粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

笠松競馬「白銀争覇」予想

f:id:KAS_P:20200109041848j:plain

ライデンリーダー記念」当日の最終R。復活の東川ジュニア慎。

 

今年の笠松競馬最初の重賞「白銀争覇」の予想を。1400メートル。第10R。15:40発走。

時期的な問題もあるのか、毎年他地区の馬の草刈り場となるレース。昨年は地元ストーミーワンダーが勝ちましたが、今年も他地区馬優勢。とはいえその他地区馬も、抜けた存在はいない。兵庫エイシンエンジョイは「笠松グランプリ」で大敗。前走は強いケイマの後を追い、この馬のペースでレースを運べなかったし、今回はだいぶ相手が緩和された。年夏、同じ笠松1400メートルの「サマーカップ」を勝っている。とはいえどうもここ最近の兵庫の人馬は信用できない。

というわけで…

◎4枠4番 トウショウデュエル(金沢・筒井)

〇3枠3番 エイシンエンジョイ(兵庫・鴨宮)

▲5枠5番 ストロベリーキング(渡邊)

△2枠2番 メモリートニック(名古屋・友森)

△7枠8番 スターレーン(兵庫・中島)

△9枠10番 ミキノグランプリ(金沢・宮下)

 

とにかく逃げ馬が多い。こうなるとスピード勝負になり、よっぽどハナに拘る陣営がなければ能力でエイシンエンジョイだと思うのですが、強引にハナを奪いにかかるようなことをにおわせる陣営もあり、何ともいえない。その中で比較的落ち着いた位置から抜け出しができそうなのが金沢のトウショウデュエル。この馬を本命に。早いうちに笠松に来て、追い切りも筒井を背に笠松で。中央1000万で壁にぶつかって都落ちしてきた感がありますが、このメンバーならそれで足りそう。中央時代は短距離で使われていて、1400メートルは合うはず。何より母父ダイタクヘリオスというのがそそる。

残り4頭は横一線ですが、気になるのはストロベリーキング。この馬だけが典型的差し馬。極端な前崩れはないと思いますが、砂の補充で馬場が幾らか重くなったこともあり、出番はあってもおかしくないと思います。

買い目は4を軸に三連複2、3、5、8、10に流して10点。