粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

川崎競馬「川崎記念」(交流GⅠ)予想

f:id:KAS_P:20191222050945p:plain

勝てない!懲りない!勉強しない!

今年もやります

カスP権兵衛予想対決

 

というわけで今年最初のGⅠ川崎競馬川崎記念」の予想を。2100メートル。第11R。16:10発走。

川崎競馬にミカエル・ミシェル騎手が短期騎乗で滞在。別に羨ましくないですよ。笠松にも関本玲花が来てくれているし、他の競馬場にはいないオカマがいるんですよ。しかも二人も……川崎競馬さん、一日でいいです。オカマ二人とミカエルを交換してください。

 


若騎手二人のおかげ?マックル倶楽部に女子メンバーが!?

 

<カスPの予想>

◎8枠12番 チュウワウィザード(JRA・川田)

〇4枠4番 デルマルーヴル(JRA・マーフィー)

▲3枠3番 アナザートゥルース(JRA・大野)

△2枠2番 ミツバ(JRA・和田竜)

△1枠1番 ケイティブレイブ(JRA・森泰)

✖7枠9番 ヒカリオーソ(川崎・山崎誠)

 

チュウワウィザードが抜けていて、デルマルーヴルとアナザートゥルースはほぼ同じくらいか。「浦和記念」ではアナザートゥルースが先着していますが、「名古屋グランプリ」ではデルマルーヴルが先着。血統的はアナザートゥルースの方が長い距離向きなのですが、2500メートルの「名古屋グランプリ」で勝ったのはデルマルーヴルですし、あまり気にしなくてよいか。どちらが先着するかは展開のアヤでしょう。

ミツバはここ数戦苦戦を強いられているし、8歳ということで一変は難しいかもしれません。それでも昨年の勝ち馬。メンバーも昨年より強くなっているので、連覇とはいかないでしょうが3着なら。

ケイティブレイブの前走大負けは所謂「2走ボケ」か。脆い面もありますが、地方交流重賞では崩れることがなかっただけに、前走「東京大賞典」の大敗をどう捉えるか。ただ、前走だけで切るというのはさすがに早計。

地方勢からは先行力ある「東京ダービー」馬ヒカリオーソ。「ジャパンダートダービー」ではミューチャリーの方が先着しましたが、川崎コースで中央馬相手となると、先行力がある馬が望ましい。父フリオーソは同レースに5回出走して(1.3.2.0)。最後まで馬券圏内から外れなかった。

買い目は三連単12→3、4→1、2、3、4、9で8点。それから馬単12→1、2、9で計11点。

 

<逆神の権兵衛の予想>

後にフェブラリーS控えていることから毎年メンバー的にはイマイチになりがちなレース。だからこそ大半の馬には勝つチャンスがありそうに見えて難解。かといって、多点張りだとトリガミの危険性も考慮する必要あり、馬券の買い方も難しい。となると…


◎8枠12番 チュウワウィザード
前走チャンピオンズCの負け方不満も、乗り慣れた鞍上に戻り先行すれば当然圏内。
○1枠1番 ケイティブレイブ
前走東京大賞典の惨敗気になるが、先行勢が軽くなる分粘り増す筈。

名古屋大賞典組の新興勢力4番デルマルーヴルや3番アナザートゥルース、昨夏クリソベリル相手に善戦した11番ミューチャリーあたりも気になりますが、馬券としては

ワイド1-12

の1点で行きたいと思います。前日オッズで2倍超なので、下手に多点張りするよりいいかもしれません。