粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

名古屋競馬「梅桜賞」予想

視聴率の低さと、ピエール瀧の降板くらいしか話題がなかった昨年の大河ドラマとは対照的に、今年の「麒麟がくる」は第2話にして斎藤道三演じる本木雅弘の怪演が話題になりました。ただ、毒殺された土岐頼純という人物、史実では頼芸の甥ではなく兄で、名は政頼とも。道三が頼芸を守護にするためクーデターで追放され、越前(福井県)の朝倉孝景の許に逃げる。後に朝倉、六角の後ろ盾で守護の座に返り咲くべく美濃に侵入、弟と争いを繰り広げますが、帰還の夢果たせないまま病死。

一方でドラマ通り、頼芸の甥という説もあり、この説を取ると、頼芸の兄は頼武という人物で、彼が別名政頼になっている。つまり頼純は頼武の息子。朝倉や織田信秀らの後援もあり、頼芸・道三と和睦して亡き父にかわって美濃守護に返り咲くも、その年のうちに急死。当然暗殺説もあり。その説に従えば彼が最初の濃姫の夫というのはまったくのフィクションではなく、頼純が美濃に戻って来た際、道三側から実質人質という形で輿入れする話があったそうです。

ただ、宇喜多直家にも似たような話があり、直家が元主君・浦上宗景と争った後、和睦の証として娘を嫁がせた浦上宗景の息子・宗辰が毒殺されている。これについては浦上宗辰の実在が怪しまれていて、直家の梟雄ぶりを誇張するために創られた架空の人物である可能性があります。土岐頼純についてはどうなのか?

ドラマで時代考証を担当している小和田哲男氏が過去に記した資料の中では、頼純は兄として記されていて(当該資料での別名は盛頼)、その先代は政房。六角氏もそうなのですが、れっきとした守護大名系図にもこういったあやふやなところがあったりするわけで。

ちなみに本木氏は自らを殺された土岐頼純の方にシンクロさせていたそうですが、ロケンローな岳父より、オカンの方が涼しい顔で毒を盛りそうな気もしないでもない。

 

閑話休題名古屋競馬「梅桜賞」の予想を。1800メートル。第10R。15:45発走。3歳牝馬重賞。

 

◎1枠1番 ニュータウンガール(笠松・佐藤)

〇5枠5番 エムエスオープン(丸野)

▲3枠3番 ビックバレリーナ(大畑)

△5枠6番 メディエイコ(兵庫・山田雄)

△8枠11番 ジェネラルエリア(加藤聡)

✖7枠10番 カナグランプリ(柿原)

 

笠松ニュータウンガールと名古屋エムエスオープンの一騎打ちの様相ですが、ニュータウンガールは初めての名古屋、エムエスオープンは出脚に不安あり。とはいえ後者はインザフューチャーとムスターファの先行争いから距離を置くことができ、結果インザフューチャーの末脚が鈍り、最後差し切ることができた。それでも先行有利の馬場、やはり好位くらいには位置していないと…。

逃げるのは「ライデンリーダー記念」でも逃げて2着のビックバレリーナと兵庫のメディエイコですが、おそらくハナは前者が取るでしょう。ニュータウンガールは番手でしょうが、最内枠だけに立ち回りが重要。佐藤も一応笠松の顔なんだから、まだ年明けて間もないとはいえ、これ以上笹野オカマラス・ブラザーズに大きな顔をさせておくわけにはいかない。

ジェネラルエリアは道営での成績は結構立派なのですが、名古屋では悪くはないけど期待したほど弾けない。カナグランプリは近走フケで集中できないらしい。前走「新春ペガサスカップ」は直線だけで勝ち馬から0.5秒差5着に迫りましたが、集中して走ってくれれば上位入線も難しくはないはず。

 

買い目は1を軸に三連複3、5、6、10、11に流して10点。

三連単馬単で買うなら、第3の女・ビックバレリーナをアタマにするのが配当的に妙味あるかも。