粕本集呆の馬事放言

「粕本集呆の辛口一献」に替わるカスPこと粕本集呆の新ブログ。主に競馬関連中心ですが、ニコマス活動再開も企図しております。

中央阪神メイン「桜花賞」(3歳牝馬GⅠ)予想

4月4日の競馬の結果

中央阪神大阪杯」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ

1着 8番レイパパレ(4番人気)

2着 1番モズベッロ(6番人気)

3着 7番コントレイル(1番人気)

 

f:id:KAS_P:20210411090015p:plain

 大阪の皆さまこんにちは。

おっと、私たち、

死神ではありませんよ。

逆神です。

先週の大阪杯

三冠馬コントレイルを

応援に行ってきたのです。

え?大阪杯は先週なのに

何でまだいるのかって?

そりゃあ、今週は無敗の白毛馬が

いるじゃないですか。

隼人君、期待しているからね。

ヒッヒッヒ

 

土曜日にJRAが件の助成金不正受給事件の総括を発表しましたが、タイミングも内容も人を馬鹿にしているとしか思えない。後藤正幸理事長が「社会の良識に欠ける行為であり(中略)心よりおわび申し上げます」「お客様や社会からの信頼回復に向けて全力で取り組んでまいります」云々と、まあただ長い、形ばかりの謝罪文。この状態を放置しておきながら、事務方には何らお咎めなし。笠松と大して変わらんな、と。笠松を廃止しろと言っている方々、170人が国民の税金をくすねた中央競馬についてはこれで納得ですかい?ワールドでプレミアな馬主も、馬主会の役員を辞めただけで相変わらず馬主席でふんぞり返っているようだし。笠松は廃止もあり得るが、中央は何があってもなくならないという甘ったれた態度が露わになっている。ちなみに関わったスポニチの記者は、名前も露わになり、会社の処分か雰囲気的にもういられなくなったのか、スポニチを去ったらしい。民間企業はそういうことになるのですが、中央競馬は170人のうちの幾人かが先週の大阪杯や今回の桜花賞、涼しい顔してパドックを回っている。警察に突き出せ、全員リストにして名前を晒せとは言いませんが、一定期間の謹慎等、170人全員に何らかのペナルティは課すべきだった。まあ、笠松の方も、処分については全然納得していないのですが、それはまた後日。

話変わるが、今年の中日ドラゴンズ……案の定、去年と何も変わっていない。草が生えるどころか生い茂るわ。

桜花賞の予想を。

 

<逆神の権兵衛の予想。単勝人気とオッズは前日のもの>

久しぶりに天気は問題ないが、メイケイエール筆頭に気性に課題のある馬が複数いてペースが読めない。先週までの雨中の競馬とロングラン開催で馬場の内側が傷んでいることを想定し、差し馬優位の予想で行きたいところ。メイケイエールが今回引っ掛かって、なし崩し的にハイペースになるのに賭けます。(後方ポツンかも・・・横山典だし)
 
◎2枠4番 ソダシ(吉田隼/1番人気 3.0倍)
4戦無敗の2歳女王。そして札幌1800m重賞でのレコード勝ちまでありスタミナ面も不安なし。
○8枠18番 サトノレイナス (ルメール/2番人気 4.3倍)
前走G1でソダシと時計差なしの2着と差は無い。差し脚はこちらが上でハイペースならの期待。
 
後は、となるとメイケイエールとエリザベスタワーは気性的に買いたくないし、それ以外も何かしらの不安点や能力面の懸念があって難しい。そうなると、
強烈な差しで東京マイル3連勝の
×3枠5番 アカイトリノムスメ(横山武/4番人気 10.0倍)
相手なりに善戦し、チューリップ賞3着で出走権取った
×3枠6番 ストゥーティ(岩田康/15番人気 80.9倍)
桜花賞2着など重賞で再三好走してるのに、なぜか未勝利戦しか勝ってないシゲルピンクダイヤの妹
×7枠15番 シゲルピンクルビー(和田/10番人気 43.9倍)
の3頭を馬券の対象に指名。
 
馬券は
4、5、6、15、18
の5頭のワイドボックス(10点)及び3連複ボックス(10点)の計20点で参ります。高めの買い目が来ればトンデモナイことになりますが、大体そういう夢みたいな馬券は夢で終わるのが世の定めで・・・(ハナから思いっきり弱気)

 

<コロナの恐怖ひたひた迫る、関西人モリアテ教授の予想>

f:id:KAS_P:20210411093013p:plain

調教絶好 2・4
調教不調 7・14
◎7枠13番 エリザベスタワー(川田/5番人気 10.8倍)

勝負馬券は【2・4・5・8・13・18】3連複BOX。
 

<カスPの予想>

◎2枠4番 ソダシ

〇3枠5番 アカイトリノムスメ

▲8枠18番 サトノレイナス

△4枠8番 メイケイエール(横山典/3番人気 6.3倍)

△7枠13番 エリザベスタワー

△7枠15番 シゲルピンクルビー

×6枠12番 ヨカヨカ(幸/11番人気 54.9倍)

 

 個人的にはサトノレイナスに期待だったのですが、大外枠を引いてしまった。メイケイエールは気性的に信頼しずらいし、アパパネの娘アカイトリノムスメも今回が真価を試されるといったところ。

ただ今回は鞍上は親父よりもよっぽど乗れている横山武のアカイトリを対抗にして、4(白い馬)、5(赤い鳥)の2頭軸で三連複8、12、13、15、18に流す紅白馬券5点で。ノーザン金子丼というのは何かイヤなのですが、今回あまり手を拡げたくないし。

あと、個人的に応援しているのが九州産馬ヨカヨカ。血統から距離的にマイルはどうかと言われてもいますが、阪神JFはソダシから0.4秒差5着。勝ち負けまではさすがに厳しいかもしれませんが、3着なら圏内かと。12からワイド4、5、8、13、15、18で6点。計11点。

何かソダシを含め今年初出走の有力馬が多いですが、やはりトライアルを使った馬を重視したいところ。

日曜阪神メイン「大阪杯」(GⅠ)予想

f:id:KAS_P:20210404092904j:plain

f:id:KAS_P:20210404092914p:plain

f:id:KAS_P:20210404092926j:plain

というわけで、大阪杯の予想を。

 

<逆神の権兵衛の予想。単勝人気とオッズは前日最終のもの>

今週も天気が微妙とはいえ何とか馬場状態は良でやれそうな雰囲気。前日オッズでは2強の様相だが、果たしてそのまま決まるのか?
 
◎5枠7番 コントレイル(福永/1番人気 1.8倍)
昨年の3冠馬だけに距離ベスト。休み明けもOKで金鯱賞のギベオンみたいなのにやられない限り確勝級。
○8枠12番 グランアレグリア (ルメール/2番人気 2.5倍)
マイルまでしか走ったことが無い点気がかりも、掛かるタイプでもないので大丈夫か。馬場渋化あっても問題はない。
 
ワイド1点張りも考えましたが、あまりにも能が無いので、昨年春のクラシックでコントレイル相手に善戦した
×2枠2番 サリオス(松山/3番人気 6.3倍)
と、デアリングタクトよりも強いかもしれない同年代の牝馬
×6枠 8番レイパパレ(川田/4番人気 13.9倍)
を紐に加えて、馬券は3連複
 
2-7-12
7-8-12
 
の2点で参ります。2強の一方が崩れる波乱があると見る向きは、ワイド2-8を狙う手もあるかもしれません。
 
<モリアテ教授の予想>
オリックスが勝てそうで勝てん。
山本でソフトバンクに勝ったのは、超気持ちいい!

調教絶好 2・7・12
調教不調 3
◎5枠7番 コントレイル

勝負馬券は
馬連 7→2・8・12
3連複 7→2・8・12
 
 <カスPの予想>
◎5枠7番 コントレイル
〇2枠2番 サリオス
▲6枠8番 レイパパレ
△8枠12番 グランアレグリア
 
期待はサリオス。2000メートルならコントレイルに決してひけをとらないのでは?ただ、鞍上が私とは相性がすこぶる悪い松山。レイパパレは未知の能力に期待。
馬場状態如何によっては大番狂わせもあるかもしれませんが、馬場は考慮しませんでした。ただ、結構荒れるのではと言われた高松宮記念が鉄板決着(とはいえ三連複は2000円以上ついたけれど)。鉄板っぽい大阪杯が逆に荒れるということも…。でもそこまで考えると裏の裏の更に裏を読む…みたいできりがない。
買い目は三連単2、7→2、7→8、12で4点
馬単7-8、12の表裏で4点。
馬単8-12の表裏で2点。計10点。

最強の変態オヤジは笠松競馬場の中にいた。

3月28日の競馬の結果

中央中京「高松宮記念」…カスP ハズレ/逆神の権兵衛 ハズレ

 

1着 14番ダノンスマッシュ(2番人気)権▲

2着 16番レシステンシア(1番人気)

3着 9番インディチャンプ(3番人気)カス◎

 

f:id:KAS_P:20201030011854p:plain

2番人気→1番人気→3番人気の

鉄板決着で

プロデューサー、権兵衛さん、

教授の3人ともハズレって

どーゆーこと

なんでしょうねぇ?

 

笠松競馬の第三者委員会の報告が出ましたが、先に発覚した尾島ら4人以外にも関与している現役騎手が他にもいるようで、これは明らかに組織ぐるみの八百長だな、と。それどころかとんでもないセクハラ調教師まで出てきた。このセクハラ調教師の言動を読むと、

エロマンガの中ですら、

こんな変態オヤジ

見たことねえし。

たとえ一本打ってキメても、こんなコト言えねえよ。他人事ながら恥ずかしくなってくる。まあ報告書全体を読めば笠松ファンなら大体誰だかは察しがつく。まさかこんなオマケまでついてくるとは。

これを読んで笠松廃止しろの大合唱が沸き起こることは想像に難くないですが、見方を替えればこれで

笠松が一番クリーンな競馬場になる

でしょう。廃止の大合唱覚悟でよくぞ明らかにしてくれた。助成金不正受給問題で、時間が経てば皆忘れてくれるといわんばかりに何もなかったような顔をして、馬に罪はないとはいえ、平気で〇ールド〇レミアが馬主も変わらぬまま走っている中央競馬に較べれば潔い。八百長に手を染めた厩舎関係者は叩き出せば済むのですが、問題は根っこまで腐りきっている事務方をどう刷新するかでしょう。

中京メイン「高松宮記念」(GⅠ)予想

f:id:KAS_P:20210328025212p:plain

え?こっちの予想じゃないの?

 

f:id:KAS_P:20201203033330p:plain

え~、目標ですか?もちろん

高松宮記念的中連覇を目指します。

え?去年当たっていたかですって……?

今年と来年で連覇ですよ。

 

<逆神の権兵衛の予想>

兎に角天気が微妙なのが非常に困る。雨の降り始めと降り方次第で馬場状態が良から不良までありえる馬場状態の中で予想するって、完全に当て物でしかないような気も・・・とりあえず、ダメ元で行ってみましょ。(←最初から投げやり)
 
◎2枠4番 モズスーパーフレア(松若/6番人気 11.8倍)
近走不振も昨年覇者だけに侮れない。JBCスプリント4着からも時計要す馬場向く
○5枠10番 ラウダシオン (デムーロ/4番人気 7.9倍)
前走シルクロードS3着と適正示す。重のファルコンS勝ちを考慮すれば好走以上も。
▲7枠14番 ダノンスマッシュ(川田/2番人気 5.6倍)
昨年完敗も昨秋香港S制覇と一皮剥けた感もあり、勢いを買いたい。
△2枠3番 ライトオンキュー(横山典/5番人気 8.2倍)
G1で少し足りない印象も千二は堅実で、重の好走歴と横山典の不気味さで押さえ。
×8枠18番 ミッキーブリランテ(和田/11番人気 8.2倍)
近2走大化けし前走レシステンシアに0.3秒差2着。これで11番人気なら妙味あり。
 
馬券は
3、4、10、14、18
ワイドボックス計10点で参ります。レシステンシアは、外枠不利に浜中が重賞で不振なのとモズスーパーフレアが邪魔になると思って敢て消します。後は現地で反省の弁を考えつつ発走を待つだけ・・・(←最後まで投げやり)
 

f:id:KAS_P:20201203034423p:plain

 

昨年は和田降着のおかげで

三連複22,830円的中したモリアテです。

勿論今年も連覇を狙います。

オリックスは……え?昨年最下位?

最下位は日本ハムじゃなかったの?

 

調教絶好 4・16
調教不調 1・5・18
◎8枠16番 レシステンシア(浜中/1番人気 2.8倍)

勝負馬券は【3・4・10・14・15・16】3連複BOX。

 

<カスPの予想>

◎5枠9番 インディチャンプ(福永/3番人気 6.5倍)

〇5枠10番 ラウダシオン

▲2枠3番 ライトオンキュー

△8枠17番 サウンドキアラ(松山/8番人気 29.4倍)

△7枠15番 マルターズディオサ(田辺/9番人気 30.5倍)

×8枠16番 ミッキーブリランテ

 

昨年は福永に賭けて苦虫を嚙み潰すような思いをしましたが、今年も福永で勝負します。1200メートルは初めてですが、ステイゴールド産駒は重馬場に強い。雨は少なくともマイナスにはならないはず。重馬場得意のライトオンキュー、昨年悪夢を見た和田が乗るミッキーブリランテは中間の動きが良い。1番人気レシステンシアと、昨年覇者モズスーパーフレアはともに逃げ馬。どっちも残るかどっちも消えるか。私は後者に賭けます。

買い目は9を軸に三連複3、10、15、17、18に流して10点。

訳あって久々の更新となりました。

3月16日の競馬の結果

高知競馬「黒船賞」…三連複790円的中(12点)

1着 11番テイエムサウスダン(2番人気)▲

2着 7番スリーグランド(1番人気)◎

3着 8番モジアナフレイバー(4番人気)×

 

勝ちタイム 1:27:6(重)/昨年の勝ちタイム 1:27:3(ラプタス・不良)

コースレコード 1:26:0

 

実は前回「黒船賞」の予想記事を書いた直後メニエールで倒れました。メニエールで死ぬことはないのですが、死ぬほど苦しいというか、そのときはメニエールではなくて、死に至るような何か別の病気の発作なのではないかと思ってしまうほどです。この病気は基本散々苦しんだ挙句、眠ればある程度回復するのですが、1週間から10日ほどは後遺症が残る。度々立ち眩みに襲われたり、あまり長い時間PCやスマホの画面を見ることができない。というわけで久々の更新と相成りました。この病気、ストレスや不規則な生活が原因で起こるらしい。最近寝不足の日々が続いた上に色々とストレスも溜まっていたのですが、スッパの上にコートを羽織って街に出て、若い女性とすれ違いざまコートをバッ…でストレス解消できる人間ではないので―できたらできたでそれも困りものだが—、ここ一週間はとにかく睡眠時間の確保を優先し、ブログ更新を休んでいました。私にとっては宿痾のようなものですが、ここ数年発作がなかったので油断していました。

黒船賞」はハルウララ武豊が騎乗した当日を超える売り上げレコードが出たとか。ばんえいや南関でも売り上げレコード更新とか、意地悪い言い方をすればコロナバブルのような景気が良い話が続く中、笠松はねぇ……。ただ、どうも再開の目途はある程度立ってきたらしい。

笠松競馬場、馬券購入問題で監視委設置を検討 県組合 | 岐阜新聞Web (gifu-np.co.jp)

 

2020年度の笠松競馬の収支は、1月途中から不正問題で開催自粛になりながら、黒字が確定。これで8年連続単年度黒字になったわけですが、問題は今年度。笠松は廃止しろなどという声もありますが、私は再開を待ち望んでいます。インターネットの中継では見えないところで頑張っている人たちを見ている。その人たちが笠松競馬を続けたいといえば応援せざるを得ない。誰が何と言おうと全力で応援します。でも再開しても前途が厳しいのは承知。信頼を回復できずに経営難で廃止を余儀なくされればそれは受け容れます。つまりはもう一度だけチャンスを与えて欲しいということ。

笠松の件については、不正当事者の一部のその後の行方など、幾つか情報も聞いていますが、それについては一切記しません。それと、申し訳ありませんが、笠松の存廃と中央の助成金不正受給の件のコメントについては、首肯できるところも反論したいところもありますが、今の私自身の精神状態も踏まえて敢えて返信は致しません。どうかご了承ください。それに、これから中央競馬笠松競馬が信頼を取り戻せるかどうかは当事者自身にかかっているのだから。

最後に、名古屋市長選。まさか河村の対抗馬が、名古屋競馬が経営難だった頃、廃止しろと鼻息荒くしていた横井利明とは。河村たかしor横井利明って、究極の選択だと思う。横井は「1人2万円の商品券を配布する」って、同じ愛知県のどことは言わないが岡崎市の市長と似たようなこと言っているが、それって2万円で名古屋市民を釣っているってことじゃないのか?ちなみに釣られた岡崎市民は当選後反故にされてバカを見たのだが。名古屋市民じゃなくてよかった。幸い名古屋競馬は2022年度(予定)弥富市に移転して名古屋市とは縁が切れる(元々主催者は愛知県で名古屋市ではない)。弥富移転が決まった当初は愚策だと思っていたのですが、こういうのを「塞翁が馬」というのか。

高知競馬「黒船賞」(交流GⅢ)予想

f:id:KAS_P:20210316072702j:plain

ここ暫く、競馬関連の嫌なニュースばかりで、更新も億劫になってきたカスPで御座います。そんな中、競馬とは関係ないけれど、寂しくなるニュースがまたひとつ。ドラマーの村上”ポンタ”秀一氏が死去。享年70歳。昨今70年代後半~80年代の所謂「シティポップ」が世界で見直されているというトピックをよく目にしますが、その多くのナンバーで彼がドラムを叩いています。実は井上陽水初期の名曲の双璧「氷の世界」、「傘がない」ともに村上氏がドラムを担当。見た目やラジオ番組にゲスト出演したときの話しぶりから、私の中ではどちらかというと無頼の印象がある人でしたが、私が持っている25周年記念アルバム、30周年記念アルバムの参加ミュージシャンを見ると、その人望が窺える。

f:id:KAS_P:20210316081233j:plain

f:id:KAS_P:20210316081320j:plain

天才的ベーシストと謳われた青木智仁氏が49歳、私が好きだったギタリスト・浅野祥之氏が48歳、同じくギタリストで、村上氏が世に出るきっかけともなった大村憲司氏が49歳、多くのヒット曲をアレンジしたキーボード奏者の大村雅朗氏が46歳で逝去したのに較べると、70歳は決して早世ではありませんが、それでもちょっと早いような気もする。私がよく聴いていたミュージシャンだけでも、大瀧詠一氏と佐藤博氏がともに享年65歳。村田和人氏62歳。松原正樹氏61歳。忌野清志郎氏58歳。ジャズミュージシャンの鍋島直昶 氏は今年1月94歳で亡くなりましたが、ミュージシャンというのはあまり長生きできないのかな、という印象が私の中ではある。何より私が長年聴いてきた音楽のミュージシャンがこの世を去ると、時の流れというものが確かに存在することを痛感せざるを得ない。時折自分が学生時代よく聴いたミュージシャンをググって、「この人まだ生きているよな」と調べて、生きているとホッとして、更に新しいアルバムを出したと知るとつい楽天市場タワーレコード通販で購入してしまう。最近のミュージシャンについては知らない、聴かない。別に否定しているわけでも何でもないのですが、昔と違って街からレコード店が消え、テレビCM等で音楽を耳にする機会もグッと減ってしまったことが一因でしょう。

 

高知競馬「黒船賞」の予想を簡単に。しかし高知競馬がいまひとつ好きになれない最大の理由が、とにかく新聞が読みづらいうえに情報量もお粗末。予想がしづらい。新聞の馬柱よりNARのホームページの出馬表の方がずっと見易く参考になる。本当にこれ何とかならないのか?高知競馬の売り上げが最高益とか景気のいいニュースを耳にするのですが、ということは皆さんあのワケのわからない新聞で予想ができるということなのでしょうか?1400メートル。第3R。16:10発走。

◎6枠7番 スリーグランド(JRA・福永)

〇1枠1番 サクセスエナジー(JRA・松山)

▲8枠11番 テイエムサウスダン(JRA・岩田)

△3枠3番 グリム(JRA・武)

△7枠9番 ノボバカラ(JRA・赤岡)

×6枠8番 モジアナフレイバー(浦和・繁田)

 

何となく地方馬が頑張っている印象のあるレースなのですが、2018年に兵庫のエイシンヴァラーが勝ち、3着に浦和のブルドッグボスが入線したものの、ここ暫くは基本JRA勢の独壇場。

何となく混戦模様ですが、本命は一番無難ということでスリーグランド。鞍上福永も、もうすぐ「福永洋一記念」があることだし、無様なレースを高知のファンには見せられないでしょう。ただデビュー4戦目で川崎で勝っている以外、地方経験が乏しい。これまで差して結果を出してきたのですが、前走のOP特別で戸崎が逃げて完勝。福永もおそらくは前々で競馬をするでしょう。スタートを上手く切ることができれば。

サクセスエナジーは昨年3着。地方交流のGⅢだと大活躍、でも交流GⅠや中央の重賞では借りてきたネコのような馬。今回58キロ背負っていますが、3走前の「兵庫GT」は58.5キロで勝った。58.5でも勝てるメンバーだったと言われればそれまでですが。鞍上松山も私と相性は良くないので本命にはしたくないのですが、対抗なら。

テイエムサウスダンは成績にムラがある。鞍上がコロコロ替わっているのもどうかという感じなのですが、今回はセイクリムズンでこのレース3連覇を飾った岩田父。力を出せれば勝ち負けです。

グリムは実績馬ですがブランクが長い。2019年の「白山大賞典」1着以来。距離も大幅に短くなりますし、中間もこれで仕上がったとは言い難い。地力でどこまでといった感じなのですが、鞍上は武豊だし、他の中央勢が成績不安定。軽視はできない。

ノボバカラは3走前、「さきたま杯」を勝利。高知で森厩舎でノボといえば、ノボトゥルーノボジャックを思い出す。まあノボバカラは元は美浦の天間厩舎だったのですが、森厩舎に転厩後、息を吹き返したとは言わないまでもそこそこ走っている。ポイントは、地元の騎手を乗せると善戦すること。2着だった昨年の名古屋「かきつばた記念」は岡部誠、「さきたま杯」は森泰斗。今回は赤岡が騎乗。ネックは先述の2レースが斤量56キロだったのに対し、今回58キロ。これを克服できれば。

穴馬にモジアナフレイバー。レコード決着だった岩手の「南部杯」で勝ち馬から0.3秒差3着なのだから、もっと上に見てもいいのでしょうが、反動なのかその後がどうも冴えない。とはいえ南関以外の競馬場、しかも交流GⅠで3着というのは軽く扱えない。1400メートルは未知数ですが、最近はそこそこ先行力も発揮しているので、序盤の位置取りでいいところにつけられれば。

 

地元勢では昨年6着スペルマロンが最右翼なのですが、このメンバーでは掲示板までか。勢いはあるし、中央勢が不安定なので、展開がもつれれば3着には…と思わないでもないのですが、ハンデ戦ではないので56キロは重い。でも高知に来て21戦、連を外したのは昨年の「黒船賞」含め3戦のみという成績には敬意を表したい。

買い目は7を軸に三連複1、3、8、9、11に流して10点。あとワイド7-12(スペルマロン)、高配狙いで三連複1-7-12。以上12点。

競馬の終わりの始まり

何かね……今回のJRAの不正受給事件……どう捉えればいいものか。調教師19人、騎手13人を含む165人の厩舎関係者の不正受給。その額1億8900万円。

 

【JRA】調教師19人、騎手13人含む165人が持続化給付金を不正受給 総額は1億8900万円に(中日スポーツ) - Yahoo!ニュース

 

これに対するJRAの対応。橋田満調教師、武豊のコメント。

—今後も騎手一丸となって競馬でのベストパフォーマンスをファンの皆様にご提供できるよう日々努めてまいります。引き続き中央競馬をご声援くださるよう心からお願い申し上げます。

何か武豊のコメントを読むと、くすねたお金はちゃんと返すし、競馬頑張るから今回のことは大目に見てね、程度の認識しか伺えない。事の重大さをわかっていないとしか思えない。

昔のこと。私がまだニコニコ動画を通じて荒尾競馬の存続を応援していた頃。その企画を盛り上げるため、さる同期デビューのP(動画制作者の通称。ゲーム「アイドルマスター」のプレイヤー=プロデューサーの頭文字だが、初音ミクボーカロイドの動画作者もPと呼ばれる。)のひとりに、絵が上手なPがいて、その人に応援イラストを依頼したところ、競馬は好きでないという理由でにべもなく断られてしまった。そのとき、それまでは漠然とした存在でしかなかった競馬が嫌いな人が、確かに実在するのだと認識させられました。

その人が競馬が嫌いな理由はわかりませんが、ギャンブルだからでしょう。そういう人から見れば、競馬もパチンコも、時代劇でやくざが仕切る賭場の丁半博打も同じもの。

だから競馬に携わる人は、他の業界の人以上に身をただし、紳士淑女でなければならない。ミホノブルボンを育てた戸山為夫師は、「競馬場の子」と後ろ指さされながらホースマンとして生き、弟子や厩務員の子供たちがそんな目に遭わないような競馬界にしたいと、同じ厩舎関係者たちの抵抗や非難に屈することなく競馬界の改革を訴え続けました。生活に困った人々が受け取るはずの給付金を詐取し、こっそり返して知らん顔する中央競馬厚顔無恥な輩たちを、戸山師は天からどう思って見ているか。

笠松競馬の誘導馬に乗る塚本幸典氏は、地元の競馬場に対する見方を和らげるため、かつては「パク爺」ことハクリュウボーイ、今はエクスペリテ、ウィニー笠松の街中を歩き、市民たちとの触れ合いを続けました。私もエクスペリテの鼻づらに実際触れたことがあるのですが、おとなしいというかとろいというか。地方競馬の中には、名古屋のように誘導馬を廃止した競馬場もありましたが、笠松競馬の運営で唯一評価できるのは、誘導馬をなくさなかったこと。兵庫(園田・姫路)競馬にもマコーリーという人気の誘導馬がいて、塚本氏は公然とライバル視していましたが、ライバルということは相手を認めているということで、やがて笠松、園田・姫路の誘導馬カレンダーもできたりした。そんな塚本氏の努力を怠慢な事務方と一部の愚かな関係者が踏みにじったのです。

競馬がギャンブルなのは事実。じゃあ競馬とやくざの丁半博打と何が違うのか?合法非合法は置いておいて、そこに勝った負けた以外の物語があることです。名馬と呼ばれる馬とそれに関わった多くの人たちが生み出す、一瞬の勝負とそこに至るまでの長いドラマ。私が郡上の郷土文化誌にオグリキャップと小栗孝一氏、鷲見昌勇調教師の物語を書けたのは、馬にも人にも、頂点に立つまでのドラマがあったから。私も競馬をはじめてしばらくは、賭けに負けても素晴らしいレースだったと拍手できる中央のレース、讃えたい馬や人が少なからずありました。一方で経営難に苦しむ中で生き残ろう、存続させようと必死になる地方競馬の人たち。中には荒尾のように矢尽き刀折れ、力尽きた競馬場もありましたが、そういう人たちに直に触れてきたからこそ、競馬を続けてきました。競馬ファンの多くがそうであり、またギャンブルに興じる自身をそういう大義名分で、正当化とまではいかなくても許そうとしたりした。

しかし笠松JRAは、ファンが競馬を応援する根底を崩してしまった。笠松については先に述べました。JRAは不正に受給した関係者の氏名公表をしないし、また組織として罰することもないという。そうなると、ファンは以降、不正を犯しておきながら、こっそり返しただけで誰にもバレずに済んだ関係者たちによるレースに、自分の財産を賭けることになるのです。どんなに感動的なレースも、乗っていた騎手も管理していた調教師も、馬の世話をしていた厩務員も、不正受給を受けた心根の卑しい輩ではないかと疑うようになる。そうなるとドラマは生まれない。中央競馬は、1億8900万円を騙し取っておきながら何の罰も受けない、顔の見えない165人の詐欺師の巣窟としてこれから存続していくことになる。

私は受け取った者の氏名は公表すべきだと思います。コロナに関わる給付金の不正受給については、原則捜査が入る前に自主申告し、返還すれば刑事罰に問われないそうだから、刑事罰に問われ、公営競技の根幹である公正を揺るがした笠松の件と違い、追放までは要求しない。ただ、ファンから暫くは白い目で見られなければならない。汚名を返上できるかどうかは、当人たちのその後の努力次第。ボランティアだってある。何もはっきりしなければ、武豊ルメールも福永も、不正受給を受けた13人の騎手のひとりである可能性を否定できないことになります。そんな灰色の騎手たちによる「競馬でのベストパフォーマンス」を提供されても心から楽しめない。ギャンブル依存症でない限り、心から楽しめない競馬からファンは離れていくでしょう。世の中面白いものは探せば幾らでもある。

 

笠松競馬の件につき、ある方がコメント欄で笠松競馬は廃止すべきだという意見を寄せられました。私とは対極ですが、最後の言葉「笠松競馬場はもう役目を終えたと断言します」に、今回の中央の不祥事が重なり、一瞬目眩をおぼえた。

いや……笠松だけではなく、中央を含めた競馬全体がもう役目を終えつつあるのでは。さすがにすぐに競馬そのものがなくなることはないでしょう。でも笠松がなくなり、数年置きに他の競馬場もひとつひとつ、老人の歯が欠けていくようになくなる。馬産も縮小し、やがて中央も負の相乗効果で福島、新潟、小倉、中京とローカル競馬場がひとつづつ消えていく。オートレースのように南関だけの小じんまりとした地方競馬と、もうスポーツ新聞の日曜の一面を飾らなくなった中央GⅠ。そもそも馬産は畜産とはいえ、他と違って食生活に密接しているわけではない。50年後にそうならないと誰が断言できるだろうか?私は自分の命はせいぜいもってあと20年くらいと思っていて、競馬の終わりを見ることはないでしょうが、競馬の終わりの始まりを今目にしているのかもしれません。

とはいえ、笠松競馬が生き残ろうと足掻くなら、かつての荒尾競馬のときのように、私も一緒になって足掻きたい。

そして笠松競馬が廃止になったときは、私はもう競馬をやめると思います。笠松が廃止されたら、もう応援する地方競馬場はないし、何より私が応援する地方競馬場は潰れるというとんでもないジンクスができてしまう。それにかつてのように灰色の中央競馬に夢中になることもないでしょう。そのときは、このブログも場所を変えて、サンテレビの「おとなの絵本」のノリでエロネタ満載の「夜のカスP—略して『夜カス』」にしてもいいかな、と。まあ…すぐ打ち切りになりそうだけど。