかも?ちなみにフクダイトウリョウ、もしかして父はサクラプレジデント…と思ったけどキングヘイロー。王の息子が副大統領って…。