粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

土曜中山第10R「中山大障害」(障害GⅠ)予想

木曜日の競馬の結果
名古屋競馬名古屋グランプリ」…三連単3,860円的中(12点)
1着 2番デルマルーヴル(1番人気)〇
2着 12番アングライフェン(4番人気)◎
3着 8番アナザートゥルース(2番人気)▲
勝ちタイム 2:42:4(稍重)/昨年の勝ちタイム 2:40:7(チュウワウィザード・稍重)
コースレコード 2:40:3

昨年勝ったチュウワウィザードは今年の「JBCクラシック」勝ち馬。かつてはダート王ヴァーミリアンがまだ売り出し中の2006年に勝ち、翌年GⅠ4勝の大躍進。2011年勝ったニホンピロアワーズは翌年ジャパンカップダート(現チャンピオンズカップ)を勝利。デルマルーヴルはこれまでなかなか勝ちきれなかったところもありますが、来年は飛躍するか?
ちなみに2着とはクビ差で、もし4番人気のアングライフェンが勝っていたら配当はもっと大きかったのでは…マーフィーズゴーストのイケズと思って最終オッズを確認したら、何故か12→2→8は37.8倍で1番人気のデルマルーヴルが勝ったときよりオッズが低い。この組み合わせに結構突っ込んだ人がいたのかも。

 

f:id:KAS_P:20191221003840j:plain
いるんだよな。

障害好きイコール競馬通だと勝手に決めつけて

障害フリークぶっている可哀想な勘違い野郎が。

f:id:KAS_P:20191221004855p:plain

いるんですよね。

地方競馬好きをしきりにアピールすることで

自分は他のファンとは違うと格好つけたがる阿呆が。

 

こういうのを

「目くそ鼻くそ」という

 

中山大障害の予想を。昔は中山大障害が当たれば有馬記念はハズレ、中山大障害をハズせば有馬記念は当たっていたのですが、権兵衛氏とつるむようになってから、中山大障害をハズして有馬記念もハズレ、がすっかりデフォルトとなってしまいました。

<カスPの予想>

◎7枠12番 メイショウダッサイ(森一)

〇8枠15番 シンキングダンサー(石神)

▲4枠7番 シングンマイケル(金子)

△5枠9番 ディライトフル(白浜)

△6枠10番 ルペールノエル(高田)

✖5枠8番 トラキアンコード(五十嵐)

 

中山大障害は初めてなれど、中山は5戦前の中山新春Jで、クビ差2着だったメイショウダッサイを本命に。この馬、入障以来10戦、ずっと森が手綱を取っている。以前、名古屋競馬場の「サンクスホースデイズ」の若手騎手のトークショーで森を見たのですが、5、6人並んだ若手の中で一際真面目な印象があった。当時はまだ障害を主戦場にはしていなかったのですが、ラインスピリットでは乗せてくれる陣営の期待に応えられず歯痒い思いをさせたことも。やはり大障害コース未経験というのは気がかりですが、鞍上の森はマイネルプロンプトで昨年の同レース、今年の中山GJともに3着。勢いで初GⅠ制覇を。

シンキングダンサーは今年の中山GJ2着。勝ったのはオジュウチョウサンでしたが、その主戦石神が今回シンキングダンサーに。今回のメンバーの中で中山大障害コースの経験豊富なのはこの馬とルペールノエル。勢い的にはこちらの方が上。石神無双が続くのか?

シングンマイケルは東京の障害重賞を連勝。あまり障害の難易度の高くない東京の障害で連勝しても…と思うのですが、昨年ペガサスJSでマイネルプロンプト(次の中山GJで3着)から0.4秒差2着。

ディライトフルは3走前のペガサスJS3着。メドウラークという同型がいるのは厄介ですがハナを取れれば崩れない。中山は(2.0.1.0)。ちょっと飛越とスタミナに不安はありますが、それでも入障して5戦4戦3着1回。

ルペールノエルは大障害コース常連。かつての勢いに陰りは見えはじめたものの、場数を踏んでいる強みはある。前走は京都JSで2着と復活の兆し。勝ち負けまではどうかと思いますが3着なら十分にあり得る。

穴馬にトラキアンコード。シンキングダンサーと同じ武市厩舎。2頭出しは人気薄を狙え、などという使い古された格言もありますが、相手なりで崩れない強みがある。大障害コースは初めてですが、飛越のセンスはありそう。スタミナがありそうな血統だし、展開が紛れればあるいは。

 

買い目は12を軸に三連複7、8.、9、10、15に流して10点。

 

<逆神の権兵衛の予想>

オジュウチョウサンがいないものの、近走で頭角を現してきた馬や古豪が多く目移りしそうなメンバー構成。中山実績重視もある程度手広く買う必要がありそう。

◎8枠15番 シンギングダンサー
中山未勝利も今春中山GJでオジュウチョウサンに0.4秒差2着なら実績最上位。
○5枠9番 ディライトフル
障害5戦4勝の安定感は見事。スタミナ面の裏づけ?もスンナリなら前残り十分ある。
▲7枠12番 メイショウダッサイ
今年障害5戦全て連対と充実。中山実績少ない点不安も先行力は魅力。
△4枠7番   シングンマイケル
近7走3着以内と安定し重賞2連勝と充実。中山で1戦して2着をどう評価するか?
×7枠13番  メドウラーク(北沢)
障害OP常連で常に掲示板確保と崩れない。折り合い課題も平地力あり穴に一考。

馬券は
7、9、12、13、15の3連複ボックス計10点で参ります。